眠れない!不眠症対策!!

不眠症対策!
最近不眠症で悩んでいる人が増えてきているようです。
不眠症はどのような時になるのでしょうか?
眠れる対策って?                                                                                        

view279

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症とは?

  •  

    最近若い人の間でも多い不眠症。
    いったい不眠症とはどういうものなのでしょう?

  • 夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

    日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。
    また、男性よりも女性に多いといわれています。
    出典 :不眠症とは|睡眠障害の種類|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • 不眠症の原因は?

  •  

    環境要因
    時差がある場所、枕が変わる、また暑さや騒音、
    明るさなどの影響など

    身体要因
    年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみなど

    心の要因
    悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス
    睡眠に対するこだわりなど

    生活習慣要因
    アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、
    薬の副作用、運動不足など

  • 不眠症の主な原因は、就寝前にリラックス状態を作ることができず、夜布団やベッドの中に入っても何らかの原因で脳が興奮状態のままになってしまい、質の良い深い睡眠をとれないことにあります。

    睡眠は、浅い眠りと深い眠りが90分サイクルで繰り替えされています。
    この質の良い深い睡眠をとるためには、副交感神経優位のリラックス状態に近づいて就寝することや、その状態を睡眠時も維持すること、体内リズムを整えることが大切になります。しかし、何らかの原因で脳が興奮状態にあるということで、寝つきや熟睡を阻害してしまうのです。

    その原因を作り出している要素を改善してあげることで、不眠症を改善することができます。就寝時間中になっても脳を興奮させてしまっている状態の原因には、次のようなものがあります
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 不眠症になりやすい人ってどんな人?

  •  

    同じような生活を送っていても、不眠症になりやすい人とそうではない人(なりにくい人)がいます。今回は、この違いがどこからきているのかについて考えていきたいと思います。

  • 性格の違い

    繊細で生真面目な人ほど、不眠症になりやすい傾向にあるようです。一つの出来事に対して、完璧に対処を終えるまで悩みぬいてしまう人は、ストレスを溜め込みがち。結果として不眠症を招いてしまうようです。
    布団に入っても、その生真面目さ故に「明日の仕事に差し支えるから、早く眠らなくては」と考えてしまう。そうすると当然交感神経が刺激されてしまい、睡眠から遠ざかってしまう。そうしてどんどん不眠症が進行してしまうようです。

    一概にそうとはいえませんが、よく言えば大らか、悪く言えばずぼらな人ほど、不眠症になりにくい傾向にあるようです。また、交感神経は興奮状態のときに強く働き、そう簡単には収まりません。日中、過剰に興奮すると、夜まで交感神経が強く働いたままの場合もあります。よって、日頃から些細なことにも怒りを感じてしまう人も、不眠症になりやすい性質といえるでしょう。
    出典 :不眠症になりやすい人とそうでない人 | 不眠症対策ガイド
  • 肉体労働か頭脳労働か

    肉体的な疲労は、睡眠の質と密接な関係があります。デスクワークで精神的には充分に疲れていても、肉体的な疲労を伴わない場合は睡眠の質が落ちます。運動不足は不眠症、特に熟眠障害を招きがちです。日々肉体労働で身体的な疲労をおぼえている人は、そうでない人に比べて不眠症になるケースが少ないようです。
    デスクワークで疲れて帰宅して、それから身体を動かすのは億劫でしょうが、お風呂上りに軽く体操などをすると、睡眠の質が上がるようです。
    出典 :不眠症になりやすい人とそうでない人 | 不眠症対策ガイド
  • 趣味・嗜好

    カフェインを多く含むものや、スポーツや格闘技の観戦を好む人は、そうでない人に比べて不眠症になりやすいようです。これらは交感神経を刺激することで人を興奮状態にするので、決して深い睡眠に適しているものとはいえません。
    出典 :不眠症になりやすい人とそうでない人 | 不眠症対策ガイド
  • 不眠症の種類

  • 不眠症の4つのタイプ

     

    これらの4つの症状は、どれかひとつではなく2つ以上重複して現れる場合が多く、特にお年寄りの場合は複数の症状を訴える人が多くみられます。

  • 入眠障害
    床に入ってもなかなか寝つけない、眠りにつくのに30分~1時間以上かかり、それを苦痛と感じる状態です。

    中途覚醒
    夜中に何度も目が覚めて、その後、なかなか寝つけない状態です。

    早朝覚醒
    自分の望む起床時刻より早く目覚めてしまう状態です。

    熟眠障害
    睡眠時間は十分なのに、ぐっすり眠った感じが得られない、眠りが浅い状態です。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識
  • いろいろな不眠症対策

  • 寝る前に水を飲む方法

     

    寝る前に飲む水分は大切です。

  • 言うまでもなく、人は睡眠中にコップ約1杯分の汗をかいています。
    これはレム睡眠から深いノンレム睡眠へと入っていくときに、体温を急激に下げるために発汗作用が起きるからです。気化熱によって体表面の熱が奪われると、体表面に集まってきている血液が冷やされます。その冷やされた血液が全身を巡ることによって、深部体温を効果的に下げることができるのです。

    ●寝る前に飲むと、血液がさらさらになる
    ●脂肪燃焼や新陳代謝が活発になる
    ●血栓症を防いでくれる

    出典 :寝る前に飲む水分は大切 | 不眠対策と治療方法
  • つぼによる不眠対策

     

    ①百会(ひゃくえ)  
    両耳の先端の線と顔の中心の線をクロスさせた所
    ②安眠(あんみん) 
    耳の後ろにある下に向かって尖っている骨から
    下に一寸(指1本)
    ③隔兪(かくゆ)
    第七胸椎の下から外側へ一寸五分(指2本)
    ④神門(しんもん)
    耳の上部内側の真ん中
    ⑤足三里(あしさんり)
    膝小僧の外側下に三寸(指4本)
    ⑥三陰交(さんいんこう)
    足の内くるぶし上3寸(指4本)
    ⑦行間(こうかん)
    足の親指を人差し指の間の付け根。
    ⑧失眠(しつみん)
    かかとの裏、後ろから前に一寸の中心
    ⑨神門(しんもん)
    手首のシワの小指側のくぼみ。脈があります。
    ⑩内関(ないかん)
    手首のシワの中央から上へ二寸(指3本手の平側)

  • 不眠症でお悩みの方は本当に多いですね。
    アロマやお休み前のホットミルクもよいとされますが、ツボ刺激も合わせて行いましょう。リラックスした雰囲気で行ってください。
    出典 :不眠症のツボ・寝不足解消のつぼ
  • テーピングによる不眠対策

     

    まず左手の薬指。
    薬指の小指側の先端の爪の角にテーピングの基部を貼ります。指先から見て左回りに螺旋を描くようにぐるりと指を一周巻き、中指側の爪に生え際の角の下あたりまで貼ります。

  •  

    次に右手の薬指。
    薬指の中指側の先端の爪の角にテーピングの基部を貼ります。指先から見て左回りに螺旋を描くようにぐるりと指を一周巻き、小指側の爪の生え際の角の下あたりで貼ります。

  • いずれもテーピングは引っ張らずに、皮膚に置くようにすること。寝る少し前に巻いておけば、布団に入るとスーッと気持ちよく眠りに入れるはずです。朝になったらテーピングを外してください。
    このテーピングを巻いて寝ると、疲れも和らぎ、また、ストレスも軽く、
    さらにはいびき、緊張性の頭痛や肩こりも和らぎます。
    出典 :不眠症 対策 | テーピングの巻き方
  • 不眠症対策

     

    不眠にもタイプがあり、人それぞれ症状が違うもの。
    対策も自分にあった、対策方法で不眠症を改善していきたいですね。