妊娠したいと思ったら始めること

妊娠したいと思ったら始めることを紹介します。またできるだけ自然に妊娠したい方に妊娠しやすい方法を紹介します。

view638

お気に入り お気に入り11

お気に入りに追加

  •  

    「できれば自然に妊娠したい」というのは、赤ちゃん待ちビギナーの人から治療中の人まで共通にかかえる思いです。そこで妊娠しやすくなるポイントを紹介します。

  • 「妊娠したいと思ったらどんなことから始めればいいの?」という人は、まず基本的な流れを知っておきましょう。自分で出来ることや病院を受診するまえに基本的な知識は持っておきたいものです。自分でケアできることや年齢のこと、生活習慣の心がけなどを覚えておいてください。
    出典 :妊娠したいと思ったら
  • 自分の妊娠力をチェック

  •  

    チェックの数が多ければ多いほど、
    妊娠力が低いということになります。

    避妊しない夫婦生活が続いていれば、多くは半年以内に妊娠し、1年以内に80%が妊娠します。
    1年たっても妊娠しない、年齢が高い月経に関する不安がある、過去の病気や生活習慣の影響など、
    「もしかして?」と思うことがあるなら早めに専門医に相談を
    妊娠したいときに妊娠できる体作りをスタートさせましょう

  • ・月経周期が安定していない(24日以内または39日以上)
    ・月経痛がひどい、経血量が年々ふえてきた(もしくは減った)
    ・授乳中ではないのに乳首をつまむとおっぱいがしみ出る
    ・排卵期におりものがふえないように感じる
    ・月経以外に不正出血がある
    ・肥満度(BMI)数値が25.0以上もしくは18.5未満である
    ・強いストレスがある
    ・おりものがにおう、おりものの状態がおかしい
    ・性病、性感染症にかかったことがある
    ・中絶の経験がある
    ・子宮、卵巣の病気をわずらったことがある
    ・ひどい性交痛がある
    ・冷え性である
    ・アルコールをよく飲む
    ・あなたまたはパートナーがタバコを吸う
    ・35歳以上
    出典 :妊娠したい ブログあなたの妊娠力をチェック
  • 妊娠したいと思ったらまずは基礎体温表をつけましょう

  •  

    女性は、「子どもが欲しいな」、あるいは「ちょっとできづらいな」と思った時、またそれとは反対に、「今は子どもを欲しくない」と思った場合にとる行動の1つが、基礎体温を測るということなのです。

    基礎体温を測ることで妊娠しやすい日(排卵日の予測)ができます。また生理があるのに排卵がない(無排卵月経)などの症状が自分でチェックできます。

  • 基礎体温のチェックポイント

    ・高温期と低温期に分かれているか → 妊娠の可能性をチェックします。

    ・高温期と低温期の差が0.3度以上あるか → 排卵がきちんとされているかをチェックします。

    ・高温期と低温期は何日ぐらい続くか → 女性ホルモンの分泌が乱れていないかをチェックします。
    出典 :基礎体温表の測り方と見方
  • 基礎体温表を付けたら排卵日を予測してみましょう

  •  

    排卵は、この基礎体温がいちばん下がった日、あるいはその翌日によく起こります。統計的には排卵日は、最低基礎体温の前日が5%、最低基礎体温当日が22%、翌日が40%、翌々日には25%の確率です。

  • 排卵日が予測できたら次は性交のタイミング

  •  

    排卵日を予測したらその2日前から基礎体温が上がるまで性交するのがもっとも妊娠しやすい方法です。

    左図は排卵日の2日前に性交したカップルがどの年代も妊娠率が高かったことを示しています。

  • 精子は女性の体内で約72時間生きていますが、卵子が受精できるのは6から24時間なので、妊娠率は予測した排卵日の前日にセックスしたときが最高で、予測排卵日当日の性交による妊娠率はそれより低くなります。
    出典 :タイミング法で妊娠率UP