逆さまつげで辛い・・・手術しないと治らないものなの?費用はどれくらい?

逆さまつげだと、まつ毛が目にはいるだけでなく、メイクをしても
すぐに崩れたり、目の中に化粧品が入ったりしてとても痛いです!
一体どんな状態が「逆さまつげ」なのでしょうか!?
手術が必要なのか、もし必要ならどのくらい費用がかかるのかまとめました。

view6261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 逆さまつげとは!?

  • 逆さまつげとは?
    さかさまつげ・逆まつ毛、さかまつ毛、逆さ睫毛など色々な言葉で表現されたりしますが、どれも同じものです。
    上まつげが下向きに生えていたり、下まつげが上向きに生えていて目に入るなど不快な症状を伴います。

  • まつげが下向き

     

    上のまぶたにあるまつげが下向きになると、まつげの一部が目の中に入り込むため痛みや痒みなどの症状を伴います。
    また、問題となるのが眼球が傷つくことがある点です。こうなると目に障害も出やすいため治療が必要となります。

  • 逆さまつげには種類がある!

  • 内反症
    まつげが内側に沿っている状態です。たとえ毛抜きでまつげを抜いたとしても、直ぐにまつげが眼球に当たりやすいため障害が起こります。
    数日ごとにまつげを抜くのは現実的ではないため、手術が選択されることが多いようです。まぶたが内側に入っているため、外側に向ける手術を受ければ症状は楽になります。

  • 睫毛乱生
    まつげがいたる方向に生えているものです。内側のみに生えているまつげを処理すれば痛みなどは軽くなりますが、次第に伸びてくるとまた同じような症状が出るため対処治療ではどうにもならないことがあります。

    その場合は手術が選択されます。レーザーや電気メスなどを利用し、逆さまつげとなっている毛根部分を焼ききると、内側に向いていた毛が外側に生えやすくなります。

  • 逆さまつげの悩み・・・

  • 逆さまつげ

     

    逆さまつげの場合はアイメイクがやりにくいのが問題です。

    ビューラーを使ってあげても下がってきてしまう・・・
    マスカラを使うと化粧品が目に入り、病気の原因に・・・

  • 治療法は!?

  • 逆さまつげが改善できないなら、根本的治療として手術が選択されます。一時的にまつげを抜いても、生えてくる根元が曲がっていることが多いため、対処療法ではあまり有効ではないのです。

    ・毛根をレーザーで焼き角度を変える
    ・二重の整形手術で角度を変化させる

    まつげが生えている根元を変えればその状態が一生続くため、目に問題が起きたり、まつげを抜くケアは不要になります。

  • 埋没法二重

     

    埋没法二重は糸でまぶたを2箇所や3箇所など止める方法で、比較的直ぐに治療することができます。クリニックによっても異なりますが、二重手術のなかでは比較的安価なタイプです。

    1万円~数万円程度。
    デメリットは目を擦ることを繰り返すと、まれに糸が切れてしまうことがあります。メリットはまぶたを切開しないため簡単で腫れも少なく、元に戻すことも可能です。

  • 治療が必要なさかさまつげの場合、保険が適用されることがあります。美容上のために二重手術する場合は利用できませんが、治療方法によっては適用されることもあるのです。

  • 下まぶたを切開する方法

     

    下まぶたの場合は一部を切開し、まつげの方向を変えます。下まつ毛は切る方法が一般的のため、症状が酷いなら医師に相談しましょう。

  • 治療が保険適用となれば1万円程度から。自費となるケースでは10万円前後かかるケースもあるようです。保険が適用されるかはその人の症状や治療方法によっても異なるため一概にいえません。
    二重手術の方法は自費となることもあるため確認しましょう。

  • セルフケア

  • まつげパーマで上向きにして対処する方法があります。逆さまつげが酷くなく、ビューラーでカールさせればそれ程気にならない程度なら、この方法で良くなることがあります。
    まずはまつげパーマで様子を見て改善できればこの方法を選択し、ビューラーで上向きにする方法と兼用してみましょう。