ダイエット成功のコツは、有酸素・無酸素運動にあった!

食事療法だけではむずかしいのがダイエット。効果を促進するにはやっぱり運動が大切。有酸素運動、無酸素運動を並行して行いましょう。

view1057

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ダイエットに効果的な運動と言えば……

  • 真っ先に思い浮かぶのが、エアロビクス!

  • 有酸素運動とは、脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変えながら行う、規則的な繰り返しのある比較的軽い運動のことです。

  • ジョギング、ウォーキング、水泳なども、有酸素運動になります。

  • 家で出来る有酸素運動がたくさん紹介されています。

  • 有酸素運動だけでは効果なし?!
    成功するダイエットのためには、「無酸素運動」にも注目!!

  • 無酸素運動には、筋肉トレーニング、短距離ダッシュなどがあります。

  • 無酸素運動をすると、筋肉量が増えて、基礎代謝が上がり、太りにくくなる効果が得られます。

  • 食べても太らないからだづくりに、筋トレが一役買ってくれる!

  • 筋トレをすることによって、筋肉の破壊が行われます。
    筋肥大は、その回復時に超回復という形で行われる訳ですが、
    その際に、体は成長ホルモンを分泌します。



    成長ホルモンの分泌により、体内の中性脂肪が
    分離されて、血中に脂肪酸が巡るようになります。
    有酸素運動は、体内の糖と、血中の脂肪酸をエネルギーにして
    消費していきますから、体の脂肪を効率よく燃やすためには、
    筋トレ後に有酸素運動をするのが、最も効率的だと言えるでしょう。


    出典 :筋トレダイエット.com
  • 有酸素運動で効果の出なかった人には、耳寄りな話!

  • 1日わずか3分だけの運動なのに……

  • やせる効果が、クレイガー博士の理論に
    よるとたった3分の体操で、30秒ずつ交互に有酸素運動と無酸素運動を
    行うことで期待できるといわれているそうです。

    30秒無酸素運動を行うことで、全身への酸素の供給量が心拍数がアップ
    するので増えることになります。運動による脂肪燃焼効果を高めるために、
    酸素の供給量を増やしてから有酸素運動を行うのです。

    両手を上に上げて行うバンザイスクワットを無酸素運動として30秒、その
    場でのジョギングを30秒有酸素運動として、3分間それぞれを交互に行う
    だけでやせる体操になるのがその具体的な方法です。


    たった1日に3分の運動ですが、意味があるのは基本的には他の体操と
    同様にやせるために毎日続けることなのです。
    出典 :有酸素運動と無酸素運動を交互がダイエット効果高める - ダイエット法の情報収集ナビ
  • 有酸素運動と無酸素運動 交互に行うことが最強!

  •  思い切りダッシュしたあと、ウォーキングをしてみたり、
     自転車をこぐときには、ときどき全力で漕いでみる。
     これも有酸素+無酸素運動の理想形です。

  • 気を付けたいのは、急に激しい運動をしたり、急に運動を止めること。
    からだにダメージを与えては元も子もありません。

  • ウォーミングアップとクールダウンは忘れずに!

  • ウォーミングアップで運動時のけがを防ぎ、クールダウンで運動の疲れを残さないようにしましょう。


  • 久しぶりに運動をはじめようという人へ 

  • しっかり水分補給をすることをお忘れなく。
    また、ぼーっとしているとけがをしやすいです。
    軽くジュースを飲んだり、アメを一粒舐めてからはじめるとよいでしょう。

  • わざわざジムに通うこともなくて、続けられそうですね。

  • ダイエット・エクササイズ 家の中でもできる有酸素運動 - YouTube