子供を産むのに必要な費用、戻ってくる費用

都道府県により助成金の額が違うの一概には言えませんが、プラスマイナス両面から子供を産む費用についてまとめてみました。

view1197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産前

  • 妊娠してから赤ちゃんが生まれるまで動くお金がさまざまです。「出産前検診」「出産」「産後」そして「いただける助成金」別にまとめてみましょう。

  • 妊娠したかなと思ったら、産婦人科に行き、検査をして妊娠の確認します。
    その後はたいてい同じ病院で、きちんと心拍が確認できるまでの期間にもう1回、その後23週までは4週間に1回、35週までは2週間に1回、36週(臨月)以降は1週間に1度、合計で15回前後定期健診を行います。
    定期健診代は、1回につき3,000円から1万円、トータルで7~10万円になります。
    出典 :出産前の定期健診・検査代 | 出産費用ガイド
     

    定期検診ですね。

  • 定期健診の他にも、母体や胎児に関する検査を行います。
    妊婦健康検査に関しては最低1回分の無料券をもらえますが、病院の方針により、それ以外の任意の検査を勧められることがあります。
    検査費は、5,000円から3万円以上かかるものまであります。
    出典 :出産前の定期健診・検査代 | 出産費用ガイド
     

    定期検診意外にかかる母体や胎児の検査代。

  • これに対して、公費で負担してくれるお金もあります。

  • 定期健診に関しては、平成21年10月から平成23年3月までの間、緊急の少子化対策として、全国的に14回分の健診代を公費で負担することになりました。(それまでは公費負担は5回分)
    東京23区など、自治体によっては自主的にすでに始まっています。
    出典 :出産前の定期健診・検査代 | 出産費用ガイド
     

    自治体によって差が少しずつありますね。

  • なお、これは「14回分タダになる」という意味ではなく、
    「14回分(=11万3000円相当)を目安に負担します」と国が自治体に訴えているもの。
    自治体によってはそれだけのお金がないところもあり、実際にどれくら負担して貰えるかは問い合わせる必要があるようです。

  • また、妊婦や胎児の体調や、個人的な希望により、公費負担の対象外の検査など行い、予算をオーバーした分は自己負担になるそうです。
    同様に良く聞くつわりなど、出産前の入院費用も自己負担となりますね。

  • 出産

  • 出産費用全体の中で一番費用がかかり、かつバラつきが大きいのが出産・入院の費用だそうで、厚生労働省研究班の調査によると、全国の医療機関における分娩・入院費の総額の平均は42万4千円。

  • 産院別のおおよその費用は以下のとおりです。

    大学病院:35万円前後
    総合病院:35~40万円
    個人病院:40~100万円
    助産院:30~35万円
    自宅出産:30~35万円(基本的に助産院と同じ。入院がない分安い。)
    出典 :分娩・入院費 | 出産費用ガイド
     

    芸能人がよく利用する個人病院とか、高そうですね。

  • これに対する費用はまた、健康保険から「出産育児一時金」という形で補助されます。

  • 以前だと、この費用は一旦すべて自分で払い、後から自分が加入している健康保険組合に出産育児一時金を申請するという仕組みになっていました。ですから、たいていの人は事前におおよその費用を把握し、事前にお金を用意しておく必要がありました。

    しかし平成21年10月からは、病院が出産育児一時金を直接保険組合から受け取る仕組みに変わります。
    しかも、出産育児一時金の金額が38万円から42万円にアップします。

    そうなると、オーバーした分だけ自分で用意すればいいだけとなり、以前よりも費用準備の負担がぐっと減ります。
    出典 :費用の準備について | 出産費用ガイド
     

    直接病院と国がやりとりしてくれるのでしたらありがたいですね。

  • その他にも予定外にかかる費用があります

  • 帝王切開は入院日数が自然分娩の約2倍ですなので、費用は50万円から75万円くらい。
    妊婦が合併症などを患う場合、50万円から85万円くらい。
    切迫早産は、その入院費として1日に付きだいたい1万円位。1ヵ月の入院だと出産費用に加えて月20万から30万の入院費用が必要となります。
    無痛分娩は自然分娩に多少上乗せされるかたちとなり、その上乗せ額は約1万円から約20万円と、医療機関によって開きがあるそうです。

  • 出産後

  • 乳幼児検診

     

    産後、赤ちゃんやママに問題がなければあとは定期検診だけとなりますが、それいがいに何かあるのかな?

  • お母さんが働いていると、少し計算が違う場合もあるようです。

  • 会社によっても出産祝金制度がある
    大手企業によっては、出産を奨励祝福して祝金を支給する制度によって支給する会社もあります。
    ソフトバンク、第5子以降は出産祝い金500万円
    出典 :出産祝金
     

    会社によってちがいますが、ソフトバンクのそれはまた随分太っ腹な・・いっそ5人がんばりましょうか。

  • 助成金

  • 市町村別助成金

     

    思ったより貰えると考えるか、意外と少ないと考えるか。
    あなたはどちら?

  • 「東京都の江戸川区が全国的に有名ですね。たとえば“乳児養育手当”として0歳児のいる家庭に月1万3000円を支給しているほか、私立幼稚園への入園料を8万円、保育料も月に2万6000円を限度に助成しています。ほかにも東京23区はユニークかつ手厚い助成制度が多いですよ」
    出典 :子育ての助けとなる助成金とは | web R25
     

    都道府県、市区町村によっても違いますね。ご自身の地域を調べてみましょう。

  • 島根県海士町は出生率を大きく上げたことで有名だそうです。
    2008年度日本経済新聞社主催の『にっけい子育て支援大賞』を受賞たそうで。たとえば、出産祝い金は1人目で10万円、2人目で20万円、3人目で50万円、4人目でなんと100万円が支給されます。また妊娠や出産、子どもの通院などにかかる交通費を助成してくれたり、3人目以降の保育料が無料になる助成もあるといいます。
    引っ越すのもありかも