イタっ!ツライ足の痛み…足底筋膜炎のテーピング方法

歩くと足が痛い…そんな症状ありませんか?
その症状、足底筋膜炎かもしれません。
症状改善の為の足底筋膜炎のテーピング方法をお教えします。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足底筋膜炎とは?

  • 何とも聞き慣れない言葉…足底筋膜炎(そくていきんまくえん)。
    一体どんな病気なのでしょうか。

  • 足底筋膜症は、かかとの骨の一番下から足指の基部(足の母指球)に及ぶ足底筋膜と呼ばれている密度の高い帯状の組織に痛みが生じる状態です。
    出典 :足底筋膜症: 足の問題: メルクマニュアル 家庭版
  •  

    足底筋膜は体重を支えたり、衝撃を吸収する役割を担っています。
    ここが硬くなってしまうと、うまく衝撃を吸収できなくなったりして痛みが生じる。
    また、足底筋膜に棘のような骨が触れて痛みを感じる場合も多い。

  • 足底筋膜炎の原因

  • 多くの人を悩ませる足底筋膜炎。
    その原因は何なのでしょうか。

  • 足底腱膜への慢性的な刺激を受けて「足底腱膜」に炎症が起き、小さな断裂を起こすために痛みがでます。
    出典 :足底筋膜炎/足底腱膜炎/足の裏の痛み治療法 病院 武蔵関 上石神井
  •  

    主な原因
    ・合わない靴
    ・ジョギングなど足裏に衝撃をあたえる運動
    ・踵のゆがみ

    など、長時間の酷使や強い衝撃が主な原因と考えられます。

  • 足底筋膜炎の対策

  • では、その痛みを解消するための対処法はあるのでしょうか?

  • 足底腱膜炎の治療は、①痛みを感じている足底腱膜の付着部の消炎・鎮痛②足のアーチの調整③足首の柔軟性の確保。この三つの治療をおこなうことにより、足底腱膜炎の痛みの緩和、そして今後足底腱膜炎になりづらい足になります。
    出典 :足底腱膜炎(足底筋膜炎)の治療|横浜 鍼灸 オリンピック入賞選手 世界選手権金メダリストも通う総合治療 土井治療院|都筑区 青葉区 緑区
  •  

    足底筋膜炎の改善には、総合的な治療が必要です。
    多くの場合でなかなか改善が見られないのは、痛くなる根本を改善出来ていないためです。

  • テーピングによる改善方法

  • 正しい足の形を日常的に保つことは非常に難しいことでもあります。
    そこで、テーピングを使用することで正しい足の形を意識して作り出し、症状の改善を目指す方法をおススメします。

  • ★テーピング方法★

     

    ・うつぶせの状態で行う
    ・足裏を伸ばした状態で行う
    ・踵から等間隔の放射線状に足指に向かってテーピングする

    テーピングのテープは、通気性が良く肌に優しいキネシオテープを使うと良い。

  • テーピングをすることによって、意図的に血流を促し症状改善に繋げることが期待できます。
    近年増えている足の裏の痛み。
    足底筋膜炎のテーピングを是非試してみて下さい。