胃腸炎に感染したら?~その治療法と予防法・対処法~

冬になると、必ずといっていい程、流行する胃腸炎
驚くほどの感染力があるそうです。
胃腸炎に感染してしまった時の治療法やその予防法・対処法などをまとめました。

view644

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃腸炎って?

  • 1 感染性胃腸炎とは

     感染性胃腸炎とは、主にウイルスなどの微生物を原因とする胃腸炎の総称です。
     原因となるウイルスには、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「サポウイルス」、「アデノウイルス」などがあり、主な症状は腹痛・下痢、おう吐、発熱です。「ロタウイルス」、「アデノウイルス」による胃腸炎は、乳幼児に多く見られます。
     これらの胃腸炎は、症状のある期間が比較的短く、特別な治療法がないことから、ウイルス検査を行わず、流行状況や症状から「感染性胃腸炎」と診断されることもあります。
    ノロウイルス・ロタウイルスによる感染性胃腸炎

     1〜2日間の潜伏期間を経て、典型的には、嘔気・おう吐、下痢・腹痛、37℃台の発熱がみられます(症状の程度には個人差があります)。ノロウイルスを原因とする場合、症状が続く期間は1〜2日と短期間ですが、ロタウイルスを原因とする場合は5〜6日持続することもあります。また、ロタウイルスによる感染性胃腸炎の場合、便が白色になることもあります。
    出典 :東京都感染症情報センター » 感染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に) Infectious gastroenteritis
     

    1種類だけでなく、何種類ものウイルスが存在するのですねぇ…
    特別な治療法が無いというのもビックリです!

  • 腹痛に下痢 嘔吐 発熱 症状は様々…

     

    嘔吐と下痢が一緒にきてしまったら、本当に辛いですね…

  • 感染経路は??

  • 原因と感染経路

    ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスが、人の手などを介して、口に入ったときに感染する可能性があります。(経口感染)
    ノロウィルスの感染経路
     ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、ヒトからヒトへの感染と、汚染した食品を介しておこる食中毒に分けられ、次のような感染経路があります。
    感染した人の便やおう吐物に触れた手指を介してノロウイルスが口に入った場合
    便やおう吐物が乾燥して、細かな塵と舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを体内に取り込んだ場合
    感染した人が十分に手を洗わず調理した食品を食べた場合
    ノロウイルスを内臓に取り込んだカキやシジミなどの二枚貝を、生または不十分な加熱処理で食べた場合
    出典 :東京都感染症情報センター » 感染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に) Infectious gastroenteritis
  • ~胃腸炎の治療法とは~

  • 脱水に気を付ける事が大切です!!

     

    症状として多いのが下痢・嘔吐
    下痢と嘔吐を繰り返していると、脱水が一番心配です。
    水分は必ずこまめにとりましょう!

  • 感染性胃腸炎の治療

     ウイルスを原因とする感染性胃腸炎への特別な治療法はなく、つらい症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。乳幼児や高齢者では下痢等による脱水症状を生じることがありますので早めに医療機関を受診することが大切です。特に高齢者は、誤嚥(おう吐物が気管に入る)により肺炎を起こすことがあるため、体調の変化に注意しましょう。嘔吐の症状がおさまったら少しずつ水分を補給し、安静に努め、回復期には消化しやすい食事をとるよう心がけましょう。
    出典 :東京都感染症情報センター » 感染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に) Infectious gastroenteritis
  • 予防のポイントは?

  • 予防のポイント

    最も大切なのは手を洗うことです。特に排便後、また調理や食事の前には石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
    便やおう吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手を洗いましょう※
    *おう吐物処理の具体的な方法は こちら(家庭向けパンフレット)をご覧ください
    カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心温度85℃1分以上の加熱が必要です)
    (※)ノロウイルスは、100個以下の少ない量でも感染が成立する、感染力の強いウイルスです。症状のある人の便やおう吐物には、大量のノロウイルス(便1g中に1億個以上、おう吐物1g中に100万個以上)が含まれているので、扱う場合には十分な注意が必要です
    出典 :東京都感染症情報センター » 感染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に) Infectious gastroenteritis
  • 家族が胃腸炎になったら!その対処法とは?

  •  使い捨てのエプロン、手袋、マスクを使うのが望ましく、嘔吐物、便は新聞紙に消毒液を浸してかぶせ、包み込むようにしてビニール袋に入れて捨てる。

     乾燥した嘔吐物が舞い上がって感染したと考えられるケースもあり、窓を開けて換気をすることも大事だ。患者が嘔吐後にうがいをした場所の消毒も忘れてはならない。

     塩素系漂白剤は、インフルエンザウイルスも消毒できるので、患者の飛まつや触れた場所を拭くことで、感染を防ぐ効果を期待できる。感染症が流行する時期には消毒液に薄めて常備しておくと便利だ。同課は「まな板など、本来の用途である食器の漂白をするだけでも感染を防ぐ場合もある」という。

     また、ノロウイルスは85度、1分間以上の熱消毒でも死滅する。スチームアイロンを2分以上当てると表面が85度になる。カーペットなど漂白剤で変色する可能性がある場所などで有効だ。
    出典 :医療QQ - 感染性胃腸炎、インフルエンザどう対処 塩素系漂白剤で消毒液準備 - 医療記事 - 熊本日日新聞社
     

    使い捨ての手袋やマスク、塩素系漂白剤など常備しておくと良さそうですね!

  • 消毒液の作り方って?

     

    作り方を紹介します!

  • 【嘔吐に直接使用する場合の消毒液の作り方】

    【用意するもの】

     ■ 500mmのペットボトル(よく洗ってから使用します)
     ■ 家庭用塩素系漂白剤
     ■ じょうご(金属製は不可)
     ■ ゴム、ビニール手袋は必ず使用して下さい。

    【消毒液の作り方】

     ■ 嘔吐に直接処理する場合は、塩素系漂白剤を50倍に水でうすめて使用します。
       (次亜塩素酸ナトリウム濃度 約1000ppm)

    塩素系漂白剤を50倍に薄めて使う

    ①500ccのペットボトルに、少し水を入れ、じょうごなどでこぼさないように塩素系漂白剤を約10㏄入れます。10㏄の目安は、塩素系漂白剤のキャップ約半分ぐらい。
    (メーカーにより多少異なりますがキャップの容量は約22~25㏄です)
    ペットボトルのキャップなら約2杯(1杯5㏄)
    1000ccのペットボトルで消毒液を作る場合は、塩素系漂白剤のキャップ8分目~1杯入れます。ペットボトルのキャップなら約4杯(一杯5cc)
    ②そして、水をいっぱいになるように入れます
    ペットボトルのふたをキッチリ閉め、よく振って完成です。

    何故か都道府県によって使用用途と次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の濃度が異なります。
    厚生労働省のHPや東京都などのHPを見ると嘔吐に直接使用する場合は塩素系漂白剤を50倍(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約1000ppm)に水でうすめて使用しますとあり、大阪府の学校から配布された対策方法を記載したプリントでは、10倍(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約5000ppm)に薄めて使用とありました。塩素系漂白剤の濃度が濃いほど殺菌力が強いのは分かりますが、今回は厚生労働省の50倍希釈(1000ppm)で処理をしました。(08年4月19日現在)

     ppm(パーツ・パー・ミリオン)は、100万分のいくらであるかという割合を示す単位です。
     主に濃度を表す時に使用されています。(例)1000ppmは、0.1%と同じです



    【トイレの便座などに使用する場合&洗濯での消毒液の作り方】

    【用意するもの】

     ■ 500mmのペットボトル(よく洗ってから使用します)
     ■ フィンガースプレー(100円ショップなどで販売しています)
     ■ 家庭用塩素系漂白剤
     ■ じょうご(金属製は不可)
     ■ ゴム、ビニール手袋は必ず使用して下さい。

    【消毒液の作り方】

     ■ トイレの便座などの消毒には、塩素系漂白剤を250倍に水でうすめて使用します。
       (次亜塩素酸ナトリウム濃度 約200ppm)

    塩素系漂白剤を250倍に薄めて使う
    ①500ccのペットボトルに、少し水を入れ、じょうごなどでこぼさないように塩素系漂白剤を約2㏄入れます。2㏄の目安は、小さじ1/2くらいです。
    ペットボトルのキャップなら約半分以下(1杯5㏄)
    ②そして、水をいっぱいになるように入れます。
    ペットボトルのふたをキッチリ閉め、よく振って完成です。トイレの便座や床などの消毒に使用しますので、スプレーの容器に入れておくと便利です。

    塩素系漂白剤を水で250倍にうすめた消毒液は、トイレなどの便座などを消毒する場合や洗濯時に使用します。塩素系漂白剤の濃度が濃いほど効果的ですが、濃度が濃いほど金属がさびたり、衣類の地色などが脱色をおこしなすくなります。床や取っ手などに使用した場合は、消毒後に水で洗い流すか布などでふき取るようにしてください。
    出典 :消毒液の作り方/ノロウイルス奮戦記
     

    作る時は、刺激が強いので手袋をし、換気をしながら作りましょう!

  • 胃腸炎の時の食事は?

  • 下痢や嘔吐は1~2日で治まってくるのですが、急に普通どおりの食事は控えましょう。
    消化によいものを、少しずつ、1日5~6回に分けて食べると胃腸への負担がグっと軽減します。
    ただ、あまり神経質になって栄養が低いものばかりでもよくありませんから、煮る、蒸す、焼くといった調理法で、材料を柔らかくして食べると良いです。

    油を使った物や、熱いもの、冷たいものはせっかく良くなりかけた胃腸に負担をかけますので控えた方が良いでしょう。
    急性胃腸炎は、ほとんどの場合下痢や嘔吐は1~2日、その後の症状も5日ほどで治まります。ただ、良くなったから、我慢の食事を続けたからといって、急にラーメンなんかをガンガン体にいれてしまったり、酒を飲んだりすると何にもなりません。
    出典 :急性胃腸炎 原因と症状 食事への注意 | ネタ蔵ドットコムneo
  •  

    吐き気がおさまってきたら、胃に優しい消化の良いものを
    少量づつ、食べましょう!