健康に、美容にも!お腹を温める効果はこんなにある。

冬の寒い中、手足の冷えは気をつけているけどお腹は大丈夫?意外にも体の不調や美容に大きな影響を与えているのが「お腹の冷え」なんですって。お腹を温める効果についてご紹介しましょう。

view286

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「私冷え性かも?」と思ったことはありませんか?一度自分のお腹に触ってみましょう。

  •  

    座っている時は暖かく感じるかもしれませんが、運動や歩いた時などに汗をかいた状態でもう一度お腹を触ってみましょう。冷え性の人はお腹が冷たくなっていると思います。お腹は手や足や腰などに続き冷えを訴える方が多い箇所です。運動して汗をかいてもお腹が冷たいのは身体の芯が温まっていないからだと思われます。

    出典:http://www.tetsuka-isao.jp/haramaki.html

  • 便秘は「お腹が冷えてますよ!」のサインかも?

  • 冬場は気温が低下し、その影響を受けて末端の血管は収縮しやすくなり、体は副交感神経とは逆の働きをする交感神経(もう一つの自律神経)の働きが高まってしまいます。結果、腸の働きは抑制されてしまうことに(;;。さらに冬場は水分をあまり摂らなかったり、外出を控えぎみになり運動する機会が減ったり・・。冬場は便秘になりやすい季節なんですね。
    出典 :第70回 おなかを温めて、体の中からきれいに!(2010年12月) | 漢方・ヨガ・アロマの部屋 | はなぶさコラムス | 英ウィメンズクリニック
  • お腹が冷えるとこんなデメリットが!

  • 内臓が冷えてしまうことで十分な血液が届かなくなり、結果、便秘、下痢、免疫力の低下で風邪をひきやすくなるといったトラブルを引き起こしやすくなります。
    また、内臓の働きが低下することで食事を消化する働きも悪くなったり、基礎代謝も下がることで内臓脂肪も溜まりやすく&減らしにくくなるのでダイエット的にも×。
    出典 :冷えを解消!内臓温めダイエット! [定番ダイエット] All About
  • よし、お腹を温めてみよう。

  •  

    温める方法は、湯たんぽやホットジェル、カイロなどありますが、一番お手軽なものは「手のひら」です。これなら思いついたときにいつでも簡単にできますね♪ポイントは、手に力をいれないこと。力を抜いて、脱力したままただ置くだけです。おへそ周辺にじんわりと温かさを感じるまで続けてみましょう。

    出典:http://www.hanabusaclinic.com/column/2010/12/70-201012.php

  • オーソドックスなのは腹巻

     

    「腹巻」もいろいろな種類が出ています。長さもお腹だけではなく胸の下からお尻あたりまですっぽり包み込むタイプの物も出ています。アウターにひびかない薄い素材の「腹巻」も売り出されています。薄い素材の中には遠赤外線やゲルマニウムの効果など機能性腹巻があります。

    出典:http://www.tetsuka-isao.jp/haramaki.html

  • お腹を温めると期待できる効果は?

  • おなかを温めると、当然内臓の血流はアップします。

     

    血流がよくなれば内臓へ充分な酸素と栄養が供給されるので、働きも良くなり丈夫になります^^。もちろん、子宮や卵巣の働きにも関係してきますので、温めることは、便秘を解消するだけではなく、卵を育てる、また赤ちゃんを迎える準備のためにもとても大切だということが言えます。

    出典:http://www.hanabusaclinic.com/column/2010/12/70-201012.php

  • カイロを使ってダイエットもできちゃう?

  • 体温が1℃上がると基礎代謝量は約12%上がるとされています。

     

    カイロでお腹を温め体温を上げることで、従来と同じような生活をしながら自然と痩せやすい体質に近づくことができます。
    カイロでお腹を温めると 内臓の動きがよくなり体温&代謝もアップするので脂肪が取れやすくなり、結果としてダイエット効率がよくなります。さらに、体が温められ余分な水分が排出されることでむくみも解消にも効果的です。

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/397416/3/

  • 「カイロ」の貼り方

     

    カイロはおヘソの下あたり、下腹部に貼りましょう。おヘソの下というのは丹田と呼ばれ、精気が集まり気力を充実させるところだと言われています。ここを温めることで、交感神経を刺激し、基礎代謝が高めることでダイエット効果もアップします。

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/397416/3/

  • 内臓を温めれば、体全体の代謝がアップしダイエット効果が増すだけでなく、血行が良くなることでシミやにきび、目の下のくまなど肌トラブルが解消され、美肌効果も望めます。
    出典 :3/3 冷えを解消!内臓温めダイエット! [定番ダイエット] All About