妊娠中に急に気分が滅入ってくる・・・マタニティーブルーとはどんな症状?

マタニティーブルーとは、妊娠中や産後に起こる漠然とした情緒不安定な症状を指します。
これはその人の性格的な問題というわけでは無く、妊娠特有のホルモンバランスが関係しているようです。

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティブルーってなに?

  • 出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーです。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
     

    このマタニティーブルーは生まれ持って性格とは別問題のようです。

  • マタニティブルーと聞くと、精神的な問題だけだと思っている人も多いのでは?実は、産後の体の変化に深く関係しているものなのです。誰もがなる可能性があるもので、けっして特別なものではないので安心してくださいね。
    出典 :マタニティブルーって何? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 出産を境にして、いままで盛んに分泌されていた女性ホルモンが急激に低下し、ホルモンの状態がガラリと変わるため、自律神経系に影響し、感情の変化として本人の自覚のあるなしにかかわらずあらわれます。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
     

    マタニティーブルーの原因はホルモンバランスにあるようです

  • 分娩や慣れていない育児の疲れ、睡眠不足、家でひとり育児にとり組まなければならない孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になるのです。主な症状は、情緒の不安定で、不眠や食欲不振、軽いウツ状態になったりもします。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
  • 妊娠中にたくさん分泌されていた女性ホルモンは、出産後に急激に減少します。この女性ホルモンの変化が、精神状態になんらかの影響を与えているのが原因だとされています。
    出典 :マタニティブルーって何? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • がらりと変わる生活に対する不安が影響している場合もあるようですが、ホルモンバランスが落ち着いてくれば、ほとんどの場合、自然と治ってしまう人が多いです。
    出典 :マタニティブルーって何? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
     

    産後の体調が整えば自然と解消される症状なのであまり深刻悩まないほうが良いでしょう

  • マタニティブルーの症状とは?

  • どんな状態になるの?

     

    マタニティブルーの主な症状は気持ちが落ち込みやすい、不安に感じやすい、イライラする、悲しみ、怒りなどマイナスの気持ちが出てしまうものです。

  • なぜか気持ちが落ち込んだり、イライラしたり。むしょうに泣き出したくなったり、よく眠れないことも。
    出典 :マタニティブルーって何? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 産後すぐから3~4週間前後の間はこういった、理由が無いのに不安感や焦燥感などにさいなまれ、ママの気持ちが不安定になることがあります。
    出典 :マタニティブルーって何? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 妊娠中や出産後はホルモンのバランスが乱れやすく、自分で抑えようと思っても無理な事があります。
    出典 :マタニティブルーの症状とは
     

    気の持ちようでどうこうできる問題では無いという事は覚えておきましょう

  • 妊娠後期になってくると出産への不安やお腹が大きくなってくる制約の問題から、イライラやストレスが溜まりやすくなっています。日常生活の上でも、うまく事が運ばない事もあると思います。
    出典 :マタニティブルーの症状とは
     

    ホルモンバランスの不調に加えて身重な身体で何かと不自由というストレスも、マタニティーブルーの原因といわれています

  • 例えば、爪が切れなくなる、靴下がはきにくくなる、拭き掃除が大変になるなどが挙げられると思います。
    普段から旦那さんにお願いする事が出来る人はそれ程ストレスを感じないかもしれません。
    そのため自分の気持ちを抑えてしまう人ほどマタニティブルーになりやすい傾向にあるようです。

  • 育児ストレスとは違うの?

     

    マタニティブルーの最大の要因はホルモンバランスの変化ですが、夜の授乳のための睡眠不足による疲労など慣れない育児によるストレスが症状を悪化させてしまうこともあり、無関係とは言えません。
    できるだけストレスをためないように、上手に発散できるよう心がけましょう