入眠効果抜群の魔法のポーズ「シャヴァ・アーサナ」でぐっすり眠りましょう

「なかなか眠れない・・・寝酒が足りないかな・・・もう一杯だけ・・・」
なんて、まるでおじさんみたいなこといってワインなんか飲んでませんか?
そんな不眠症に悩まされているアナタに、とっておきの方法を!

それがヨガのポーズ「シャヴァ・アーサナ」です。
これでアナタもいつの間にか・・・夢の中~zzz

view998

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ■シャヴァ・アーサナとは

  • ヨーガにはあらゆるアーサナ(ポーズ)が存在します。その中でも、特に大切で、無くてはならないポーズであるとされているのがシャヴァ・アーサナです。和名では屍のポーズや無空のポーズ、くつろぎのポーズなどとも言われる通り、身体中の力を完全に抜いて、無の状態になることこそがシャヴァ・アーサナの狙いです。
    出典 :眠れぬ夜に試してみて!入眠効果抜群の魔法のポーズ「シャヴァ・アーサナ」 | Life & Beauty Report(LBR)
     

    無の状態・・・なるほど、これは寝れそう!

  • 無空のポーズ

     

    空のポーズは、ポーズの疲れを癒す休憩のポーズであり、最もリラックスできる瞑想の姿勢でもあります。ポーズの合間に行う際は10呼吸ほど、身体を冷やさない程度に、実習の最後に行う際には5~15分、心が空っぽになるまで行います。


    引用)http://www.yoga.jp/pose/pose_detail.php?id=18

  • ■シャヴァ・アーサナの効能

  • シャヴァ・アーサナには不眠解消の効果が高いだけではなく、疲労や緊張をほぐしたり落ち着きを取り戻させる効能があります。また、眠れなくて焦っている時こそ、シャヴァ・アーサナで落ち着きを取り戻し睡眠に適した心の状態に整えられるから、焦りが取り除かれ意外なほどあっさりと眠れる、とも言えるでしょう。
    出典 :眠れぬ夜に試してみて!入眠効果抜群の魔法のポーズ「シャヴァ・アーサナ」 | Life & Beauty Report(LBR)
     

    焦って、余計なことを考えたりしないでってことですね。

  • 脳を休める。ストレスおよび軽いうつの軽減・体の緊張緩和・頭痛、疲労、不眠症の緩和・血圧の低下を促進。
    出典 :シャヴァーサナ (亡骸のポーズ) | ヨガジャーナル日本版
     

    他にも、色々な効果が。現代社会に生きている全ての人達に必要なポーズな気もしますね。

  • ■シャヴァ・アーサナのポイント

  • まずは仰向けに寝転がり、膝や肘、首を軽く伸ばします。両脚は肩幅と同じくらいに開き、腕は体側から少し離して、手の平を上向きにします。身体が床と並行になるよう伸ばし、頭と脚も各々すっと伸ばします。目を閉じて、深い呼吸を行いながら、身体中の力を抜いていき、何も考えない無の状態にします。

    身体を内側からリセットするような感覚で行うと良いでしょう。身体が少しでもムズムズとしたり、緊張するように感じたら、先にストレッチ等をして身体を動かしてから行うのもおすすめです。呼吸に意識を向けてリラックス出来るようになったら、眠りの扉はそう遠くないところにあるはずです。
    出典 :眠れぬ夜に試してみて!入眠効果抜群の魔法のポーズ「シャヴァ・アーサナ」 | Life & Beauty Report(LBR)
     

    何も・・・考えない・・・な・・・なに・・・も・・・

  • 夜ヨガ ~シャバアーサナ~ - YouTube

     

    どんな感じで眠りに向かっていくのかが、分かります。

  • 仰向けに寝るだけですから、簡単なように思えますが、全身の各部位が緊張していないか自分自身でチェックし、眠りに入る一歩手前のような状態で、意識をしっかりと保ちながらリラックスするという、実はとても難しいポーズなのです。
    出典 :新月の日は、シャヴァ・アーサナでリセットを: Yokohama Jyoti Yoga
     

    意識はしっかり持ってないといけないんですね。

  • 新月の日は、願い事をしたり、新しい計画を立てたりするのに適していると言われていますね。それは、これまでの自分をリセットするチャンスでもあります。願い事を書いたり、新しい計画を立てたりする前に、ヨガのアーサナをひとつ試してみてください。
    出典 :新月の日は、シャヴァ・アーサナでリセットを: Yokohama Jyoti Yoga
     

    「ムーンパワー」との“コラボ”ですね。

  • 「屍のポーズ」ともいう

  • シャバアーサナ(=ムルタアーサナ)は日本語では「死骸のポーズ」と呼んでいる。シャバ(=ムルタ)が死骸を意味し、読んで字のごとく死体を真似る ポーズだ。ではなぜ死体を真似るか?それは、命が尽きると体は動かなくなり、その究極の静の状態を
    体感するためだ。
    出典 :シャバアーサナの重要性 ヨガ。(まる) ~YOGA MARU~/ウェブリブログ
     

    それは・・・深いです。ちょっとだけですが、難しさが分かる気も。

  • ポーズの進め方

     


    STEP1
    シャヴァーサナでは、体をニュートラルな位置に置くことが重要だ。両膝を曲げたまま座り、足は床の上に、前腕にもたれて体を後ろへ傾ける。骨盤をやや床から持ち上げて、骨盤の後ろ側を尾骨のほうへ押してから再び床へ下ろす。息を吸いながら、ゆっくりと右脚を伸ばし、続いて左脚もかかとまで伸ばす。両脚を緩めて鼠蹊部を柔らかく、両脚が体の中心線から同じ角度になっているか確認し、両足を均等に外側に向ける。骨盤の前側を狭めて腰を柔らかくする(床にぴったりつけないように)。

    引用)http://yogajo.jp/pose/detail/88.html

  • STEP2
    両手で頭蓋骨の根元を首の後ろから遠ざけるように持ち上げて、首の後ろ側を尾骨のほうへ下げる。これが難しい場合は、折りたたんだブランケットの上に後頭部と首をのせて支える。頭蓋骨の根元を広げ、首の折れ目を頭の中心に対して垂直に持ち上げる。両耳が肩から均等な距離になっているか確認する。
    出典 :シャヴァーサナ (亡骸のポーズ) | ヨガジャーナル日本版
  • STEP3
    両腕をまっすぐ天井へ伸ばす。少し左右に体を揺らして、肋骨後ろ側と肩甲骨を背骨から離すように広げる。そうしてから両腕を床に戻して、体の中心線から均等になるように置く。両腕を外側に向けて肩甲骨の間から引き離すように伸ばす。両手の甲は、心地よい範囲内で可能な限り人さし指の関節まで床の上に休ませる。肩甲骨が均等に床の上についているか確認する。肩甲骨の下角が胸骨最上部まで斜めに持ち上がっているとイメージする。ここから鎖骨を広げる。
    出典 :シャヴァーサナ (亡骸のポーズ) | ヨガジャーナル日本版
  • STEP4
    シャヴァーサナでは身体的に静かになるのに加え、感覚器官をも静めることが必要だ。舌の根元、小鼻、内耳道、額の皮膚、特に眉間の鼻梁付近を柔らかくする。目は後頭部に沈ませて、心臓を見るように。脳を後頭部の方へ緩める。
    出典 :シャヴァーサナ (亡骸のポーズ) | ヨガジャーナル日本版
  • STEP5
    このポーズは、30分の練習に対して5分ステイする。リリースするには、まず吐く息でやさしく片側(右が好ましい)に寝返りを打つ。2〜3呼吸して、次の吐く息で両手で手で床を押して胴体を起こし、頭がその後に続くように。頭は常にいちばん最後に起こすようにする。
    出典 :シャヴァーサナ (亡骸のポーズ) | ヨガジャーナル日本版
     

    どうですか?姿勢のキープの難しさが分かりますね。

  •  



    ゆったりとした呼吸を行いながら全身の力を抜き、身体を大地に沈み込ませるようなイメージで呼吸をぼんやりと感じておく。同時に全身が広がるような感覚を味わっておく。


    引用)http://www.yoga.jp/pose/pose_detail.php?id=18

  • ヨガのポーズですから、そのまま寝てしまうことが目的ではないのですね。
    でも、寝てしまったとしても、それはリラックスできて不眠が解消されたことになるので、
    それはそれでとても良いことだと、あるヨガの先生も仰っています。

    是非、今夜から参考に。