火傷に「ラップ治療」

知名度の高い「ラップ治療」の、やり方・用意するもの・注意点などをまとめてます。

  • S 更新日:2014/02/20

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ラップ治療

  • ここ数年で話題になっている「ラップ治療」
    乾燥で治そうとするより、よっぽど綺麗に完治できます。

  • 何も貼らないでいるのは良くないです。

     

    乾燥だけだと、むしろ見た目がグロくなってしまい、ブツブツも目立ちます。
    感染する危険性も秘めてますので、自分でできる程度の処置はしましょう。

  • 火傷をすると水ぶくれになります。
    その時に出来る黄色い体液には、皮膚を再生する成分が入っているようです。
    それをラップで傷を密着させることによって、皮膚の再生を早めるという事です。

  • 軽い火傷ならよく冷やして、馬油を塗ってサランラップすれば綺麗に治るけど所詮は民間療法だし、酷いときは病院で処置して頂くのが一番ですよ!
     

    あんまり深い火傷なら、医者に対応してもらいましょう。

  • NHKでも特集されていた!

  • NHKでも放送されたほどの認知度が高い「ラップ治療」
    火傷や傷に施すラップ療法が優れているというのが証明されてるようです。

  • 用意するもの

  • どこの家庭にも一つは必ずあるようなものばかりです。
    簡単で、誰にでもできます。

  • ラップ

     

    食品用のサランラップで十分です。

  • テープ

     

    ラップの周りをとめるために必要です。
    間違っても医療向け以外の物(セロハンテープなど)は使わないように。

  • ハサミ

  • 症状が気になる場合、あった方が良い物

  • あれば便利なのがワセリン。
    軽い火傷なら無くても問題なさそうです。

  • ワセリン

     

    白色のが普通のより良いそうです。

  • やり方

  • ラップ療法を行う際には、傷部分と傷の周辺部分を温水などで洗浄します。
    ラップを傷を覆うように貼付します。
    周囲はテープなどで留めます。
    その後は毎日傷と傷周辺を洗いながらラップを交換していくということです。
    ガーゼを当ててはいけないそうです。

  • 忘れてはいけない事!

  • ・ラップは必ず毎日取り換える
    ・患部を水で洗うのを忘れずに