熱中症の症状

本当に怖い熱中症。熱中症の症状の基礎知識をまとめてみました。

view303

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 熱中症って?

  • 熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。熱射病ねっしゃびょうや日射病にっしゃびょうと呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。

     医学的にいう熱射病は、視床下部ししょうかぶの体温を正常に保とうとする機能が低下して、汗がとまってしまい、体温が40℃を超えて、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。

    出典 :熱中症| 外傷 - Yahoo!ヘルスケア
  • 現場仕事など常時、太陽にさらされる人は注意と予防が必要です。

  • 熱中症の原因

  • 運動や作業をすると私たちのからだの中で熱が生まれます。ただし、人間のからだには体温調節機能が備わっているため、体温が上がり過ぎたときには、自律神経の働きによって末梢の血管が拡張し、皮膚に多くの血液が流れ込むことで熱をからだの外に放出します。同時に、体温が上がったら汗をかき、その汗が蒸発するときにからだの表面から熱を奪うことで、上がった体温を下げようと働きます。
    ところが、あまりに暑い環境に長くいると、体温調節機能が乱れて体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇します。また、急激に大量の汗をかくと、体内の水分と塩分が失われ、体液のバランスが崩れてしまいます。それが筋肉や血流、神経などからだのさまざまな部分に影響をおよぼすと、けいれんやめまい、失神、頭痛、吐き気といった熱中症の症状があらわれるのです。
    出典 :熱中症の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 運動習慣がない人や、高齢者、乳幼児は特に注意が必要です。

  • 熱中症の症状が現れたら

  • 熱中症になるとどのような症状が現れるのでしょうか。日本救急医学会(熱中症に関する委員会)では、熱中症の症状を、重症度によってI度からIII度までの三つに区分することを推奨しています。熱中症は急速に症状が進行し、重症化しますので、軽症の段階で早めに異常に気づき、応急処置をすることが重要です。

    出典 :熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう:政府広報オンライン
  • 症状で分類することで、軽度なのか重度なのか知識の中に持っておきましょう。

  • 症状(大量の発汗、めまいや立ちくらみ、筋肉痛が生じるⅠ度)

  • 大量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします。症状としては大量の発汗、立ちくらみに加え、顔面蒼白や呼吸回数の増加、唇のしびれ、筋肉痛やこむら返りなどがみられます。この段階は、現場での応急処置で対応できる軽症です。
    出典 :熱中症 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • この症状は甲子園の高校野球でも最近見られるものです。軽度ですが甘く見てはいけません。すぐに水分補給などの対処をしましょう。

  • 症状(頭痛、吐き気や嘔吐などを起こすⅡ度)

  • この段階では、ズキンズキンとする激しい頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、体に力が入らないといった自覚症状があらわれてきます。こうした症状がみられる場合には、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。
    出典 :熱中症 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • この自覚症状がでればかなり危険な状態ですので、すぐに病院で治療を受けましょう。

  • 症状(意識障害、けいれん、手足の運動障害が発生するⅢ度)

  • この段階では、急激な体温上昇によって、ときには41℃を超えることもあります。呼びかけや刺激への反応がおかしい、意識がないといった意識障害や、体にガクガクとひきつけやけいれんを起こす、真っ直ぐに歩けないといった運動障害がみられます。救命のために緊急入院して集中治療を行う必要があります。
    出典 :熱中症 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • この症状の人を見かけたら、すぐに救急車を呼びましょう。

  • 熱中症が疑われる人を見かけたときは

  • すぐに風通しのいい日陰やクーラーなどが効いている室内など涼しい場所へ移す
    衣服をゆるめたり、体に水をかけたり、またぬれタオルをあてて扇いだりするなどして、体から熱を放散させ冷やす
    冷たい水を与え、たくさん汗をかいた場合は、冷たい水やスポーツドリンクや塩あめなどにより、塩分を補給する
    自分の力で水分の摂取ができない様子や、意識障害が見られる場合は、症状が重くなっているため、すぐに病院に搬送する

    出典 :熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう:政府広報オンライン
  • 以上、熱中症の症状を中心にまとめてみました。日頃の体調管理をしっかりし、暑さを乗り越えましょう。