妊娠中のウナギって良いの?悪いの?どっちなのー?

妊娠中はウナギは良くないっていうけど、それって本当?

ウナギはスタミナのつく食べ物で、体によさそうなのに・・・・


本当のところはどうなんだろう・・

view416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うなぎ

     

    うなぎというと、夏を乗り切るためのスタミナ!というイメージがあります。

    効能効果:がん予防、ボケ予防、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、風邪予防、美肌、骨粗鬆症予防、滋養強壮などにも良いとされ

    高たんぱく・ビタミンA・ビタミンBやカルシウムも含まれています。

  • 【ビタミンAを多く含む食べ物】うなぎ、レバー、海苔などです。
  • まとめ〜ビタミンA - YouTube

  • [鶏]レバー:肝臓部位。うなぎの4倍のビタミンA、ビタミンC、E、B2、グルタチオンなどが含まれており栄養の塊。低カロリーなのもうれしい。きも、レバー、ちぎも。
  • 骨粗鬆症予防、骨の健康を考えよう!コラーゲンを体内で育成するビタミンK2とは?うなぎの骨がいい ...

  • 胎児期のビタミンA不足がぜん息を起こす?:世界の最新健康・栄養ニュース http://t.co/Yp4WO7kmpE 研究者らは、マウスを用いた動物実験によって、出生前のビタミンA欠乏症と、ぜん息の指標である出生後の気道過敏反応性に関連が見られることを『臨床研究雑誌』に報告した。
     

    難しいですね~~~~!!!
    こちらも胎児期のはなし。
    過剰摂取も、不足も悪い!!!妊婦さんは大変です><!!

  • 妊婦さんとウナギ

     

    ウナギが悪いわけではありません。

    ウナギに含まれるビタミンAを過剰摂取してはいけない。

    という事です。

    たまに楽しむウナギは問題ありません。

    また、ビタミンAはウナギだけではなくレバーなどにも含まれますので

    どちらかというと、鉄分補給に食べたくなるレバーの方を気を付けましょう。

  • ビタミンAを多く含む食品食材

    にんじん
    モロヘイヤ
    ホウレン草
    春菊
    西洋かぼちゃ
    鶏レバー
    うなぎ

    欠乏すると夜盲症、皮膚乾燥症
    ただ過剰摂取すると奇形児の発生につながるので、妊婦の方は注意が必要です。
     

    子供の事を考えると食事も気になります。でもなかなか、まんべんなく全部を取ることは難しいですね。。

  • 妊娠中のビタミンA摂取について[編集]

    日本の厚生労働省では妊婦のビタミンA摂取量は、上限許容量が5000 IUとされている。但し、ビタミンAが含まれている食品は意外と多く、トータルで見ると摂取過剰になると予想される。ビタミンAは1日10000 IU以上を連日摂取してしまうと奇形発生が増加すると考えられる報告がある。妊娠12週までにビタミンAを連日15000 IU以上摂取すると、水頭症や口蓋裂等、胎児奇形発生の危険度がビタミンA摂取量5000 IU未満の妊婦に比して、3.5倍高くなると報告されている。一方で欠乏した場合は未分化性の胎児奇形(単眼症など)のリスクが生じる。近代以前の日本では肉食文化が乏しくビタミンA欠乏が頻繁に見られる現象であったとも考えられており[4][5]、ビタミンA過剰が過剰分化性の奇形(先述の口蓋裂等)を誘発することとは対照的な問題である。
    出典 :ビタミンA - Wikipedia
  • 不妊症でお悩みのあなたへ子宝の秘密を大公開!必見です - YouTube

  • 本日4月3日は「葉酸の日」★は葉酸はビタミンB群の一種で、ブロッコリー、グリーンアスパラガスやホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれ、妊婦さんが十分に葉酸を摂取すると生まれてくる胎児に先天障害のリスクを減らすことが出来るそうです★ #栄養☆