知っておきたい脂肪燃焼のメカニズム

ダイエットをする人なら誰でも、脂肪が燃焼するように心から願っています。そんな脂肪燃焼のメカニズムについてのまとめです。

view987

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 知っておきたい脂肪燃焼の仕組み

  • 運動などで体温が上昇し、血糖値が下がると脂肪細胞からエネルギーを取り出して血糖値を安定させようとするホルモンであるグルカゴンが分泌されます。
    出典 :脂肪燃焼の仕組みとインシュリン - 痩せる栄養学
  • このグルカゴンから指令を受け、脂肪分解酵素であるリパーゼによって体脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に溶け出して、筋肉に運ばれて運動エネルギーとして消費されます。こうして体脂肪が燃焼されていくのです。
    出典 :脂肪燃焼の仕組みとインシュリン - 痩せる栄養学
  • 有酸素運動で脂肪を燃やす

  • さまざまな有酸素運動

     

    手軽にできるものが多いのも特徴です。

  • 脂肪は、酸素を取り込まなければ燃えません。だから、普段運動していない人が急に有酸素運動を行なっても、息切れするほど無理をしてしまっては、脂肪は燃えないんです。息切れしていては、脂肪を燃やすための十分な酸素を取り込めないですからね。
    出典 :脂肪燃焼はどうすれば起こる?有酸素運動で脂肪が燃えるしくみ | ダイエットSlism
     

    なるほど。たまにハードな運動をしても、体重が変わってない!脂肪は燃えてくれない理由がよくわかります。

  • 1、有酸素運動を始める
    2、エネルギーが必要となる
    3、まずは血液中の糖質をエネルギーとして使う
    4、足りなくなったので肝臓や筋肉に蓄えられている糖質を使う
    5、肝臓や筋肉の糖質も足りなくなって、やっと脂肪を燃やしてエネルギーとする(脂肪燃焼)
    出典 :脂肪燃焼はどうすれば起こる?有酸素運動で脂肪が燃えるしくみ | ダイエットSlism
     

    短時間の運動では脂肪は燃えないといわれますが、20分以上運動して、はじめて脂肪が燃焼し始めるんですね。

  • ババッバ バッバ バーム

  • ダイエッターなら一度は利用したことがある!?

  • バームを飲むと、脂肪燃焼するということで、スポーツジムなどには必ずといっていいほど、バームが置いてありますが、脂肪燃焼の効果は本当にあるのでしょうか?

  • VAAMの経口摂取はエネルギーの消費を炭水化物から脂肪へとシフトさせ、疲労を妨げる可能性があり、結果的に長時間の運動の際にパフォーマンスを延長させる効果があると考えられる、と述べている。
    出典 :Wellness & IT : ヴァームは本当に脂肪燃焼に効果があるのか
  • AAMを飲めば、成分であるBCAAの効果(脳の疲労物質であるセロトニンの生成を抑える)により疲労を妨げる事ができ、通常より長い時間運動することができるので、その点では間接的には脂肪燃焼に影響があるかもしれない(2、3時間以上などの長時間運動をした場合)。
    出典 :Wellness & IT : ヴァームは本当に脂肪燃焼に効果があるのか
  • 結果としては、長時間運動の持続が可能になるので、脂肪燃焼効果が高まる、ということでしょうか。

  • 脂肪が燃焼するまでの時間を短縮する方法

  • 1、カプサイシンを摂取する
    リパーゼを活性化する働きや、リパーゼの活性化に必要なアドレナリンの分泌を促進する働きを持っています。そのため、運動前にカプサイシンを摂取することで、脂肪が分解されやすくなるので、より多くの脂肪を燃焼させることができるんです。
    出典 :脂肪燃焼はどうすれば起こる?有酸素運動で脂肪が燃えるしくみ | ダイエットSlism
     

    必ず運動の前に摂取してください。

  • 2、運動前の準備体操
    ジョギングやウォーキング程度なら…と準備運動をしない人が多いようですが、準備運動はケガや事故を防ぐだけでなく、脂肪燃焼を促進する効果が得られます。軽い準備運動でもアドレナリンは分泌されるので、その分運動を始めてから脂肪が燃焼するまでの時間を短縮できるんです。
    出典 :脂肪燃焼はどうすれば起こる?有酸素運動で脂肪が燃えるしくみ | ダイエットSlism
     

    準備運動で、脂肪燃焼効果が増大します。