薄メイクでつけまは必須!より自然に見える“つけま”教えます。

今や薄メイクがトレンドになってきてますね。でもやっぱりつけまは外せない!
つけまといえば、濃いメイクのイメージがありますがそんなことないですよ。ナチュラルにみえるつけまも、もちろんあるのです。薄メイクに合うつけまってどんなの?つけるポイントって?
今回は薄メイクに合う“つけま”についてまとめました。

view48

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薄メイクに合う“つけま”って?

  • ストレートライン

     

    薄メイク派におすすめのつけまつげ。
    自然なストレートでつけまつげと気づかれにくいですよ。

  • クロスタイプ

     

    まつげが交差しているタイプ。
    ナチュラルに、でも長さや濃さを少し出したい時はこちらがおすすめ。

  • ・根元が細く、透明なものがナチュラルに見えやすい。
    ・ブラウンのつけまつげは、目に自然になじみ優しい雰囲気に。

  • つけまをつけるのに必要な道具は

  • ・つけまつげ

    ・ハサミ
     つけまつげを目幅の大きさに合わせる時に使います。小さい眉切りばさみだと使いやすいです。

    ・接着用のノリ
     つけまつげをまぶたに付ける時に使います。
     つけまつげに付属でついてくるものもありますが、粘着力が弱いことが多いです。
     別売りにノリを購入して使うほうがよいかも。 
     

    ・ピンセットor毛抜き
     つけまつげをまぶたに付ける時に使います。細かく調整することができます。

    ・アイメイクに必要な用品
     アイシャドウやアイライナー、マスカラなど

  • つけ方

  • アイシャドウを塗る

     

    アイホールにアイシャドウを塗ります。ナチュラルにするためには淡い色が◎

  • アイラインをひく

     

    つけまつげを付けた後に書き足すこともできるので、さっと引く程度でOK。
    アイラインはつけまつげを装着する場所の目安にもなります。

  • ビューラーでまつげを上げる

     

    つけまつげを付ける前にビューラーでカールしておきましょう。
    つけまつげとなじみやすくなります。
    カールしにくい時は、ビューラーをドライヤーで温めてからするといいですよ。

  • マスカラを塗る

     

    つけまつげを付ける前にマスカラを塗りましょう。つけまつげの後にマスカラを塗ると、ダマになりやすいし、つけまつげと自まつげがくっついて取れにくくなってしまいます。
    ダマにならないよう薄く塗って、コームをとかしましょう。

  • マスカラは、透明のものを選ぶとより自然にみえますよ。

  • つけまつげを柔らかくする

     

    目のカーブにフィットするように、つけまつげの接着面を柔らかくしましょう。
    つけまつげの端を持ってしならせます。

  • つけまつげをカットする

     

    目幅の大きさに合わせてつけまつげをカットします。

  • 【ポイント】つけまつげをつけるのが苦手な人は、つけまつげを扱いやすい大きさに小さくカット。
    3つぐらいが適当です。

  • つけまつげに接着用ノリをつけ乾かす

     

    つけまつげの根元に均一に接着用ノリをつけます。
    塗った後が透明になるまでしばらく待ちましょう。

    早く乾かしたい時は優しく息を吹きかけてもOK。

  • 【ポイント】両端を二度塗りすると取れにくくなりますよ。

  • つけまつげを付ける

     

    つけまつげはピンセットでつまむと装着しやすい。まず目頭をつけてから目尻にフィットさせていきます。この時アイラインに沿ってつけるとキレイですよ。
    乾く前に調整して、位置が決まったら自まつげとつけまつげを指でくっ付けるように合わせてなじませます。

  • 【ポイント】鏡は下に置いて覗き込むようにすると、装着しやすいですよ。

  • 再び、アイラインをひいて調整する

     

    つけまつげの装着部分が乾いたら、アイラインを重ねます。
    多少、つけまつげの位置がずれていたり、ノリがはみ出ていても大丈夫!
    このラインで隠すことができます。

    アイライナーはリキッドタイプがおすすめ。ペンシルタイプを使うとつけまつげがよれてしまいます。