不眠にまつわるエトセトラ

不眠はつらいですよね。不眠にまつわる色々な情報を集めてみました。

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症はひとつではなく、いくつかの種類に分類されます。具体的には「夜なかなか寝付けない入眠障害」「睡眠時間は足りていても、よく寝たという感じを得られない塾眠障害」「寝ている間に何度も目が覚める中途覚醒」「起床時間より早く目が覚めてしまう早期覚醒」の4つです。
    出典 :不眠症の種類
     

    不眠にはいろいろな種類があるんですね。

  • かくれ不眠に気を付けて

     

    かくれ不眠とは、睡眠を軽視して睡眠時間を必要以上に削っている人や、医療機関で不眠症の治療を受けるほどではないものの、睡眠に悩みや不満があり、日常生活に悪影響が出ている状態のこと。かくれ不眠を放っておくと、仕事やプライベートでのミスや事故が増えたり、本当の不眠症になってしまう危険性があるので、注意が必要です。

  • カモミールの花に含まれる精油には、神経を鎮めリラックス作用があるので、安眠に導き、疲労を回復する効果が知られています。
    出典 :安眠にカモミールミルクティー [食と健康] All About
     

    不眠気味な時に試してみたいですね。

  • 無茶な励まし方に、「少しぐらい眠らなくても、死にはしない」というのがあります。一晩の徹夜なら、それだけで死んでしまうことはないでしょう。しかし、不眠が続いて最後には死んでしまう、という恐ろしい病気もあります。それが「致死性家族性不眠症」です。

    出典 :眠れずに死んでしまう病気・致死性家族性不眠症とは [不眠・睡眠障害] All About
     

    こんな病気があるなんて怖いですね。

  • 日本人の約7割が睡眠に問題を抱えていて、体内時計の乱れにつながるライフスタイルが「現代型不眠」をもたらしている可能性がある——。
    出典 :「睡眠に問題を抱えている」日本人は約7割!? [Health News] All About
     

    こんなに、睡眠に問題を抱えている人がいるなんて、驚きの結果ですね。

  • ■「ストレス・イライラで眠れない……」
    仕事でのストレスや人間関係でのトラブルでイライラするときには、アロマ・バスやアロマ・マッサージで心のデトックスをしましょう。そんな時には、リラックス効果の高い精油がおススメです。

    ■「何だか眠りが浅くって……」
    高ぶった気持ちを静めたり、心を幸福感で満たしてくれる香りをかいで、ぐっすりと眠りましょう。芳香浴のほかに、ぬるめのアロマ・バスに入ったり、みぞおちの周りをアロマ・マッサージするとさらに効果的です。そのときには、鎮静効果がある精油を使うと良いでしょう。

    ■「朝が辛くて、1日がブルー……」
    ストレスが溜まってくると、朝、起きるのが辛くなります。目覚めがスッキリしないと更にストレスにが高まって、悪循環に陥ってしまいます。刺激系のアロマで頭をスッキリさせて、今日も一日、頑張りましょう!

    出典 :3種類のアロマテラピーで快眠生活! [睡眠] All About
     

    アロマで不眠の解消ができるとよいですね。

  • ヒトの不眠最長記録は11日間

     

    人間が長時間眠らないと、どうなるのでしょうか? 死ぬまで眠らせない実験はできませんが、睡眠専門医師が立ち会った最長記録は、アメリカの高校生が達成した11日間、正確には264時間です。この不眠マラソンの間、特に深夜から早朝には、分析や判断、記憶、知覚、運動の面で大きく能力が低下してしまいました。

  • 不眠を何とかしようと焦ってますます眠れなくなる「精神生理性不眠症」や、本当は十分に眠っているのによく眠れないと思い込む「睡眠状態誤認」には、認知行動療法の1つである 睡眠制限療法 が有効です。

    出典 :「睡眠日誌」で良質な短時間睡眠を実現! [睡眠] All About
     

    不眠に悩んでいる方は、専門病院で試してみて。

  • 一般的には、妊娠初期はやたらと眠くなり、中期には一時安定し、後期に入ると頻尿で起きてしまったり、おなかが大きくなるのでうまく寝る体勢が取れずに、不眠になるというパターンが多いようです。また、つわりで夜中に起きてしまい、不眠になる事もありますよね。

    出典 :眠れない夜が続く人の食事・栄養対策 [療養食・食事療法] All About
     

    妊婦さんは気を付けてください。

  • 不眠は体重増加を招くという研究も報告されています。これは、睡眠不足により、食欲をコントロールするホルモンの働きに影響をあたえるためだといわれています。
    出典 :眠れない夜が続く人の食事・栄養対策 [療養食・食事療法] All About
     

    不眠で太っちゃうなんて、最悪ですね。

  • 世界の中では特に日本で、寝酒が好まれています。2002年に行われた欧米やアジアの10か国を比較した調査によると、日本人は不眠のために医療機関を受診する割合が極端に少なく、そのかわり、不眠を解消するためにアルコールを摂取する割合がダントツに高く、3割を占めました。
    出典 :この時期必見! 睡眠の質を落とさないお酒の楽しみ方 [飲酒・アルコール] All About
     

    確かに、寝酒してる人って周りに多いかも。

  • 不眠症の患者さんの多くは、睡眠に関連する行動に問題があります。眠くなっていないのに早い時刻から寝床についたり、朝目覚めているのに布団からなかなか出てこなかったり……。実は、眠れないのに長い時間、寝床の中で過ごすこと自体が、不眠症を悪化させてしまうのです。

    出典 :不眠症治療に使われる「睡眠スケジュール法」 [不眠・睡眠障害] All About
     

    不眠になったら、無理に寝ようとしないで、まずはお医者さんへ。

  • 『なんとなく生理の前に眠い』『妊娠の最初の頃はやけに眠かったのよね~』なんて経験、おありの方いらっしゃるのではないではしょうか。じつはこれ、気のせいではないのです。これは女性ホルモンの影響によるものといわれています
    出典 :女性特有の不眠ってなに? [不眠・睡眠障害] All About
     

    女性特有の不眠もあるみたいです。

  • 最近、問題になってきたのが、従来とは違うタイプの不眠。生活スタイルの変化などにより、昼間の倦怠感や持続的な疲労を訴える人が増えています。
    最初は夜更かしによる寝不足かもしれませんが、習慣化すると、眠りをつかさどるホルモン「メラトニン」の分泌低下を伴う、「現代型不眠」と呼ばれる状態に陥っているかもしれません。
    出典 :不眠、眠り、体内時計…24時間型の生活を送る私たちを悩ませる「現代型不眠」とは?
     

    現代型不眠が増えてきてるみたいです。

  • 精神的な病気の初期症状として不眠が現われたり、逆に、長期間にわたり不眠が続くと精神に障害を起こすことがあります。
    出典 :不眠を起こす怖い病気 前編:心の病 [不眠・睡眠障害] All About
     

    早めの対策が必要ですね。