生活習慣をちょっと変えれば癌(ガン)は予防できる!

癌(ガン)を予防するには生活習慣をちょっと変更するだけ!癌(ガン)の主な原因と予防するための生活習慣についてまとめました。

view501

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 癌(ガン)の主な原因

  • 日本では男性のがんのおよそ55%(がん発生については53%、がん死については57%)は予防可能なリスク要因によるものでした。一方、女性では予防可能な要因はがんの30%近く(がん発生とがん死でそれぞれ28%と30%)を占めました。男女総合で見ると、まず喫煙と感染性因子がそれぞれ20%前後を占め、日本ではずば抜けて大きいリスク要因であり、その次に飲酒が続きました。

    第1位のリスクは男性では喫煙がですが、女性では感染性因子になります。これは主として男性の喫煙というリスクの保有率が女性よりも高いためです。男性の喫煙率は近年低下傾向にあるため、喫煙によるがんは今後減少していくことが予想されます。

    肝炎ウイルス感染などの感染性因子のPAFは、欧米では5%前後と推計されていますが、日本では際立って高くなっています。内訳のうち、特に大きな位置を占めるのはC型肝炎ウイルスとピロリ菌ですが、これら因子の保有率は世代が下るに従って低下していますので、感染性因子の影響も今後低下することが予想されます。

    また、食事要因の影響が欧米の推定よりもはるかに小さいことが示されました。これについては、日本人の食事がもともと健康的であることのほかに、この研究では塩分、果物不足、野菜不足に限って推計していることが挙げられます。日本人の食習慣を調査で正確に把握することは難しく、誤分類などによって、本来のリスクが過小評価される可能性があります。食事要因を明らかにしている疫学研究の数も限られます。
    出典 :日本におけるがんの原因 | 現在までの成果 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター
  • 喫煙は百害あって一利なし

  • 例えば食道ガンの2分の1は果物や野菜不足が原因となっており、5分の1はアルコールが原因です。また、胃ガンの5分の1は塩分の取りすぎからくると報告されています。喉頭ガンや口内のガンについては、ほぼ全てがライフスタイルの選択によるとの結果が出たようです。
    出典 :ガンの原因の4割までが生活スタイルによるものだと判明:らばQ
  • と、いうことは、野菜・果物をよく食べる生活習慣に変えれば食道がんのリスクは確実に減るということですね。

  • 日本人のための癌(ガン)予防法

  • 欧米とは食文化が違う日本人だからこそできる癌(ガン)の予防法を紹介しましょう。

  • 喫煙 たばこは吸わない。他人のたばこの煙をできるだけ避ける。
    飲酒 飲むなら、節度のある飲酒をする。
    食事 食事は偏らずバランスよくとる。
    * 塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
    * 野菜や果物不足にならない。
    * 飲食物を熱い状態でとらない。
    身体活動 日常生活を活動的に。
    体形 適正な範囲に。
    感染 肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。
    出典 :日本人のためのがん予防法:[がん情報サービス]
  • 検査を除いてはすべて、生活習慣に気をつけるだけで簡単にできる癌(ガン)の予防法だと思いませんか?
    喫煙を「簡単にはやめられないよ」と思ってる人は、禁煙外来の手を借りるのもいいでしょう。

  • ストレスの軽減

  • ストレスは免疫を著しく下げ、ガン発生の要因となる。笑うと免疫力があがると言われており、プラス思考で楽しく生きる。病気前の私は仕事でいらいらしており、睡眠時間も少なく(平日は3時間程度、休日でも5,6時間)、過度の偏食であった。家族、趣味、ペット、音楽、お笑い番組など、ほっとする事を行う。
    出典 :がん予防について
  • 仕事が忙しいと出かける時間は限られてきますが、テレビなどを見て笑うことなら簡単にできますね。
    趣味に没頭できる時間があるというのも、ストレスの軽減に大きな効果をもたらします。

  • 睡眠も立派な癌(ガン)予防法

  • 睡眠とは、言ってみれば、リラックスの極地です。すなわち、交感神経から副交感神経へとスイッチを入れ替えることで、ゆっくりと休むことができます。

    副交感神経が働いているときには、NK細胞やヘルパーT細胞といった、免疫に関わる細胞が活性化すると考えられています。これらの細胞は、
    こちらにも書きましたが、がんのもととなる「ミスコピーの細胞」を見つけ出し消去していく働きを持ちます。
    出典 :2/2 がん予防の基本は「毎日の睡眠」にあり [癌(がん)] All About
  • 私たちの体は、寝ている間に癌(ガン)の原因を消去する物質を作り出していたんですね。

  • 癌(ガン)予防に効果が期待できる野菜・果物

  • 「野菜・果物不足にならない食生活を」と言われても、どんなものを食べればいいのか見当もつかない人のために紹介しておきます。

  • キャベツ
     にんにくに次ぐがん予防効果があるといわれているキャベツには、イソチオシアネート(強いがん抑制効果)とペルオキシダーゼ (発がん物質を抑制)という酵素やビタミンC、ビタミンUが豊富に含まれています。肺がんや膀胱がんの予防に有効といわれていま す。ビタミンUは胃潰瘍を予防することで有名です。

    ブロッコリー
     ブロッコリーに含まれているスルフォラファンは、イオウ化合物の1種で強力な抗がん作用があります。最近では、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)がスーパーなどに出回っていますが、これにはブロッコリーの20倍ものスルフォラファンが含まれています。他lこも、カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、E、鉄、葉酸なども含まれています。

    カリフラワー
     カリフラウーは100g中に81mgのビタミンCが含まれています。カリフラウーに含まれるビタミンCは加熱によって失われる量が少ないのでビタミンCの補給にはピッタリの野菜です。また、グルコシノレ-トという成分が肝臓の働きを高め、解毒作用を強化します。

    大根
     大根の辛み成分のイソチオシアネートというイオウ化合物は強力な抗酸化物質で、解毒作用を強めてがんを予防したり、血栓をつく りにくくします。大根にはジアスターゼ、オキシダーゼなとの消化酵素が含まれており、ジアスターゼは食べ過ぎによる胸やけや消化不良を予防、改善する働きがあり、オキシダーゼは魚の焦げた部分にできる発がん物質を解毒する働さがあるので、焼き魚を食べる時は一緒に大根おろしを食べるとよいでしょう。
    にんじん
    にんじんはカロテンが豊富に含まれています。カロテンは体内でビタミンAに変化し、免疫力を高めます。強い抗酸化作用で肺がんや胃がんを予防する効果が高いとされています。にんじんの葉にもカロテン、ビタミン、カリウムなどの栄養素が豊富なので、できれば無農薬の葉つきのにんじんをおすすめします。

    パセリ
     パセリにはがん予防のビタミンACE(エース)が豊富に含まれています。パセリの香り成分はアピオールという精油成分で、胃液の分泌を促し、食欲を増進させて消化を助けます。また、鮮やかな緑色のもととなるクロロフィルには、血中のコレステロールの上昇を抑えたり、がんを予防する作用があります。

    にんにく
     にんにくは、アメリカ国立がん研究所作成の「デザイナーフーズ・ ピラミッド」で最上位に位置づけられているほど優秀な野菜です。にんにくの独特のにおいのもとは硫化アリルで、病気や老化を招く活性酸素の害を抑制する強力な抗酸化作用があります。にんにくを切ったりすりおろすとアリシンがビタミンB1と結合してアリチアミンに変化し、クエン酸回路に働きかけてがんを予防します。  
     また、にんにくに含まれるミネラルのセレンは、がん要因の1つとして考えられている過酸化脂質を分解する酵素となります。
    にら
    がん予防効果のあるビタミンACE(エース)が豊富です。血液の凝固を促して止血に作用するビタミンK、造血機能に関係する葉酸などが含まれていて血液のバランスをとります。力ロテンは油と一緒にとると吸収率がアップします。
    トマト
     トマトにはリコピンというカロテノイドの一種が含まれています。リコピンの抗酸化作用は力ロテンの数倍以上といわれています。がん予防のビタミンACE(工-ス)も含まれています。トマトを多くとる地域では、がんの発症が少ないという研究結果は世界中でたくさんの例が報告されています。
    ピーマン
     ピーマンはがん予防効果の高い食品のトップクラスに位置づけられています。ビタミンACE(エ-ス)が豊富に含まれています。緑色のピーマンが一般的ですが、パプリカと呼ばれる赤と黄色のものも出回っています。赤ピーマンのビタミンCは緑色のピーマンの2~3倍あります。また、赤ピーマンの赤い色素はカプサンチンとい うカロテノイドです。βカロテンよりも 強い抗酸化作用があります。
    出典 :がんを予防するために食べたい野菜
  • どれもスーパーや八百屋で一年を通して手に入れることができる食材ですね。

  • アボカド ・アンズ ・イチゴ ・カキ ・オレンジ ・温州ミカン ・カンキツ類 ・キウイ ・スイカ ・西洋ナシ ・バナナ ・パパイア ・ビワ ・ブドウ ・マンゴー ・メロン ・リンゴ など

    赤肉メロンやあんず、マンゴー、スイカ、みかん、柿には抗酸化作用のあるβカロテンが含まれているので、細胞の老化予防に期待できます。

    果物に含まれるポリフェノールも活性酸素の抑制効果があるため、がん予防によいといわれます。ポリフェノールの一種アントシアンはブドウやイチゴに、カテキンはリンゴや桃に含まれていて、レスベラトロールはぶどうに含まれています。

    またバナナの白い筋には抗酸化作用があり、がん予防に効くとされています。

    なお、果物は「口腔・咽頭・喉頭」「食道」「肺」「胃」のがんに対して「リスクを下げる可能性大」と記されています。
    出典 :果物と健康 がん(ガン/癌)
  • 果物は季節ごとに手に入りやすいものとそうでないものがありますが、輸入が主となるアボカドやバナナは、スーパーや八百屋で1年中いつでも手に入れることができます。

  • 買いに行くのが困難・面倒だという人は

  • ネットスーパーなど、自宅まで配達してくれる業者を利用するといいでしょう。

  • 子宮頸がんにはワクチン接種も効果的

  • がん関連まとめ