出来るだけ手間は減らしたい!【離乳食を作る時の小ワザ】

覚えておきたい小ワザを
まとめてみました
チャレンジしてみてくださいね

view390

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あると便利な基本の道具

  • こし器

     

    初期には特に大活躍。なめらかで食べやすい離乳食ができます。

  •  

    すばやく繊維が断ち切れます。

  •  

    100円均一などで薬味用に売っている小さなサイズのものも便利。

  •  

    小さいお鍋がひとつあると、少量を加熱するのに便利。

  • これは使える おたすけグッズ



  • フタつき製氷皿 / チャックつき冷凍保存用小袋

    冷凍できるおかずや、おかゆは多めに作って冷凍保存すると毎回の調理の手間が省けます。フタつきの製氷皿ならいろいろな食材を小分けで冷凍してそのまま保存できます。




    みそこし / 茶こし

    小さなざるとして使ったり、ミニこし器として使ったりできます。




    おかゆ調理器

    炊飯器の中で大人のごはんを炊きながら離乳食用のおかゆができます。




    シリコン型マット

    ボウルやお皿がすべりません。調理のときはもちろん、食事のときに使えば、お皿をひっくり返しにくくなります

    出典 :使える!小ワザ|離乳食|ベネッセ子育てインフォ
  • おすすめテクニック



  • 1. 冷凍して保存する

    多めに作って、チャックつき冷凍保存用小袋に入れたら、割り箸などですじをつけて冷凍庫へ。使うときはすじで折れば一回分が簡単に取り出せます。製氷皿なら、小分けにする手間が省けます。キューブ状に固まったら保存用の小袋に入れて保存すれば製氷皿を使い回せます。
    ※1週間で使い切れる分量を目安に作りましょう。




    2. 大人用と一緒に加熱する

    みそこしに離乳食用の食材を入れて、みそ汁用の実を煮ているお鍋などに入れて一緒に加熱。アルミホイルに離乳食用の食材を包んで、フライパンで焼き物をしているときの空きスペースで一緒に加熱。
    ※プライパンでの加熱はこげない火加減で。




    3. 冷凍・乾燥したまますりおろす

    パン、ゆでたブロッコリーやほうれん草は冷凍保存してすりおろすと、すりつぶす手間が省けます。お麩や高野豆腐は乾燥したまますりおろして調理。




    4. 水出しの“だし”を常備

    昆布を軽く拭いて、ハサミなどで細かく切り目を入れ、ビンに入れて水を注いだら一晩冷蔵庫に入れておくだけで手軽に“だし”が作れます。
    出典 :使える!小ワザ|離乳食|ベネッセ子育てインフォ
  •  

    5. 茶こしをミニざる&ミニこし器に

    茶こしにかつおぶしを入れてカップにのせ、かつおぶしが浸るまでお湯を入れておいておくと少量のだし汁も簡単。しらすや桜えびの塩抜き、ツナの油抜き、くたくたに煮た少量の野菜をこすときにも使えます。

  • 作るときのポイント

  • 1:味付けについて
    味付けは薄く。
    赤ちゃんはとても味には敏感です。できるだけ食品そのものの味に慣らしていくことが必要です。


    2:食品選びについて
     無添加で国産のものを。
     からだが小さい赤ちゃんだからこそ、食品選びには心を配りたいところです。無添加のものが手に入らない場合は買うときに表示をよく見て、添加物の少ないものを選ぶようにしましょう。
     生鮮食品などは、旬ものや産地がはっきりと分かるものを・・・。


    3:新鮮な素材を使う
     細菌に対してまだ抵抗力の弱い赤ちゃんには、鮮度のよいものを与えましょう。魚やお肉などはその日に買ったものを!
     調理器具も殺菌消毒をして清潔に。


    4:食材の大きさ・かたさ
     ドロドロのペースト状から形のあるものへ。
     歯のないときから食べ物を口にします。赤ちゃんは、おっぱいを吸って飲み込むことしか知りません。
     離乳食を食べながら、舌、歯ぐき、あごを使って食べ物をかむことを練習していくのです。大きさやかたさは、その時期やその子の成長に合わせていくといいと思います!

    出典 :作るときのポイント (だれでも作れる 簡単離乳食)
  • 大切な事は

  • 手作りを基本に

     

     ママの心をこめた手作りの離乳食を赤ちゃんへ。
     手作りの離乳食のおいしさは、ベビーフードからは得られません。なるべく素材から赤ちゃんに合ったものを作ることが一番です。でも作る時間がない時や外出のときなどは、ベビーフードを利用するのもいいと思います。

  • 役立ててくださいね