着床しても体温下がる?妊娠初期症状の見方

着床しても体温下がる?妊娠しても基礎体温は下がることがあるようです。海外では有名で「Implantation Dip」と言われていますよ。えっ!?妊娠すると高温期が続くんじゃないの?疑問が出てきました。どうして基礎体温が下がるのかみてみましょう。

view41368

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 着床しても体温下がることってあるの?

  •  

    基礎体温を測っているとわかると思いますが、排卵日は基礎体温は下がります。その後、また体温が上がり、排卵後の2週間が高温期です。
    その体温が上がる前後4~5日が、妊娠しやすい時期となります。
    そしてまた、体温が急に下がると生理になり、高温期が保たれていると、妊娠の可能性が出てきます。
    高温期は37度前後が目安です。
    その時、高温期の期間の7~10日あたりで基礎体温が下がることがあるそうです。下がってもまたそのあと高温に戻れば妊娠している可能性があります。

  • 受精卵が子宮内に着床した頃に、基礎体温ががくっと下がることがあります。
    出典 :妊娠の超初期症状で基礎体温が下がる
  • 着床する時期、高温期の7日ぐらいに0.3度くらい下がるケースが多いとのこと。
    ただ、そのまま高温期が続く方もいるのですべての人に当てはまるとは限りません。

  • 海外では有名!

  • Implantation Dip(着床時の体温の低下)

     

    赤線のある13日目が排卵日ですね。そこから高温期に突入しますが、22日目に突如グッと下がっています。そしてまた高温に戻っていますよね。これが、Implantation Dip(着床時の体温の低下) といわれるものです。

  •  

    日本ではあまり知られていないようですが、海外では有名のようで、アメリカなどでは妊娠成立の判断材料の一つとして認識されているそうです。
    基礎体温が下がるのは「着床の合図」と言われているとのことです。

  • 高温期に基礎体温が下がると、「黄体機能不全」の疑いということもあるそうです。
    これは、ホルモン値を調べてみるとわかります。
    *・・黄体機能不全とは、黄体に何らかの異常があり、黄体ホルモンの分泌が不十分な状態のこと。
    子宮内膜の形成が困難になり、受精卵が着床しにくくなるという症状です・・*

  • どうして体温が低下するの?

  • 黄体期の中期になると黄体ホルモンのピークが過ぎて、黄体ホルモンが減少し始めるらしいのですが、着床時期(排卵後7日~10日の間が多い)に受精卵が着床することで急激に黄体ホルモンがまた上昇するので、その間、体温がガクッと下がることがあるらしいのです
    出典 :転勤妻の徒然日記 着床時期の基礎体温の低下は・・・
  • 排卵後1週間前後が黄体ホルモン分泌のピーク

     

    排卵後1週間前後で黄体ホルモンの分泌はピーク達し、その後は徐々に減少していきますが、その減少の途中(ピークから3日前後)で着床が起こるため、減少してきていた黄体ホルモンの分泌が再び増加し始めます。

  • 体験された方の声

  • 高温期7日目あたりに低温期並に体温が下がりリセットすると思っていましたが9日目あたりからまた体温が上がりはじめそのまま生理予定日を過ぎても生理は来ず、妊娠していました。
    出典 :【妊娠の徴候まとめ】みんなの妊娠超初期症状体験談
  • 高温期の後半に基礎体温グラフの陥没が起きた場合は、「無事、受精卵が着床できた」サインかもしれません。着床した時に出血をすることもあるそうです。
    そのほか妊娠初期の症状としては、熱っぽくて体がだるくなる・常に眠さを感じる、・胃がむかむかする・においに敏感になる・などがあります。
    基礎体温だけでは、妊娠しているかどうかはなかなか判断しずらいこともあります。
    簡易に調べるのなら、市販の妊娠検査薬などでも調べることもできますが、妊娠したかな?と思ったら早めに病院で調べてみるのが安心ですね。

  • いずれにしても 妊娠を待ち望んでいる女性にとっては喜ばしいサインですね。

  •  

    基礎体温を定期的につけておくと、妊娠かそうでないかは、すぐにわかるようになります。
    正しい基礎体温の測り方は
    *起きたら寝たままですぐに測る。
    (枕元に基礎体温計を置いておく)
    *体を動かさないようにすること。
    *舌の下で計測する。
    基礎体温は0.3~0.6℃くらいの間で変化するので、正確なデータを得るためにはいつも同じ条件ではかることが必要です。

  • 女性の体はデリケート。基礎体温はある程度、期間をかけて測ってみないとパターンが見えずらいかもしれません。
    ですが、基礎体温を測り続ければ体調管理もできますし、続けていくとよい習慣ですよね。