「カロリー制限は痩せにくい体質になるの??」ダイエット成功のカギを握る代謝率@まとめ

生命維持に欠かせない基礎代謝量。しかしカロリー制限によって基礎代謝量を下回ったカロリーしか摂取しないと、逆に痩せにくい体質になってしまう可能性もあるとか。適正なカロリーを摂取して、上手にダイエットするには?代謝を上げることたがカギになりそうです。

  • lips 更新日:2013/08/30

view817

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 基礎代謝量とは

  • 基礎代謝(きそたいしゃ)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされている。
    出典 :基礎代謝 - Wikipedia
  • 【基礎代謝量】
    女性
    12歳~14歳・・・1340Kcal/day
    15歳~17歳・・・1300Kcal/day
    18歳~29歳・・・1210Kcal/day
    30歳~49歳・・・1170Kcal/day
    50歳~69歳・・・1110Kcal/day
    ※上記のように女性は12歳~14歳がピークとなっています。



    男性
    12歳~14歳・・・1480Kcal/day
    15歳~17歳・・・1610Kcal/day
    18歳~29歳・・・1550Kcal/day
    30歳~49歳・・・1500Kcal/day
    50歳~69歳・・・1350Kcal/day
    ※上記のように男性は15歳~17歳がピークになっています。
    出典 :基礎代謝量とは
  • 基礎代謝量の計算には、ハリス・ベネディクト方程式が使われます。

  • 基礎代謝量計算式(ハリス・ベネディクト方程式)
    一日の基礎代謝量(kcal)
    男女によって計算式が異なります。



    ◎女性の場合の計算式
    女性:665+ 9.6×体重(kg)+1.7×身長[cm]-7.0×年齢



    ◎男性の場合の計算式
    男性: 66+13.7×体重(kg)+5.0×身長[cm]-6.8×年齢
    出典 :基礎代謝量計算式(ハリス・ベネディクト方程式)
  • 摂取カロリーを減らせば痩せるのか?

  • 基礎代謝量は、生きていく上で欠かせないカロリーだということはわかりました。
    私たちは、最低限この基礎代謝量はカロリーを摂取する必要があるということです。
    では、痩せるためにカロリー制限をして、基礎代謝量を下回った場合はどうでしょう。

  • 下記のサイトでは、1日に必要なカロリーを自動計算してくれるプログラムがあります。
    どのくらいのカロリーを摂取する必要があるか、計算してみてください。

  • 1日に消費されるであろうカロリーが算出されました。
    これ以上のカロリーを摂取した場合は、運動などによりカロリーを消費しないと
    太ってしまう・・・ということです。

  • では、1日の摂取カロリーが基礎代謝量を下回った場合はどうでしょう。

  • なぜ基礎代謝分のカロリーを摂取しなければ痩せにくい身体になるのかというと、人が環境に適応して生きるための能力である、ホメオスタシス(恒常性維持機能)が関係しております。
    この場合のホメオスタシスを簡単に説明すると、摂取カロリーを減らすために食事を極端に減らすと、人間の体は少ない摂取カロリーでも正常に身体を機能させるために、カロリー消費を抑えるようになります。

    そのため基礎代謝量が減り、本来消費される1日のカロリーが少なくなり、結果的に痩せにくい身体なってしまうのです。
    出典 :基礎代謝量と1日に必要なカロリー | 計算 | ダイエットツール | ダイエットSlism
  • 基礎代謝アップの1日

  • <朝>

    しっかりと朝食をとります。

    朝食をとることで体温が上がり、体温を維持するために基礎代謝がアップします。

  • <通勤>

    ひと駅手前で降りて、歩きましょう。
    だらだらと歩くのではなく、背筋を伸ばし、少し早足であるくと
    効果的です。

  • 休日には・・・

     

    少し長めの距離を歩きましょう。
    食後より空腹時の方が、脂肪の燃焼が早まります。

  • <会社>

    仕事の合間にストレッチ。
    筋力をが上がれば代謝も上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。

  • <お茶の時間>

    生姜入りの紅茶がおすすめ。
    生姜と紅茶はともに体を温める効果があるので、体温を高め代謝を上げます。

  • <自宅>

    リラックスタイムに耳ツボマッサージ。
    食欲抑制効果もあるそうです。

  • 耳のツボが分からなくても・・・

     

    3か所くらいを、外側に広げるようにゆっくりと引っ張ります。

  • <睡眠>

    しっかり7時間は寝ましょう。
    寝ている間に、代謝ホルモンのバランスが整います。