妊娠中の肌荒れ、無理のないケアで改善しよう

妊娠中の肌荒れは、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因です。そのため、完全に治すことは難しいですが、ケアで改善させることはできます。

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中におすすめのスキンケア

  • 妊娠中の肌荒れには、いくつかケースがあります。
    その中でも多いのが、乾燥による肌荒れです。

  • 妊娠中のスキンケアは、保湿を意識して行いましょう。
    出典 :妊娠中の肌荒れに!(^-^*)/人気のノンオイル化粧品が売れています!?
  • 保湿の際に使用する化粧水は、なるべく低刺激のものを選びましょう。
    オイルフリーならば、なお安心です。

  • 妊娠中に起きやすい肌トラブルですが、大人ニキビ対策用の基礎化粧品によって改善していくことができます。
    出典 :妊娠中の妊婦の肌荒れの原因は女性ホルモン-妊婦番長 妊娠したら注意すること
  • 脂性になってしまった場合も保湿は大切ですが、乾燥肌用の化粧品だと、より悪化してしまうかもしれません。
    その場合は、脂性タイプのものを選びましょう。

  • 妊娠中は強い薬も使えませんし、出産してしばらく経てば嘘のように治ってしまうので気にしないのが本当は一番の薬になります。 それでもやはり気になる、という方は皮膚科に行って妊娠していることを告げた上で診察をしてもらいましょう。
    出典 :妊娠中のスキンケア 妊婦の肌荒れからざらつき解消まで
  • 妊娠中の肌は敏感になっているので、どの成分が肌に刺激を与えるかわかりません。あまりに肌荒れがひどい場合は、なるべく皮膚科を受診して、薬を処方してもらいましょう。

  • 体内から肌荒れケア!

  • 妊娠中の肌荒れの原因で一番多いといわれているのが便秘です。
    出典 :妊娠中の肌荒れ対策 -妊婦さんの便秘先生.info
  • 妊娠中や産後の便秘解消にオススメしたいのが天然オリゴ糖です。
    出典 :妊婦の肌荒れ | 妊娠の悩み解消サイト
  • オリゴ糖は、便秘になりにくいからだを作ります。
    また、ビフィズス菌のえさになりますので、ビフィズス菌と一緒に摂取するとさらに効果的です。

  • 肌荒れに効果のあるビタミンをきちんと摂取することも大切です。
    出典 :妊娠中の肌荒れ
  • 妊娠中は色素沈着もしやすいので、シミやそばかすを防ぐ効果があるビタミンCを積極的に摂りましょう。
    また、血行を良くしたり、冷え性を予防するビタミンEも大切な栄養素です。

  • 妊娠中の肌荒れは、ストレスの影響もあると言われています。
    ハーブティーなどでリラックスするのもおすすめです。

  • しかし必ず、妊娠中に飲んでもいいハーブティーかどうかを確認してから、飲みましょう。