サプリだけではダメ!コラーゲンの秘密

サプリメントや経口飲料で取り入れられている
コラーゲン
は、コラーゲンだけを取れば良いものではないのです

view328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コラーゲンだけでは駄目な理由

  •   「コラーゲン不足ならサプリをのめばいい、と思うかもしれないが、サプリだけではだめ。アミノ酸バランスの良いたんぱく質も一緒にとることが肌のためには必要」
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
     

    体内に取り込む為に必要という事でしょうか

  •  「たんぱく質が不足すると、新しいコラーゲンの合成や古くなったコラーゲンの分解がうまくいかず、コラーゲンの生まれ変わりに悪影響を及ぼす」
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
     

    新しいコラーゲンを手に入れても、古いコラーゲンを何とかしなければいけないようです

  • サプリメント以外でのコラーゲン

  •  

    コラーゲンというと鶏の皮等の特定の食材にだけ含まれている
    というイメージが強いかもしれません

    豚こま切れ肉、鮭、うなぎなどの身近な肉や魚にも含まれます

    牛筋肉・鳥ヤゲン軟骨・鶏がらスープの素・鳥砂肝
    ハモ(皮)・ウナギのかば焼き・ハモ(肉)・鮭(皮あり)

    などに多く含まれている

  • より効率よくコラーゲンをとるには、調理の後に冷めると身がぷるっと固まる、肉のすじや軟骨のほか「赤身の多い硬い肉、皮が厚い魚には比較的コラーゲンが多い」
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
  •  肌への効果を期待するには、「ヒト試験で論文報告されている1日5~10gを目安にとるといい」(皮膚科医で藤田保健衛生大学医学部の赤松浩彦教授)。小山研究員によると20~50代の日本人女性の食事からのコラーゲン摂取量は1日1.9g。足りない分はサプリで補給するのも手だ。
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
     

    意外と難しいのがコラーゲンの摂取ですが
    毎日の食生活に取り込んでも、なかなか難しいとの事
    現代の食文化ではサプリメントに頼りがちになりそうです

  • コラーゲンの効果を下げるもの

  • 揚げ物などの高脂肪食をとり過ぎると、善玉ホルモンのアディポネクチンが減少して、「コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させる」と大石教授。さらに、糖分のとり過ぎで血中に高血糖の状態が続くと「コラーゲンが糖化という異常たんぱく質に変化してしまう」(大石教授)ことに。佐藤教授も糖化について注意を促す。
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
  • コラーゲン中のアルギニンが糖化されると、そこに
    結合するはずの線維芽細胞が結合できなくなり
    張力が保てず肌のハリがなくなってしまうそうなのです

  • コラーゲンを取る際には

  • コラーゲンをとる際にはコラーゲンの合成に必要なビタミンCも一緒にとろう。「体内でコラーゲンが安定して維持されるために欠かせない」と小山研究員。紫外線によるコラーゲンの損傷の予防にも役立ちそうだ。

    エラスチンを、コラーゲンと一緒にとると美肌効果がアップする。
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
     

    是非美容効果にあやかりたいですよね

  • ゆず(果皮) 150
    レモン(全果) 100
    柿 70
    キウイフルーツ 69
    いちご 62
    パパイヤ 50
    レモン(果汁) 50
    きんかん 49
    かぼす(果汁) 42
    オレンジ 40
    はっさく 40
    ゆず(果汁) 40
    なつみかん 38
    グレープフルーツ 36
    出典 :ビタミンCの多い食品と、食品のビタミンCの含有量一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算
  • コラーゲンだけではだめ、良質のたんぱく質も必要
     コラーゲンには、体内で作れない必須アミノ酸のトリプトファンが含まれず、たんぱく質として再合成されない。肌たるみには有効だが、美肌のためには魚や卵など食事でたんぱく質をとろう。
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
  • イソロイシン・・・250mg
    ロイシン・・・440mg
    リジン・・・340mg
    含硫アミノ酸・・・220mg
    芳香族アミノ酸・・・380mg
    スレオニン・・・250mg
    トリプトファン・・・60mg
    バリン・・・310mg
    出典 :良質のたんぱく質とは? | 栄養のQ&A【OKWave】
     

    必須アミノ酸量

  • 腐や白身魚・鶏ささみのような油が少ないたんぱく質だけでなく、動物性蛋白質はすべて良質蛋白質です。
    では、何が良質でないかというと、穀類や野菜に含まれる蛋白質などで、精白米のアミノ酸スコアが65、食パン44、コーンフレーク18などです。
    出典 :良質のたんぱく質とは? | 栄養のQ&A【OKWave】
     

    タンパク質はコレ

  • コラーゲンの効果は?

  • 爪が丈夫になる
    老化などによって爪の表面がもろくなった状態を改善する。1957年に海外で研究された(爪に問題のある患者82人が1日7gのゼラチンを3カ月摂取)。赤松教授も外来患者で効果を確認。

    髪が太くなる
     髪のハリやコシに影響する毛髪の直径が増す。メカニズムは不明だが、女性を対象にした実験で、コラーゲンペプチドを8週間とると、直径が増加し、自覚症状で髪の「なめらかさ」が改善した。明治らの研究。

    骨が丈夫になる
     骨密度を上げて骨を強くし、関節炎などの痛みを軽減する。骨の内部にある骨芽細胞はコラーゲンなどのたんぱく質を分泌して網目の構造を作り、強度を保っている。軟骨に比較的多いヒアルロン酸も増える。

    傷が治りやすくなる
     傷を治す仕組みは、「線維芽細胞が炎症を起こした傷に集まり、コラーゲンの合成を活発にさせて傷を修復する」(佐藤教授)。コラーゲンをとっていると、線維芽細胞が増え、傷を治りやすくする。手荒れにもいい。
    出典 :髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  :日本経済新聞
  •  

    結局コラーゲンだけでは効果はでず

    ビタミンCや良質のたんぱく質と一緒にとらないと
    いけません

    一緒に配合されているものもあるので
    どうしてもという方はそちらを選ぶと良いでしょう