がんと言われたら【診療の流れ】

ガンと言われたらどのように診療するのか
基本的な流れをまとめてみました

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • がんの疑い

  • 体調がおかしいなと思ったまま 
    ほうっておかないでくださいね
    早めに受診しましょう

  • 専門家

     

    医師は病気の専門家のようなものです
    知りたいことなどは
    全てきちんと教えてくれます
    気になったら調べるのではなく
    受診しましょう

  • 受診

  • 受診のきっかけ、気になっている事、症状
    何でも担当医に伝えましょう

  • メモを活用

     

    メモをしておくと整理しやすくなります
    いくつかの検査の予定や
    次の診察日も記入すると良いでしょう

  • 検査・診断

  • 検査が続いたり、結果が出るまで時間が掛かる事も数無くはありません
    担当医から検査結果や診断について説明があります

    もちろんこの時点で理解しておく事が今後の
    治療方針を決める際に役にたつでしょう

  • 分からないをわからないのままにしない

     

    理解できない事は繰り返し
    質問し理解するように努めましょう
    担当医は何度でも説明してくれます

  • 治療法の選択

  • がんや体の状態に合わせて治療方針の説明があります
    一人で悩まずに担当医と家族、周りの人としっかり話し合うようにしましょう

  • 治療

  • 治療が始まりますが、困ったことやつらい事、小さなことでも
    なんでも担当医や看護師に相談するようにしましょう
    解決方法にたどりつく事があります

  • 経過観察

  • 治療後の体調の変化やがんの再発がないかなどを
    確認する為にしばらくの間通院します
    検査を行う場合もあります

  • これで終了

     

    以上のながれが基本的なながれになります
    しっかりながれが見えると心にゆとりが生まれます

    コミュニケーションを後押ししてくれるでしょう
    しっかりとした知識で臨みましょうね