これって大丈夫?「妊娠中の性器クラミジア感染症」の不安を解消しよう

とても心配なのが、妊娠中の性器クラミジア感染症ですよね。問題ないのでしょうか

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 何故気になるのか

  • 女性の場合、自覚症状があまりない病気なので、感染を知らずに妊娠することがあります。治療しないまま経腟分娩をすると、赤ちゃんに感染する心配が。感染した赤ちゃんは、肺炎などを起こしてときに重症になることがあります。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
     

    これこそが怖いのです

  • 原因は

  • クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという細菌が粘膜に感染しておこる病気です。人から人へ感染するのでパートナー同士で感染している可能性が高い病気です。つまり、治療も一緒にしないと感染し合うことの繰り返し(ピンポン感染)になり兼ねません。
    出典 :妊娠中のクラミジア感染症
     

    片方治してもずっと感染し続けるのです

  • 妊娠中は

     

    性病等にかかると胎児への影響を考えますよね。実際クラミジアは近年、若い世代に患者が増えている感染症です。クラミジアの初期症状や妊娠前も妊娠中もトラブルをおこすきっかけになることを忘れないでおきましょう

  • クラミジア検査を受けよう

  • クラミジア検査には、抗原と抗体を調べる検査があるが、赤ちゃんに感染するかどうかには子宮頸管の抗原を調べ、クラミジアが感染しているかどうかを調べる。もし、陽性(感染)の場合には出産までに治療を完了しないといけないので、検査は妊娠30週頃までに行う。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
     

    必ず妊娠30週頃までに行ってくださいね

  • 経膣分娩のときに赤ちゃんに産道で感染する可能性があるので、分娩時までに抗生剤を飲んで、きちんと治療を完了するためです。治療期間は通常2~3週間。検査結果は数日でわかりますが、治療に急を要する病気ではないので、普通は次回の妊婦健診で薬が処方されます。出産予定日から逆算して、妊娠30週頃までには検査を済ませたいわけです
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
  • 怖いのは

  • 性器クラミジア感染症は、男性では尿道炎、女性では子宮頸管炎として起こります。潜伏期間は1~3週間です。 男性では、尿道に軽い炎症を起こし、排尿時にわずかに尿がしみたりしますが、感染しても5割は症状が出ないといわれています。 女性では、約8割が無症状といわれています。
    出典 :女性に深刻な後遺症を残す性器クラミジア感染症 | 産・婦人科 | +Wellness プラスウェルネス
     

    このあたりも考慮して受けておきたいですね

  • 妊娠中の早期治療は

  • 妊娠中にクラミジア感染を早期治療するのは、生まれてくる赤ちゃんのためでもあるのです。特に強く伝えたいのは、出産時だけではなく妊娠初期のクラミジア感染です。クラミジアに感染することで陣痛が誘発されやすくなって、妊娠初期流産をひき起こす可能性があります。
    出典 :妊娠中のクラミジア感染症
  • 体験談は

  • 薬を服用し、1ヵ月後の検診で完治を言い渡されました。その後、無事に普通分娩で女児を出産し、いまも元気に育っていますよ。いまの医療は進歩していますし、私の知り合いもトリコモナス?とかいう感染症で妊娠中に切除手術しましたが、そのときも無事に普通分娩で何事もなく出産できています。
    出典 :妊娠中にクラミジアなどの感染症に感染している場合、普通に出産することは可能な... - Yahoo!知恵袋
  • クラミジアに感染している方はいますよ。ちゃんと薬を服用すれは治ります。 基本的、出産までに治療し完治させないと、赤ちゃんによくありません。ご主人も検査(泌尿器科)をされたほうがいいですよ。あなたが完治しても、ご主人が感染していればまた移ります。
    出典 :妊娠中にクラミジアなどの感染症に感染している場合、普通に出産することは可能な... - Yahoo!知恵袋
  • 予防するためには

     

    パートナーと一緒に定期的に性感染症の検査を受けるのが大切でしょう。避妊もしっかり行う&妊娠中はお互い気をつける。というのが望ましいですね