子供や高齢者は気をつけたい【尿路感染症】

尿路感染症に気をつけましょう
得に女性は尿道が短い為かかりやすい事を念頭にいれておきましょう

view302

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿路感染症とは

  • 尿路感染症はおしっこの出口(尿道口)から細菌が膀胱内に進入することで生じます。したがって男の子に比べて尿道の短い女の子に尿路感染は起きやすいと言えます。ただし2才までは男女の頻度に大きな差がありません。膀胱の中で感染がとどまっているものは膀胱炎と呼ばれ、細菌が膀胱からさらに腎臓まで進入すると腎盂腎炎を起こします
    出典 :尿路感染症|主な病気・症状|小児泌尿器科|東京女子医大泌尿器科
     

    尿に細菌がいるかどうかが問題です

  • 尿路感染症とは

     

    男性の場合は、尿道に前立腺などの生殖器があります。腎臓は血液をろ過することで、血液から老廃物、余分な水、イオンを除き、尿として体の外に出そうとします。腎臓で作られた尿は、基本的は無菌です。しかし、尿には細菌やウイルスが増えるための細胞や栄養が含まれているために、増殖しやすいのです。また、血液から細菌やウイルスが侵入し、尿の中に侵入し、増殖します。

  • 二種類あるので覚えておこう

  • ■上部尿路感染症
    主に、腎臓から尿管までの感染です。 病名としては、急性腎盂腎炎、急性巣状細菌性腎炎があり、主に腎臓に細菌が感染することで、発熱などの症状が出ます。
    出典 :尿路感染症の症状・原因・検査・治療 [感染症] All About
     

    上と

  • ■下部尿路感染症
    主に、膀胱から尿道、前立腺などの感染です。 病名では、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎があります。
    出典 :尿路感染症の症状・原因・検査・治療 [感染症] All About
     

    下に分かれます

  • 風邪でもないのに高熱

  • 大人なら、膀胱炎になった時点で排尿痛や頻尿などの不快症状で感染に気づきます。でも、痛みや不快感を言葉で訴えられない赤ちゃんの場合、感染が上部の尿路に進み、腎盂腎炎になって高熱を出すまで感染に気づかないことが多いようです。
    出典 :尿路感染症 - gooベビー
     

    赤ちゃんでも気をつけたいですね

  • 先天的な尿路の異常が原因のことも

     

    また、腎盂腎炎の場合、原因として先天的な尿路の異常が隠れていることもあります。多いのは膀胱から尿管へ尿が逆流してしまうケース。この膀胱尿管逆流現象は、3才以下の尿路感染症の半数以上を占めています。繰り返す場合は、感染がおさまったあと、これらの異常がないかどうか超音波検査をしたり、尿路に造影剤を入れてレントゲンを撮る検査などを行う必要があります。

  • 色々な病気が起きる

  • <急性腎盂腎炎>
     単純性腎盂腎炎の多くは、尿が膀胱から、尿管へと逆流する「膀胱尿管逆流」現象によって引き起こされる上行性感染が原因であると考えられています。
    出典 :尿路感染症
  • <慢性腎孟腎炎>
     何らかの病気によって、慢性的に腎盂腎炎を起こしやすい状況になっている場合があります。腎盂腎炎を起こしやすい病気として、糖尿病や高血圧、痛風などがあります。
    出典 :尿路感染症
     

    糖尿病は色々な合併症を引き起こすので要注意

  • <急性膀胱炎>
    症状・・・排尿時の痛み、頻尿、残尿感があります。また、尿に膿が混じってにごったり、血尿がみられることもあります。
    出典 :尿路感染症
  • <慢性膀胱炎>
     慢性的に膀胱炎を引き起こす原因疾患があることが考えられます。症状・・・軽いか、自覚症状に乏しい場合があります。
    出典 :尿路感染症
     

    なるとわかりますが辛いです

  • 発熱をともなわない膀胱炎の場合は通常、抗菌薬を3日間服用すれば完全に治るといえます。多くの場合は抗菌薬服用後24時間で症状の改善を認めます。しかし高熱を伴い腎盂腎炎が疑われた場合は抗菌薬の投与は2週間必要です。
    出典 :尿路感染症|主な病気・症状|小児泌尿器科|東京女子医大泌尿器科