朝の目覚めを良くする3つの方法

朝の目覚めをスッキリ過ごすにはどうしたらよいか、その方法3つを解説していきます。

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ①寝る前にリラックスする

  • 布団に入るギリギリまで、テレビを観ていたり、ジュースやお酒を飲んでいては、睡眠の妨げになります。
    テレビを観終わった後の脳は興奮状態なので、直ぐには眠れないでしょう。
    出典 :朝すっきりと目覚める為の心構え
  •  

    もし、朝が弱いと思うのであれば、就寝時間を少しでも早くすることを心がけましょう!
    そして心身ともにリラックスすること。

    これだけでも朝の目覚めが変わってきますよ。

  • ②カーテンを工夫する

  • 人間の体内時計は、朝、太陽の光とともにリセットされます。1日が24時間であるのに対して、体内時計のサイクルは25時間なのです。したがって、1日のどこかでリセットをしないと、毎日1時間ずつズレていくことになります。
    出典 :素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! | ザ・チェンジ
  •  

    朝、日光を浴びると体は1日の始まりを意識します。この時、1時間ズレていた体内時計をリセットしてくれます。

  • カーテンを少し工夫してみましょう。たいていの家庭では、カーテンは二重になっていると思います。薄手のカーテンと厚手のカーテンですね。厚手のカーテンは、室内の気温を保つ効果があり、また外から見られないという「プライバシーの保護」役割も果たしています。
    出典 :素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! | ザ・チェンジ
  •  

    朝の日光を遮断してしまうというデメリットも持っているんですよ。これでは体内時計のリセットに必要な日光を十分に取り込めないため、朝の目覚めも悪いものになってしまいます。

  • 薄手のカーテンだけを閉めて、厚手のカーテンを開けておく方法があります。寝るときに部屋を真っ暗にしておけば、外から見られる心配もありません。また薄手のカーテンの多くは、「明るいところからは中が見えない」という、一種のマジックミラーのようになっていることをご存知でしょうか?
    出典 :素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! | ザ・チェンジ
  • ③起きるタイミングを工夫する

  • 人間の睡眠は、「浅い睡眠(レム睡眠)」と「深い睡眠(ノンレム睡眠)」の2パターンを繰り返すことになります。基本的には90分間隔でこの2つがやってくるのですが、レム睡眠とは「体の睡眠」に相当します。
    出典 :素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! | ザ・チェンジ
  • さて、朝におきる時の「ボーッ…」とした感覚は、まさに「脳が覚醒していない」という状況です。つまりノンレム睡眠の状態で目覚まし時計が鳴り、無理やり起こされても「脳は寝ている」となってしまうんですよ。
    出典 :素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! | ザ・チェンジ
  •  

    当然、その状態では「ボーッ…」とした感覚が長く続いてしまうため、「二度寝したい…」という衝動に駆られてしまうでしょう。

  • たとえば、朝の7時半に目覚ましをセットするとします。すると、7時半に一番近いレム睡眠時に、アラームが鳴ってくれるんですよ。「1分でも長く寝たい…」と思われるかもしれませんが、レム睡眠のタイミングを逃してノンレム睡眠に入っては意味がありません。ならば、セットした時間に最も近いレム睡眠時に起きた方が、目覚めがスッキリします。
    出典 :素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! | ザ・チェンジ
  • まとめ

  • ①寝る前にリラックスする
    ②カーテンを工夫する
    ③起きる時間を工夫する

    以上、3つを実践して目覚めをスッキリさせてみてください。