地震PTSDの症状と治療

被災した状況が人それぞれ異なるように、PTSDになったきっかけも、その人が置かれた状況によって異なる。その解決法を調べてみました。

view187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 地震の後遺症

  • 大きな地震やそれに伴う火災、津波などは、身体のケガだけでなく、精神疾患を引き起こすきっかけにもなる。その代表的な精神疾患として、PTSDが挙げられる。
    PTSDとは、生死にかかわるほど恐ろしいできごとの体験あるいは目撃が、トラウマと呼ばれる心の傷やストレスとなり、そのできごとが何度も思い出されて、恐怖におびえ続けるようになる病気のこと。常に緊張しているため眠れなくなる、イライラする、突然悲しみに襲われて情緒が不安定になるなどの症状がみられ、特に子どもの場合は成長にも影響を及ぼすと考えられている。
    出典 :地震などの自然災害によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)

     

    『PTSD(心的外傷後ストレス障害)』とは、日常とはかけ離れた強烈なストレスによって、心に深いトラウマ(心的外傷)を負った後に発症する心の病気です。過去の耐え難い苦痛な体験で受けたトラウマの後遺症として、日常生活に支障を来たすような様々な障害が現れてきます。

  • 地震によるPTSD

  • 地震におけるPTSDの主なきっかけ

     

    ●地震が発生したときの体験・目撃強い揺れの体感や、家がきしむ大きな音や爆発音、泣き叫ぶ声を聞いたこと、火災の炎やケガを負った人などのショッキングな光景などが記憶に残り、トラウマとなる。
    ●避難した後の生活避難所では、余震へのおびえや、家族の消息が確認できない不安、集団生活でプライバシーを十分に保てず落ち着かない状況などが、大きなストレスとなる。
    ●被災による心情的な影響家族を助けられなかったことや、自分だけが生き残ったことに対して自分を責める気持ち、家族や生活の基盤を失った喪失感、まわりの人からの同情などが心の傷となる。

  • PTSD症状の主な症状

  • 1)思考の侵入(再体験を頭で思う)
    フラッシュバックや夢の形で繰り返しよみがえることです。また、思い出したときに、気持ちの動揺、動悸、冷汗などの身体的反応も起こります。
    2)回避/麻痺症状
    出来事に関係することを極力回避する、 例えば、関係した場所、関係した人を避けようとすることが起こります。出来事の記憶の一部(全部)が思い出せないことも起こります。また、趣味や日常の活動に興味や関心がわかなくなり、感情が麻痺したようになり、愛情や幸福感などを感じにくくなります。将来のことも否定的になります。
    3)覚醒亢進症状
    リラックスできず、睡眠障害、イライラ、そして、なにごとにも必要以上に警戒してしまうことが起こります。ちょっとした音などにも、驚いてしまいます。
    出典 :PTSD(心的外傷)の症状(診断基準を含む)、そして治療と回復基準
  • PTSDと感じたら

  • PTSDを発症した人が回復するためには、つらい思いを自分だけで抱え込もうとせず、人に話を聞いてもらうことが大切となる。家族や友人など身近な人に話せない場合は、自治体や支援団体などが設けている電話相談窓口の利用が望ましい。避難所などでは、救護班の中にカウンセラーのスタッフがいることもある。
    ほかの精神疾患である不安障害やうつ病を合併している可能性もあるので、精神科や心療内科で専門医に診てもらうのも良いだろう。
    出典 :地震などの自然災害によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • PTSDの治療

  • こころの傷の回復と、つらい症状の軽減の2本柱で考えます。
    こころの傷の回復を助けることと、苦しい症状を軽減することがPTSD治療の基本となります。
    出典 :PTSD|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 心理的・精神的アプローチでこころの傷の回復を

     

    トラウマとなった場面をあえてイメージしたり、これまで避けていた記憶をよびおこすきっかけにあえて身を置くようにする治療法です。
    こうすることで、思い出しても危険はない、怖いことはないということをそれこそ肌身を通じて感じ取っていくのです。
    この治療は、専門の治療者の立ち会いのもとに今の状況が安全であることを患者さんがよく理解したうえで行う必要があります。必ず知識と経験のある治療者のもとで行うようにしましょう。

  • 薬による治療

     

    つらい症状には薬による治療も行います。
    眠れない、不安が強い、うつ状態がある、自殺を考えるなど。
    おもに使われる薬は、SSRIをはじめとする抗うつ薬や抗不安薬、気分安定薬や、そのほかにもいろいろな薬を症状にあわせて使います。
    必ず専門医の診察を受けましょう。