ベビ待ち、妊娠したいあなたへ!お正月はお節を食べよう!

お節料理は縁起を担ぐ食材でいっぱいです。
もちろん子宝もその一つ。
お節料理に含まれる、子宝に恵まれる為の食べ物をご紹介します。

view527

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 数の子

  • 別名、黄色いダイヤ

     

    お節料理と言えば、と聞かれてぱっと思いつく食材のひとつではないでしょうか。
    正に縁起の象徴!

  • 数の子はニシンという魚の卵です。ニシンの卵を天日干しや塩漬けにした状態で販売されています。ニシンの卵は1つ1つは非常に小さな卵ですが、しっかりとくっついて沢山の塊になっています。この様子が、沢山の赤ちゃんに恵まれる子宝を連想させます。
    数の子だけを食べるのは、食感がちょっと苦手と言う人には、数の子を塊ではなく細かく砕いて昆布などと一緒に和えた松前漬けがおすすめです。粘りけがあるので納豆のように、ご飯と一緒に食べることもできます。
    出典 :おせち料理で子宝祈願
  • よく目にする食材ですし、準備もしやすくてお手軽で良いですね。色的にも、お節に入っていると華やかに見えます。
    お節の彩りにもなって、子宝祈願も出来て一石二鳥♩

  • 里芋

  • 子宝ジンクスの一つ!

     

    子孫繁栄の縁起担ぎだけでなく、ネバネバ効果も!?

  • 里芋には周りに子芋(こいも)と呼ばれる小さなイモが連なってくっついています。これが、ママにくっついている赤ちゃんを連想させます。

    里芋を食べて、同じように子宝に恵まれますように・・という気持ちから、里芋が子宝祈願の食卓にあがるようになりました。
    出典 :妊娠とネバネバ効果
  • 妊娠したい人に注目されているのはネバネバを生み出すムチン成分の働きです。
    ムチンは男性のパワーを増やして、滋養強壮に効果があると言われています。そのため「山のうなぎ」と呼ばれることもあります。
    山芋のムチン成分に関しては、中国では男性不妊の漢方薬にも使用されています。そのため、女性はもちろんのこと男性にも食べさせたいと考えられています。
    納豆は、もともと大豆から作られた良質のタンパク源なので妊娠に向けて、健康的な体作りに向いています。
    妊娠を考える時、赤ちゃんのためにも多量の糖分など体にとって不利な成分は不要です。ムチンは必要な成分と効能だけを満たしていると言えます。
    出典 :妊娠とネバネバ効果
  • ネバネバな食材は里芋の他に山芋、納豆等があるので普段は他のネバネバ食材を取り入れるようにしてみるのもいいかもしれませんね♩山芋=精力、なんて話は確かによく聞きます!

  • 海老

  • お節を彩る代表格!

     

    お節料理での海老と言えば長寿の意味が込められているのは有名ですが、子宝にだって縁起があります。

  • 妊娠すると女性の体は、体力を消耗したり虫歯になりやすいと言われています。
    おせち料理の海老は子宝祈願とともに、自分の体を労わった長寿祈願と家族の健康祈願をこめていただいてください。
    海老は高タンパク、低脂肪の食材なので妊娠中も安心です。尾や殻にはカルシウムが豊富です。丸ごと使ってお吸い物のダシにすると香りもよく、薄味でも風味のあるお吸い物ができます。
    出典 :おせち料理で子宝祈願
  • 豪華なお節に伊勢海老、もいいけれど、海老には腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められているそうなので普通の海老でも十分ですね♩栄養たっぷり、彩りも華やかになります。

  • 昆布巻き

  • 名前もおめでたい食材

     

    『よろこんぶ』という語呂合わせで有名な昆布。「子生婦(こんぶ)」「子運夫(こんぶ)」とも書くそうです。

  • 昆布は成長が早くて繁殖力が強いので、子宝や子孫繁栄の象徴として結婚の祝い席にも並ぶ縁起の良い食材です。おせち料理でも、生命力の強い昆布で1年間の子宝・子孫繁栄を願っていただきます。

    妊娠中の栄養源としても、豊富な食物繊維やカルシウム・鉄分が摂取できます。妊娠中は出産に近づくほどに鉄分が不足するので、昆布は出産まで食べたい食品です。他にも昆布のヨウ素は、体の代謝機能を活発化させてくれます。
    出典 :おせち料理で子宝祈願
  • 見た目は地味かもしれません。けれど、昆布の持つ栄養や縁起の由来は、他の華やかな食材に負けず劣らずなんですね。これからは積極的に食べてみようと思います!