更年期障害になる年齢はどれくらい?

女性がなる更年期障害ですが、どれくらいの年齢から症状が出始めるのか気になる方もいるかもしれません。ここでは、更年期障害になる年齢はどれくらいかについてご紹介します。

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期症状の年齢

  •  

    多くの女性が抱える悩みのひとつである更年期障害。
    どれくらいの年齢からその症状が出始めるのかを知っておきましょう。

  • そもそも更年期とは?

  • よく「更年期」という言葉が使われますが、そもそも更年期とはどれくらいからのことを言うのでしょうか?

  • 女性の更年期は40代半ば(月経異常・月経不順が続く方が多い)頃といわれている。もちろん、更年期が始まる時期には個人差があるが、閉経年齢で最も多いのが、50歳だといわれるので、45歳ぐらいがその目安といえる。
    出典 :更年期障害の症状・原因 |40代・50代女性の更年期|病気・症状 チェック
     

    40代半くらいがひとつの分岐点と言えます。

  • 基本的には閉経が目安の一つとなるようです。

  • 40~50代の更年期障害

  • 更年期障害が起こるのは、閉経になった40代の後半から50代前半くらいが多いです。

  •  

    顔がほてる、手足が冷える、腰痛がある、汗をかきやすい、疲れやすい、といった症状が、更年期障害のサインとなります。

  •  

    気になる方は病院へ行ってみましょう。

  • 30代の更年期障害

  • ただ、患者さんを診ていますと、離婚や仕事のストレスなど、環境因子によって40歳より前に閉経を迎えるケースもあります。
    出典 :更年期障害 | 更年期はいつごろから始まるの? : 症状・治療 - セルフドクターネット
     

    場合によっては40歳になる前から症状が出始めるケースもあるようです。

  • 若年性更年期障害

     

    若いうちから更年期障害の症状が出始めることを「若年性更年期障害」と呼びます。

  • 早い人では、20代からその症状が出始める方もいます。

  • 若年性更年期障害は、ホルモンバランスが崩れることが原因。

    ホルモンバランスが崩れる原因は、無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることや環境の変化、ストレスなどが原因であると考えられる。
    出典 :若年性更年期障害|若年性更年期障害の症状
     

    過剰なダイエット等は症状を引き起こす原因にもなりますので注意しましょう!

  • 基本的な年齢としては45~50歳くらいとなりますが、人によってはもっと早い段階から症状が出てしまうこともあります。
    生活の乱れも更年期障害の原因のひとつですから、気をつけましょう!