脳の働きと健康について

view249

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳は頭の中の1部分ですが、その働きに関しては体全体の働きを支配するとても重要な部分です。

  • 脳とは

  • 脳とは

     
     

    重さからすると、1400グラム足らずの組織の塊でしかない脳ですが、実際には比類なき器官です。

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 脳の働きとは

  • 脳のはたらき

     
     

    こども期は自分の意見がまとまらず他人の意見・特に親や友達の意見を気にし,左右されます。友達の意見を聞いてそれが善いのか悪いのか,どうなるのかを自分なりにまとめていく時期でもあります。

  •  
  •  
  •  
  • 記憶と感情

  • 記憶

     
     

    人間の脳は大きく分けて2種類の記憶から成り立っています。しばらくすると忘れてしまう記憶「短期記憶」と,ほぼ永久的に覚えていられる記憶「長期記憶」です。すべての記憶はいったん脳の奥の海馬という部位に保存されます。

  •  
  • シナプス(神経伝達)とニューロン(神経回路)の成長

     
     

    人間の脳には大脳半球という部位があり,俗に「脳のしわ」といわれる部分です。ここは左右一対になっていて,脳梁と呼ばれる部位でつながっています。この大脳半球の表面は、大脳新皮質と呼ばれるわずか3ミリ程度の薄い膜のようなもので覆われています。

  •  
  •  
  • 脳の病気と予防

  • 脳の病気

     
     

    脳梗塞を含む脳の病気はいくつかありますが、どれも基本的に「脳の血管」に何らかの異常・障害が起き、脳の機能の一部が壊れてしまうことで発症します。 そのため、脳梗塞を含めたさまざまな脳疾患を、広い範囲で「脳血管障害」と総称しています。

  •  
  •  
  •  
  • アテローム血栓性脳梗塞

     
     

    アテローム血栓性脳梗塞は、動脈硬化によって頸動脈などの血管壁内部に「アテローム(脂肪のかたまり)」による血栓ができ、血管が詰まってしまうものです。

  • 心原性脳塞栓症

     
     

    心原性脳塞栓症は、心房細動や心筋梗塞などによって心臓にできた血栓が脳にまで運ばれ、脳の血管を詰まらせるものです。

  • ラクナ梗塞

     
     

    ラクナ梗塞は、高血圧などを原因として脳の細い末梢血管に梗塞ができるものです。

  •  
  •  
  • よくわかる脳卒中~心臓にかくれた脳梗塞のリスク~ - YouTube

  • 予防と治療

     
     

    脳梗塞・隠れ脳梗塞ともに、加齢に伴って発症率が高まる病気であるため、その意味では発症を完全に防ぐことは難しいかもしれません。

  •  
  • 前兆に気付いたら

     
     

    前兆に気づいた時や初期症状の段階で、専門医の適切な治療を受けることによって、回復度合いを大きく高め、一方で再発のリスクを下げると同時に後遺症を最小限に抑えることができる病気でもあります。

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 脳血管カテーテル治療

     
     

    脳血管カテーテル治療は専門医の高度な技量が必要とされ、手術を受けられる医療機関は現状限られています。

  •