「妊娠中の温泉NG」に科学的根拠はない!?

view241

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に温泉に入ってはいけないと長年言われていたが、実は科学的根拠がないことが判明!?でも、気をつけて!妊婦ならではのリスクもある!

  • 30年以上も「妊娠中は入浴を避けるべき」とされてきた

  •  
  • しかし!「妊娠中に温泉がダメ」ということに科学的根拠がないと話題に。

  •  
  •  
  • しかし問題はそれ以外にもある!?

  • 転倒、貧血、血圧の急変動、のぼせ、出血……のリスクあり

     
     

    妊娠初期では約15%の流産があると言われています。温泉がどうこうという観点ではなく、安定期に入る前の妊婦は、つわり、脳貧血、のぼせ、血圧の変動、皮ふの変化、出血などが起きやすく、平時と違う症状が出やすいため、生活全般に注意が必要です。
    後期では、体のバランスが取りづらく、転倒の恐れがあります
    出典:http://news.ameba.jp/20140203-118/

  •  
  • 感染症の危険も

     
     

    妊娠後期に妊婦がヘルペスに感染すると、赤ちゃんが新生児ヘルペスになることが懸念されます。共同浴場では、座いすやトイレの便座、共有のタオル、脱衣所の衣服置き場などからヘルペスに感染する可能性も考えられます。

    温泉など不特定多数の人が出入りする場所の設備には、肌が直接触れないように気を付けないとなりません
    出典:http://news.ameba.jp/20140203-118/

  • おすすめは足湯!

  •  
  •  
  • 入浴の仕方、利用方法には注意が必要

  • <温泉に入る時の注意点>

  •  
  •