妊婦さんは要注意!「妊娠高血圧症候群」

「妊娠高血圧症候群」!妊婦さんは気をつけて下さい!
いったいどんな症状がでるのでしょうか!?

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠高血圧症候群

  • 妊娠高血圧症候群とは

     

    妊婦さんにとってはとっても怖い病気になります
    タンパク尿や
    むくみが出たりする事も・・・

  • 妊娠高血圧症候群とは妊娠中毒症とも呼ばれ、妊娠による高血圧、または高血圧に伴うタンパク尿やむくみがみられる状態のことをいいます。
    妊娠高血圧症候群は妊婦の約1割にみられ、妊婦死亡の原因の上位に位置しますので、妊婦にとっては最も怖い病気です
    出典 :妊娠高血圧症候群(症状/検査/治療)
     

    1割と言っていますが、以外に体験談は多かったです

  • 妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧が見られる場合。又は高血圧にタンパク尿を伴う場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
  • かかりやすい人

  • 糖尿病、高血圧、腎臓病の人
    極端な体型の人
    ハードな仕事やストレス、睡眠不足がある人
    35才以上の高年初産と15才以下の若年出産
    多胎妊娠の人、初産婦、過去に妊娠中毒症だった人
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
  • 原因

  • 原因については、はっきりとわかっていません。妊娠にうまく対応できない人がなることが多いと考えられ、妊娠によって起こる中毒症状と言われています。妊娠初期の胎盤が作られる時期に、母体が順応できずそれが後期になってから症状となって現れると考えられています。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
  • 症状

  • 妊娠高血圧症候群は、妊婦の死亡率が高く、流早産や低出産体重児の出生率が高いです。
    妊婦の症状としては体重増加、むくみ、高血圧による頭痛、目がチカチカする、などがあります。高血圧が悪化すると、妊婦の脳出血が起きやすくなります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(症状/検査/治療)
  • 症状

     

    母子ともに危険な状態になる
    症状が沢山あります
    ここでしっかりとチェックして
    知識をつけておきましょうね

  • 妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんに沢山の血を送る為に妊娠してない時に比べて血流量が1.3~1.5倍になるのですが、妊娠高血圧症候群の場合は血管が拡張せずに高血圧になり、いろいろな症状に発展して母子ともに危険な状態に陥ることがあります。又、尿にタンパクが現れる事もあります。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
  • 赤ちゃんによる影響は、低出生体重児や、悪化すると常位胎盤早期剥離を起こして早産や胎児死亡を引き起こしたり、新生児仮死や死産などがあります。母体への影響は母体の子癇(けいれん)や高血圧脳症などがあり、母子ともに生命をもおびやかす事があります。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
     

    赤ちゃんにまで影響が出てしまうのですね

  • 予防法

  • 現在は予防のできない症候群とされていて、40歳以上の高齢妊娠や肥満体型、ストレスを抱えている方やもともと高血圧だた人などが発症しやすい傾向にあると言われています。しかし、必ずしも生活習慣などが原因ではないので、予防するのは難しいとされています。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
  • 治療法

  • 基本的には薬物療法は行いません。
    治療には食事療法が基本で減塩、低カロリー、高タンパクの食事を主体にします。そして安静にして過ごします。食事は塩分を控えてタンパク質や栄養をバランスよく摂取することが大切です。
    出典 :妊娠高血圧症候群(症状/検査/治療)
     

    薬物療法を急きょ行う場合もありますので、一応知っておいてくださいね

  • ほとんどの場合は食事や生活面での改善指導ですが、症状が強い場合は薬物療法を選択する事があります。妊娠を続ける事が良くないと判断される事もあります。その場合は妊娠を終わらせる事でママの症状が回復に向かいます。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
     

    こんな事になったらなかなか立ち直る事が出来ません
    しっかりと最初から生活面や食事面に気をつけておくべきだと言えるでしょう