秋の肌トラブルを予防しよう!

季節が変わるとお肌の調子が悪くなること、ありますよね。
本格的な秋を迎え、お肌のトラブルを予防する秘策を
まとめてみました。

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 秋になって突然のお肌の不調。原因は夏バテ?!

  • 肌は季節を後追いする

     

    夏の間に溜まった疲れや紫外線の影響により、この秋の肌状態は、明るさでいうと一年で最も暗くなりがちで、お肌の3悪と言われる「乾燥」「紫外線」「活性酸素」の3つが揃っていて、お肌にとっては過酷な季節でもあるのです。

    出典:http://www.natural-mori.co.jp/contents_biyo_09.html

  • 夏に受けた肌ダメージが蓄積されている

  • 秋の肌は夏に浴びた紫外線によるシミやソバカスやくすみ、汗や皮脂などによる肌へのダメージが蓄積されたままの状態なのです。 さらに、秋は冬に向けて気温が下がってきます。気温が低下するとともに、湿度も低下し、空気も乾燥し、肌も乾燥してきます。
    出典 :なでしこライフ【ベリタス販売株式会社】
  • 秋の紫外線にも注意を!

  • 意外と知られていないのが「秋の紫外線」。夏場を乗り越えたので、一安心してる方も多いでしょうが秋も紫外線に注意が必要です!
    夏場に比べると秋は紫外線の量は減少してきます。しかし、紫外線の強さを左右するオゾン層の濃度は、秋に最も薄くなり、私たちに降り注ぐ紫外線は強くなっているのです。
    出典 :なでしこライフ【ベリタス販売株式会社】
  • 夏のダメージからの回復と、乾燥する冬の準備で肌は大忙し!

  • 秋は、夏の肌トラブルの回復と乾燥する冬に向けて保湿。さらに紫外線対策と、肌にとっては大忙しの時期なのです。
    出典 :なでしこライフ【ベリタス販売株式会社】
  • 秋のお手入れが美肌を決める

     

    秋のお手入れ次第で、今後の美肌力にも影響を与えると言っても過言ではありません。
    http://www.tokyo-beauty.jp/contents/column/concierge/10/

  • 1.基本は保湿!!

  • 年中、乾燥と戦っていますが、やっぱり老化の一番の原因は水分不足。
    秋もしっかりと水分補給を外から与えて、潤いのある、ツヤツヤ・ツルツルの素肌を手に入れましょう。
    特に目元はキメが細かく、老化が早い箇所です。シワシワだったり、クマができたりだとアイメイクだって映えません。
    ローションパック&軽いリンパマッサージでイキイキとした目元に!
    出典 :10月のテーマ:秋こそエイジングケア〜秋のお手入れが美肌を決める〜 | エステティシャン塚田真由子のSkin Concierge|東京ビューティー
  • 2.ターンオーバーの促進

  • 夏に受けた紫外線で、お肌の角質は守ろうと厚くなっています。そのままの状態で放っておくと、シミ・クスミや毛穴が開く原因につながります。角質ケアをすることによって、メラニン排泄を促し、見た目の透明感がアップするのと同時に化粧品の浸透も良くなります。お肌の新陳代謝を促進させるためにも、角質除去やマッサージ・パックがオススメですよ!
    出典 :10月のテーマ:秋こそエイジングケア〜秋のお手入れが美肌を決める〜 | エステティシャン塚田真由子のSkin Concierge|東京ビューティー
  • 3.栄養導入

  • しっかりとお肌の表面をキレイにして、保湿で潤った後は、お肌が冬眠する前に栄養貯蔵をしておきましょう!
    整ったお肌には、肌細胞ひとつひとつに栄養がちゃんと入っていきます。バリア効果とアンチエイジング効果のあるアイテムで、角質層(お肌の表面)の機能を回復させることと、今の良いお肌の状態を維持させながら、老化させないお肌を作りましょう♪
    出典 :10月のテーマ:秋こそエイジングケア〜秋のお手入れが美肌を決める〜 | エステティシャン塚田真由子のSkin Concierge|東京ビューティー
  • クレンジングのしすぎは禁物です

  • 乾燥肌を誘発する原因の一つとして挙げられるのが 「過度なクレンジング」

     

    出典:http://sp.lalu.jp/article/show/aid/1240.html

  • 皮脂=余分なものだと勘違いされている方もいるかもしれませんが、肌には常に必要最低限の皮脂が必要です。
    なぜならば、乾燥から肌を守ってくれるのが、皮脂だからです。紫外線にさらされて肌にとって過酷な夏は、一年の間で最も皮脂が分泌されやすい時期。秋の肌は季節に合わせたコンディションに整えるため、皮脂の分泌を抑えようとしています。
    そのとき、皮脂をすべて取り去られてしまうとどうでしょう。秋の肌は夏を乗り切ってバテバテ。肌のバランスが一気に崩れ、肌が乾燥してしまいます。
    出典 :意外!?秋の乾燥肌は●●のし過ぎが原因だった! | ラルーン
  • 化粧品を保湿力の高いものに変えるのも一つの方法です。

  • 秋の乾燥対策として最も有効なのが、化粧品を変えること。日差しが和らいできたら、クレンジングをマイルドなタイプに切り替えてください。もったいないからといって、夏の残りを使用しているとトラブル肌を招く元になります。合わせて、ウォータープルーフコスメなどの、汗や皮脂に強いタイプは控えましょう。
    出典 :意外!?秋の乾燥肌は●●のし過ぎが原因だった! | ラルーン