妊婦さん必見!胎児の奇形・・・ネコ鳴き症候群とは!?

ネコのような高い泣き声で産まれてきてしまう赤ちゃん・・・
実は胎児の奇形でネコ鳴き症候群かもしれません!
一体どんな症状なのでしょうか・・・

view10210

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ネコ鳴き症候群とは!?

  • 出生時に猫のようなかん高い鳴き声があることから、
    猫鳴き症候群(仏:Cri Du Chat Syndrome 英:cat cry Syndrome)
    とも呼ばれる。特有の鳴き声は成長すると消失するが 、
    重度の知的障害がある。生後すぐは丸顔であるが、
    成長すると細顔になる。
    出典 :猫鳴き症候群 - meddic
  • 染色体異常の代表とも言えるダウン症は、常染色体の21番目の
    染色体に異常がある疾患です。
    染色体異常では何番目の染色体に異常があるかによって
    見られる症状が変わりますが、これのうち5番目の染色体に
    異常が生じた場合の染色体異常を5p-症候群、
    あるいは猫鳴き症候群と言います。
    出典 :猫のように甲高い泣き声!猫鳴き症候群とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 猫鳴き症候群とは上記のように5番目の染色体に異常がある染色体異常で、
    5番目の染色体の短腕の末端の一部が欠損しています。
    あるいは5番目の染色体の一部が誤った場所に移動してしまうことによって
    起こることもあります。
    割合としては5000人に1人の割合で生まれます。
    出典 :猫のように甲高い泣き声!猫鳴き症候群とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 妊婦の年齢が高くなるほど、胎児に染色体異常が発生する
    可能性は高くなります。
    男性ではこれが当てはまるとは限りません。
    男性は年齢が高くなっても、染色体異常の子供を
    もうける確率はほんの少し上がるだけです。
    出典 :染色体異常の基礎知識: 染色体異常と遺伝子異常: メルクマニュアル 家庭版
  • 染色体の一部が欠けたとき

  • ネコ鳴き症候群(5p欠失症候群)は、5番染色体が欠ける
    ことによって生じるまれな病気です。
    この症候群の乳児は通常、出生時に低体重で頭が小さいことに加えて、
    丸い顔、小さいあご、広い鼻、広く離れた眼、斜視、頭の低い位置に
    ついている形の異常な耳などの外見上の異常が多くみられ、
    子ネコが鳴いているような甲高い泣き声を上げます。
    しばしば筋肉の緊張が弱く麻痺しているようにみえます。
    甲高い泣き声は出生直後から始まって数週間続き、その後なくなります。
    手や足の指がくっついていたり(合指症/合趾症)、
    心臓の先天異常がよくみられます。精神と体の発達に著しい遅れが生じます。
    ネコ鳴き症候群の小児の多くは成人になるまで生存しますが、かなりの障害を伴っています。
    出典 :染色体異常の基礎知識: 染色体異常と遺伝子異常: メルクマニュアル 家庭版
  •  

    赤ちゃんの顔に症状がわかる特徴が

    でるのですね・・・

  • 症状

  • 猫鳴き症候群という疾患名からわかるように、
    本症を発症していると新生児期の泣き声が子猫のように
    甲高いのが大きな特徴です。他にも以下のような症状が見られます。

    出生時低体重
    小頭症
    両目が離れている
    心奇形・腎奇形
    先天性心疾患
    知能の発達遅滞
    運動機能の発達遅滞
    出典 :猫のように甲高い泣き声!猫鳴き症候群とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    子猫のような鳴き声なのでしょうか・・・

  • 特徴的な猫のような泣き声は咽頭の変化が原因であるとも言われています。
    IQは20~30程と低く、具体的な発達も発語が3歳以降、
    一人歩きが4歳以降になることが多いとされており、健常児と
    比べれば遅めです。しかし、発達には個人差があるので、
    一概には言えません。
    また筋肉の低緊張によって運動機能の発達も遅れます。


    出典 :猫のように甲高い泣き声!猫鳴き症候群とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    発育に影響するのですね・・・

  • ネコ鳴き症候群はまれな病気ですが、5番染色体が欠けています。

    この乳児は通常、出生時に低体重で頭が小さいことに加え、
    丸い顔、小さいあご、広い鼻、広く離れた眼、頭の低い位置に
    ついている耳など、外見上の異常が多くみられます。

    さらに、子ネコが鳴いているような甲高い泣き声を上げます。

    乳児はしばしば片足を引きずるようにみえることもあります。
    甲高い泣き声は出生直後から始まって数週間続き、その後なくなります。

    心臓の異常もよくみられます。

    精神と体の発達は著しく遅れます。これらの異常にもかかわらず、
    ネコ鳴き症候群の子供の多くは成人になるまで生存します。

    出典 :■妊婦さん必見!胎児の奇形を避けろ!!・・・その2|若返りと美しい体づくりを応援するミラクル治療家の日記
     

    このような症状が見られたら、ネコ鳴き症候群を
    疑ったほうが良いのかもしれませんね・・・

  • 関わり方によって発達に差

  • 従来は会話をすることも不可能であるとされていましたが、
    家族の関わり方によって、つまり愛情深く育てられる環境で
    あればとてもよい知的活動を示すことができることが分かっています。
    訓練や教育の方法によっては発達が促進され、10歳を超えると
    十分な意思疎通が図れるくらいの言語能力が獲得できることも多くなります。
    早期療育によってほとんどの子どもが短い言語をつないだ
    会話ならば可能になり、特殊学級で学ぶことができるケースもあります。

    合併症に関して治療を行う必要がありますが、この疾患自体は
    生命予後も良く、適切な環境を整えて子どもの可能性を
    引き出すことが大切です。


    出典 :猫のように甲高い泣き声!猫鳴き症候群とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    命に別状はないのですね!

  • 育児相談 猫なき症候群

  • ・出産後病院の新生児室にいるとき猫のような泣き方をしていました。
    退院したときにはそのような泣き方はなくなりました。
    ・丸顔でアーモンドのような目です。
    四肢は元気に動かしております。
    他になにか特徴があればおしえてください。

    出典 :たまごママネット/猫なき症候群
  • 回答  
    猫なき症候群はおよそ1~3万人にひとりほどの確率で
    出生する重度の知的障害を伴った女児に多い疾患です。
    丸顔で、頭が小さく、アーモンドのような瞼裂で、
    目と目の間が離れています。新生児期に子猫のような泣き声で
    泣くことが特徴で、声紋分析をすると人よりも猫に近いことが知られています。
    この特徴的な泣き声は乳児期後半までに消失しますので、
    新生児期を逃すと診断しづらくなります。筋緊張も低下していることが多く、
    元気に四肢を動かすことは少ないようです。
    以下に特徴を列記します。
    体格は50%の確率で2500g未満の体重で出生し、
    85%が100人並べて、前から3番目より小さくなります。
    50%以上の乳児がなかなか食事をしてくれません。
    全例知能指数が35未満です。
    感染症や窒息により早期に死亡する確率が10%です。
    乳児期は高い猫様の泣声が98%で認められ、年齢とともに正常化します。
    乳児期は体が軟らかいですが、いずれ正常化し、むしろ
    硬くなることがあります。
    年長児では筋肉が大きくなることもあります。
    頭は小さく、額が三角形に飛び出していることがあります。
    首が短く、顔は乳児期に丸顔で、徐々に顎が飛び出すのが目立つように
    なり、年長児になると小さな長い顔になってきます。
    成人では薄い顔とも表現されるようになります。
    85%の乳児期で鼻基部が幅広く、75~85%で目尻が
    下がっています。60~70%に斜視を合併します。
    85~90%で目頭の内側にしわ(内眼角贅皮)があります。
    90~95%で両目が離れています。白内障を合併することもあります。
    85%に耳の形態異常が認められ、歯並びの悪い確率が70~80%です。
    臍ヘルニア(臍が飛び出し押さえたら戻る)や、25~30%で
    そけいヘルニア(陰部の脱腸)がみられます。
    停留睾丸や尿道下裂、指がくっつく合指、短指、
    年長児で扁平足(65~70%)など多くの奇形を認めますが、
    多くは成人まで生存します。 
    出典 :たまごママネット/猫なき症候群
  • 猫泣き症候群についておしえてください。
    気になるうめき声があります。生後2週間後くらいから、
    気になっていたのですが、咽頭付近で「キューンキューン」と
    呻くような声をさせます。現在生後3週間になりますが、
    ひどくなってるように感じます。
    猫泣き症候群の名前だけ知っていて、それではないかと
    不安になりました。
    猫泣き症候群は、どれくらいで発症するものですか?
    特異顔貌は生後すぐでもわかりますか?
    体重の増えや、ミルクの飲み、排便などには問題なさそうで、
    元気に四肢を動かしたりもできます。

    出典 :たまごママネット/猫なき症候群
  • 回答  
    猫なき症候群はおよそ1~3万人にひとりほどの確率で
    出生する重度の知的障害を伴った女児に多い疾患です。
    丸顔で、頭が小さく、アーモンドのような瞼裂で、目と目の間が
    離れています。新生児期に子猫のような泣き声で泣くことが特徴で、
    声紋分析をすると人よりも猫に近いことが知られています。
    この特徴的な泣き声は乳児期後半までに消失しますので、
    新生児期のを逃すと診断しづらくなります。筋緊張も低下
    していることが多く、元気に四肢を動かすことは少ないようです。
    私の患者さんにひとりいらっしゃいました。
    その家族は猫なき症候群の親の会を作り、アメリカの親の会と
    一緒になって世界の会に発展させたようです。
    ところで、咽頭付近の「キューンキューン」と呻くような声は
    息を吸う時に聞こえるのではないでしょうか。
    おそらく、喉頭蓋と呼ばれる部分がまだ軟らかく、吸気時に
    引き込まれていると思います。生後すぐよりも強く息を
    吸えるようになってからの方が音が大きく目立つようになり、
    泣いた時の強い吸気時にさらに目立ちます。
    喉頭蓋がしっかりとしてくる1歳頃までに消失すると思います。
    吸気時のみの異常音は、鼻から声帯までの問題で生じ、
    吸気時と呼気時の異常音は声帯から気管の分岐部までの問題で生じます。
    呼気時の異常音は気管分岐部より奥の気管支の問題で生じます。
    出典 :たまごママネット/猫なき症候群
  •  

    あまり知られていない病気

    なのですね・・・

    赤ちゃんに異常が見られたらすぐに

    病院受診しましょう!