マタニティヨガはどんな効果があるの?

マタニティヨガはどんな効果があるのでしょうか。必要性や、時期等まとめてみました。

  • kei 更新日:2014/01/30

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティヨガとは?

  • 通常のヨガとはどのように違うのでしょうか。

  •  

    妊婦の健康と安産準備のためのヨガ

  • マタニティヨガは、妊婦さんでも無理なく続けることができる、妊娠中にピッタリの有酸素運動です。激しい動きは少なく、体の各所を伸ばしたり、普段使わない筋肉をほぐすことで、妊娠中のこむらがえりや運動不足を解消するサポートをします。

    特に妊娠後期は大きなお腹を支えることで姿勢が悪くなったり、体の一定の部分に負担がかかります。マタニティヨガでは、そのような負担のかかる部分の緊張をほぐすことで、出産に向けて体のバランスを整えていきます。
    出典 :マタニティヨガとは
  • 行う時期

  • マタニティ・ヨガの対象期間は妊娠13週から分娩直前までが一般的といわれてますが、安全面が心配な方は4ヶ月を過ぎた頃を目安に。
    何にしろまずは主治医に相談をしてから始めるのがベスト。
    出典 :マタニティヨガとは - ヨガ&ピラティス教室・スタジオ検索はYOGA ROOM(ヨガルーム)
  • やり方

  • ポーズは無理のないように、妊娠期間に合わせて行うといいそうです。

  • 『マタニティ・ヨガLesson』スタジオ・ヨギー(サンプル動画) - YouTube

  • Lesson -1 マタニティヨガ 妊娠5ヵ月目 with NAO先生 - YouTube

  • マタニティヨガ 39weeks and 5days pregnancy yoga - YouTube

  • 服装は大切なおなかに負担がかからないものを選びましょう!

    また、5本指ソックスやスパッツ等をはき、冷え対策も行ってください。

    マットや床で足が滑らないように気をつけてください!

  • 行う時の注意事項として

    ・大前提に、無理をしない。
    ・疲れたら必ず中断する。
    ・お腹が張る時は控える。
    ・食前食後2時間は避ける。
    ・妊娠初期の体調が悪いときには控える。

    ※不安な時は担当医に相談してから行いましょう!

  • 効果

  • 妊娠中の精神・肉体・呼吸を整え、心と体の安定を目指すマタニティ・ ヨガ。ヨガの呼吸法で出産がスムーズになり、不安解消の効果が得られるので、胎児にも良い影響を与えます。
    呼吸法に合わせて、無理のないアサナ(ポーズ)をゆっくりと行い、出産に必要な筋肉を作ります。
    出典 :マタニティヨガとは - ヨガ&ピラティス教室・スタジオ検索はYOGA ROOM(ヨガルーム)
  • ・妊娠中の運動不足解消。
    ・妊娠中の筋肉疲労や肩こりを和らげる。
    ・妊娠中でもポーズを選べば続けることができる。
    ・自分の妊娠週や体調に合わせて、ポーズや時間を調節できる。

    ・ゆっくり体を動かして無理なく血行促進。
    ・ゆっくりと呼吸することでお産の呼吸の練習ができる。
    ・妊娠時に変化しやすい骨盤を整えて、強化する。

    ・体だけではなく心のリラックス効果が期待できる。
    ・座ったり横になるポーズもあるので、外出しなくてもできる。
    ・産後も続けることができるので、自分のペースで続けることができる。
    出典 :マタニティヨガとは