【面白い!】男と女、右と左で全然違う!【脳の仕組み】

考えたり、思ったり、悩んだり、喜んだり、人間はいろんな感情がありますが、それらは全て脳が機能しているからです。普段あまり意識しないと思いますが、改めて脳の仕組みを考えてみましょう。

  • huton 更新日:2014/02/18

view294

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人間=脳?

  • 私たちが生きているのは、脳が働いているからであり、脳は身体の外の環境変化に対応して、それから身体の中の変化に対しても身体にいろいろな指示をしています。それゆえ、脳は「人間の司令塔」とも言われています。
    出典 :Dr.ブレインのよくわかる脳科学 : 脳はどんな仕事をしているの?
  • 私たちの脳の中には、それぞれの個別のこころを呼び起こす三つの脳があり、それぞれが互いに交錯したり、葛藤したりしながら複雑多岐な感情を引き起こしています。
    出典 :脳の仕組みと脳内物質
  • 脳は、私にとって何となく不気味な存在です。脳はことさらに、左脳と右脳に別れています。そして、左脳が論理的に物事を考えるのに対し、右脳は直感的に判断をするらしい。また、未来のことも右脳で扱う。このようなことが、脳自身の判断を困難にしているのではないでしょうか。
    出典 :脳の不思議
     

    左右にわかれているのに、それぞれが物事を考える力があるというのも、考えてみると不思議ですね。

  • 男と女で脳の仕組みが全然違う!

  •  

    男と女は分かり合えないという話をよく聞きますが、それはそもそも脳の作りが違うからなのかも・・?

  • 【男性の特徴】
    1: 男性は理論的で、情報処理や空間能力に長けている。男性が地図や青写真、組み立てマニュアルを見ると、決断力と集中力、視覚化をつかさどる脳の部分が活発に働き、図を早く理解することができるのだ。
    出典 :なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明 | ロケットニュース24
     

    地図が読める男性と地図が読めない女性というのも一時期流行りましたね。

  • 2: 感情や記憶を制する大脳辺縁系が不活発な男性は、人の表情や感情を読み取るのが苦手だ。女性は、目を見ただけでも相手の気持ちを察することができるが、男性にはとても無理な芸当なのである。
    出典 :なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明 | ロケットニュース24
     

    「いちいち言わなきゃわからないわけ!?」と責められてしまう男性は、根本的に脳の作りが違うと諦めるしかないのかも・・?

  • 3: ストレスに反応する扁桃体(へんとうたい)は、脳の左右に位置する。男性はストレスを感じると、怒りに反応しやすい右側の扁桃体が活発になるため、運動をして発散させたり独りになりたがる。反対に女性はストレスと感じると、感情に反応する左の扁桃体が活発になるので、女友達とお喋りに講じるのである。
    出典 :なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明 | ロケットニュース24
     

    「独りにしてくれ」という男性に対して「心配してるのに」と怒ってしまう女性の姿が目に浮かびますね(^_^;)

  • 【女性の特徴】
    1: 女性の脳構造は、感情を読み取ることに長け直感的だ。赤ちゃんの泣き方で、オムツが濡れているのかお腹が空いているのか違いを判断することができる。
    出典 :なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明 | ロケットニュース24
     

    女の直感ですね!

  • 2: 左右への脳神経の結合が強い女性の脳は、複数のことを同時進行させることが得意である。反対に男性の脳は、主にひとつのことにしか集中できない構造になっている。
    出典 :なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明 | ロケットニュース24
     

    女性はマルチタスクに対して、男性はシングルタスク。得意不得意があることをあらかじめ想定しておくのが平和の秘訣かも・・?

  • 3: 女性の脳は男性よりも8パーセント小さいが、高度に網羅した神経組織により、少ないエネルギーで複雑な仕事を能率的にこなすことができるのだ。
    出典 :なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明 | ロケットニュース24
     

    イメージとしては、大柄で大雑把な男性と、小柄で繊細な女性という所でしょうか。

  • 右と左で脳の仕組みが全然違う!

  •  

    頭の中には2つの脳が存在していますが、それらの担う役割は全く異なります。

  • 左脳は「論理的な思考」を行う脳で、人間が特に発達した脳です。
    左脳は、丁度パソコンの CPU のような働きをします。プログラムを利用して、文字や数字を論理的に分析するような働きをするそうです。
    出典 :左脳と右脳のそれぞれの役割
  • 右脳は、一言で言うと「五感を通じた感覚・感性」を取り扱います。右脳の五感の認識パターンは、瞬時に直感的にかつ総合的に、外部情報を認識し判断します。またその処理スピードも、左脳とは比べものにならないほど早いそうです。例えでいうと左脳は、DOS 時代の文字中心のパソコンの CPUスピード。それに対して右脳は、人間がまだ作った事のない超超スーパーコンピュータのスピードだと言われます。
    出典 :左脳と右脳のそれぞれの役割
  • あなたは右脳派?それとも左脳派?

     

    腕を組んでみたとき、どちらの腕が上に来るかで、その人の利き脳、つまり左右のうちよく使っている脳が分かるんです。右腕が上に来る人は左脳の働きがよく、論理的で判断力に優れているタイプ。一方、左腕が上の人は右脳の働きがよく、直感的で創造力に優れているタイプといわれています。