意外としらない「脱臼」のこと

誰でも経験がある脱臼。でも慣れ親しんでいるだけに、きちんとしたことを知らない人も多いのでは?
そんな「脱臼」についてまとめます。

  • PAN 更新日:2014/02/06

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脱臼とは!?

  • 脱臼とは、骨と骨を繋ぐ可動部関節が外れ、異常位置で留まっている状態のことを言います。
    脱臼は、骨と骨を繋ぐ場所ならば何処でも起こり得るえます。
    出典 :脱臼したときは
     

    脱臼の中で、完全に関節が外れたものを完全脱臼(かんぜんだっきゅう)、位置がずれた程度のものなら亜脱臼(あだっきゅう)といいます。

  • 脱臼の症状は?

  • 脱臼の症状には、関節部の痛みや腫脹、関節の変形、関節を軸にその先の部位が正常に動かす事ができないなどがあります。
    出典 :脱臼したときは
     

    亜脱臼の場合は変形が少ないため、ねんざとの鑑別がむずかしくなります。

  • 脱臼により靱帯や血管を損傷することがあるので、自己判断しないで早く医師に診てもらいましょう。脱臼は、患部に「くぼみ」ができます。
    出典 :脱臼した時の応急処置とは? | トラブルCh
  • 応急手当

  • 脱臼(捻挫、骨折、打撲、突指、肉離れなど)の応急処置には「RICE処置」を覚えておくと安心です。
    出典 :脱臼した時の応急処置とは? | トラブルCh
     

    R(Rest / 安静)・I(Ice / 冷却)・C(Compression / 圧迫)・E(Elevation / 上げる)です。
    脱臼を整復しようとしてはいけません。本人が痛がらない状態で押さえたまま病院へ行きましょう。

  • RICE処置

  • 脱臼の治療

  • 脱臼の整復・固定と鎮痛薬や腫脹緩和剤(しゅちょうかんわざい)による薬物治療が主です。程度によっては手術も行なわれます。
    出典 :脱臼 とは - コトバンク
     

    自分で引っぱって整復する人もいますが、専門知識ないのに脱臼治療をするのは、あまりよくありません。
    患部を固定して、専門医・接骨院・整形外科にいって診療してもらいましょう。

  • 脱臼がくせになる!?

  • 肩やあごを脱臼すると、その後日常生活の動作などの小さな力でも脱臼を繰り返すことがあります。これは、痛みがなくなったからといって、自己判断で三角巾を外して運動を始めたりすることによる、不完全な治療が原因で起こります。
    出典 :脱臼(だっきゅう) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    一度脱臼がくせになると、手術以外には治す手だてがありませんから、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

  • 乳幼児の先天性股関節脱臼

  • 乳幼児の股関節の脱臼の場合、痛みはありませんが治療しておかないと関節が変形し、痛みや歩行困難を起こすおそれがあります。
    出典 :脱臼(だっきゅう) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    一般的には生後3ヶ月の健診で診断されますが、おむつ替えのときなどで異変に気付いたときには小児科または整形外科で治療を受けるようにしましょう。