ストレスが直撃する胃。あなたはどうやって守りますか?「胃が痛い」をまとめてみました

胃の痛みの原因のひとつとして、ストレスがあります。現代社会に生きる私たちは常にさまざまなストレスにさらされていますが、そのストレスが胃に穴を開けるほど強いものなら、まずはそのストレスとなる原因を取り除く方が先かもしれません。

  • lips 更新日:2013/08/14

view1046

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 知っているようで知らない「胃」のこと

  •  

    もしかしたら胃は、体の中で一番ストレスを感じる部分かも?

  • 自分の胃のこと、どれくらい知っていますか?
    痛みを感じて初めて「胃」の大切さがわかるのかも。

  • 機能

    胃は、

    飲み込んだ食物をその後数時間程度まで貯留する。
    胃壁から分泌される塩酸(胃酸)によって、食べたものを酸性に保つことで殺菌し腐敗を防ぐ
    消化酵素のペプシンによって、タンパク質をペプトンと呼ばれるどろどろした水溶性の分解産物に消化する。
    食べ物が入ってくるとガストリンを血管内へ分泌してペプシノゲンの分泌を促進し、胃壁細胞からの胃酸分泌を促進し、胃壁細胞を増殖させる、等の消化活動を活発化する。
    食べ物が十二指腸へ出てゆくと、十二指腸から内分泌されるセクレチンによってガストリン分泌が抑制され、消化活動を停止する。

    などの機能を持つ。
    出典 :胃 - Wikipedia
  • ストレスが加わると、副交感神経のバランスが乱れてしまうため、
    自分の消化酵素で自分の胃を消化しようとしてしまう。
    よく言う、「胃に穴が開く」というやつですね。

  •  

    胃が痛い…にも、いろいろある。

  • 胃の病気について知っておこう

  • 急性胃炎

  • 急性胃炎とはどんな病気か

     急性胃炎は、さまざまな原因によって引き起こされる胃の急性炎症の総称です。ほとんどの例で上腹部の自覚症状を伴いますが、原因が取り除かれると回復も早いのが特徴です。
    出典 :急性胃炎 - goo ヘルスケア
     

    原因を取り除くことが大切のようです。

  • 慢性胃炎

  • 慢性胃炎とはどんな病気か

     胃のなかには、0・1規定の塩酸(胃の壁細胞で作られる純度の高い塩酸)が常時存在していますし、食物自体も物理化学的に胃粘膜を障害する可能性があります。したがって、年齢が増すごとに胃の粘膜は荒れていくというのが、これまでの常識でした。そのため、慢性胃炎は加齢に伴う現象である、という説が日本の学会では主流を占めていました。
     しかし、この考え方を一変する事件が1982年に起こりました。それはピロリ菌の発見です。この菌の発見によって慢性胃炎の大半はピロリ菌の長期感染によって引き起こされることが明らかになってきました。
    出典 :慢性胃炎 - goo ヘルスケア
     

    ピロリ菌って怖いんですね

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

  • 胃や十二指腸の内側(粘膜)は、強い酸性の胃酸や消化酵素を含む胃液にさらされているため、胃液によって粘膜が傷つかないようにするための仕組みを持っています。

    胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)などにより、この防御機構が傷害されて粘膜が傷つき、そこが胃液の攻撃にさらされることで、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気です。

    これにより、胃部の痛みや不快な症状を感じたり、さらに病気の程度が悪くなると、その部分から出血して吐血や下血(便に血液が出ること)、穿孔(胃・十二指腸に穴があくこと)、腹膜炎などの症状が起こったりします。

    胃潰瘍・十二指腸潰瘍の多くは、薬の服用などで治すことができますので、早めにしっかりと治療することが大切です。

    なお、胃潰瘍と十二指腸潰瘍をあわせて「消化性潰瘍」と呼びます。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|胃潰瘍・十二指腸潰瘍 病気の基礎知識
  • 胃の検査

  • <バリウム検査>

    X線によるレントゲン検査です。
    バリウムはX線を通さないので、バリウムを飲んで胃の形を見ます。

  • <内視鏡検査>

    レントゲン写真からでは良くわからない場合など、
    内視鏡を胃の中に入れて先端のカメラで胃の中の様子をモニターで見ます。

  • <ピロリ菌検査>

    内視鏡を使う方法と、使わない方法とがあり、
    内視鏡を使わない場合は、血液などを採取してピロリ菌の抗体があるかなどを調べたり、
    呼気を採取して調べたりします。

  •  

    胃の中に存在して悪影響を及ぼす、ピロリ菌

  • しかし、胃が痛い…

  • それだけでは、胃の病気とは限りません。

  • 自分の胃の状態を知っておきましょう