ストレスで声が出ないときの対処法は!?コレって意外と経験のある人が多いんです!

ストレスで声が出ない経験、ありますか?
ストレスが度重なると声が出ない状況になることをご存じでしょうか。実は、結構そういう状況に陥った経験のある人は多いんです。何故声が出なくなるのでしょうか・・・?ここでは声が出なくなる原因と「心因性失語症」などについてもまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/11/20

view37071

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 考えてみると、恐ろしいです。ある日突然声が出なくなった自分・・・
    暫くして出るようになるのならばいいですが、一日たっても一週間たっても、一か月たっても声が出ないままだったら・・・!?
    あなたならどうしますか?

    それは物凄い恐怖だと思います。勿論病院に行く事は必須ですが、一番は精神的なケアが必要となってきます。どのように自分を癒せばよいのでしょう。

  • ストレスで声が出ない→失声症に!?

  • 3日間声が出なければ、病院へ

     

    一人で悩まないでください・・・

    失声症とは、読んで字のごとく「声を失ってしまう症状」です。
    ストレスや一時的なショックなどの精神的な要因が多くを締めるということで、思春期や更年期に多いそうです。
    精神面のケアは、自分だけの問題ではなく、周りの協力も必要となってきますので、もし声が出なくなって3日たったら心療内科に言って診察してもらいましょう。
    2,3日で声が出るようになればなんとか自力で治せたということですので、3日を診断の目安とし、余り長い間放っておくことのないようにしましょう。

  • 朝起きたら、声が出なくなっていた、問いかけに答えようとしたら、かすれ声しか出ずほとんど話せなくなっていた。ある日突然、声を失う病気を「失声症」といいます。特徴として、のどや声帯など器質的にはまったく異常がないこと、症状があらわれる前に、精神的なショックや強いストレスを感じる体験があったことなどが挙げられます。
    出典 :心の問題も 突然、声が出なくなったら | ニュース&トピックス | ケータイ家庭の医学
     

    日々の度重なるストレスは多くの人が経験していることですが、声も出なくなるほどのショックなことなど、なかなか体験するものではありませんよね。
    でも、いざ自分にそういった災難が降りかかってしまった場合は残念ながら早めに対処するしかありませんよね。周りの協力が本当に必要です。

  • 些細な事が原因に・・・

     

    些細なことから声が出なくなる場合もあるのです。
    自分でも、こんなことが?と思うような些細な出来事でも、実は精神的に強いダメージを受けている場合が多いんですね。

  • 失声症の場合には、ストレスなどの心因的な原因によって自律神経がバランスを崩し、声を出すというメカニズムが正常に機能しなくなってしまうために引き起こされる心因性の疾患です。
    出典 :ストレス 声【FJ-Healthcareストレス対策館】
     

    一般に、自律神経のバランスが崩れると、眩暈や立ちくらみなどを思い浮かべますが、声も出なくなるといった症状につながることもあるんですね。ストレス・・・恐るべしです!

  • 喉が詰まった感じになる場合

  • 喉に違和感が?

     

    何となく、喉が詰まった状態になった経験って誰でも一度はあるのではないでしょうか。
    泣くことを我慢している時などは、喉が詰まった感じ、しませんか?これも一種のストレスですね。
    喉は、ストレスの影響を受けやすい場所でもあるわけですね。

  • 喉が詰まる感じといっても、重大な病気からストレスのような精神的なものが影響していることも考えられます。喉に違和感を感じたら、その他の症状がないかをもう一度確認してから原因を絞り込んでみましょう。
    出典 :喉が詰まる感じの治し方
     

    とにかく全てはストレスが関連しているのですね。

  •  

    いきなり襲いかかるので慌てず対処してください。

  • いざ声が出なくなった時、その対処法は!?

  • 自分を休める!医者に行く!

     

    まずすることは、ゆっくりと休み、速やかに医者に行く事です。

    たまには全てから解放されてみませんか・・

  • 失声症になったら、まずは体も心も休めることが大事ですので、会社に行っている人は会社を休む、家事をやっている主婦であれば、実家のお母さんを呼んだり、旦那さんに家事をやってもらったりすることが大事です。
    出典 :ストレスで声が出ない / 声がでない病気情報
     

    身体を休める・・・基本的なことですが何よりも大事なことです。
    声が出ないということは、家族や会社など、周りに与える影響が大きいですよね。こんな時は家族に甘え、まずは自分を休めることを優先的に実践しましょう。

  • 発声器官に異常はない。脳に障害があるわけでもない。それでも話したいのにしゃべれなくなる。そんな場合は、過去に受けた心の傷が原因かもしれない。失声症は女性に多く、他の身体症状に伴って現れることもある。「精神科、心療内科で適切な治療を受けてください」と京都大学大学院人間・環境学研究科の新宮一成教授(精神医学)は話す。
    出典 :【健百】女性に多い失声症、"ヒステリー"の一症状 | あなたの健康百科
     

    専門医に診てもらって一日も早く対処してください。

  •  

    正直に専門医に話してみましょう。解決の糸口は必ずあるはずです。
    自分の過去の辛い経験や、普段気付かないうちに感じているストレスなどなど・・・
    専門医ならばあなたの声を塞いでいる原因を上手に引き出してくれるでしょう。

  • もし喉が詰まったり声が出なくなるといった症状が表れたら、最も優先すべきは、自分の心と体を休めることです。そして心療内科に行きましょう。自分でも気が付かない心に抱えている病を出来るだけ早く取り除くことが大切です。
    病は気からとはいいますが、本当にその通りですね。