想像妊娠ってご存知ですか? 関係ないかもしれませんよ!

妊娠をしたいと思う女性は想像妊娠をしやすくなってしまいます。
想像妊娠は、妊娠したかも!?と舞い上がらせておいて、実は妊娠していませんでしたという、持ち上げて落とす、という残酷なものです。
想像妊娠をしないためにはどのようにしたらいいのかまとめてみました。

view46

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 想像妊娠とは

  • 言葉のとおり、妊娠に対する想いが強い女性に起きやすく、妊娠した時に見られるような様々な症状が発生するものです。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    想像妊娠は本当に妊娠をしたい女性、妊娠をしなくてはという強迫観念にも似た想像力が身体に及ぼすブラシボー効果(偽薬効果)ですね。
    この薬は効果があると信じて飲み続ければ、ラムネの飴も薬になりますので、人間の思い込みという能力は本当にすごいものだと思います。
    しかし、妊娠を本当にしたいと思っている女性にとって、想像妊娠ほど残酷なものはありません。
    1度舞い上がらせておいて、地獄へ叩き落すのですから。
    子供は授かるものであり、焦って作るものではありません。

  • 想像妊娠による変化や障害は、妊娠を非常に強く望んだり、妊娠に対する大きな不安や恐怖がストレスとなり、その結果として体調を崩したり、ホルモンバランスが崩れたりして発生します。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    あまりにも強く望みすぎて、体調を崩していては妊娠をすることは難しいでしょう。

  • 想像妊娠が発生しやすい女性は、神経質であったり、高齢で妊娠に焦りを感じていたり、過去に流産の経験があったり、絶対妊娠したくないと思っていたり、といった女性が多いようです。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    このように自分を追い込んでいても、赤ちゃんは授かりません。
    授かっても、きちんと育てるのは難しいかもしれません。
    もうちょっとおおらかな姿勢で妊娠に対して向き合うのも重要かと思います。
    なるようになるものですが、タイミングというものがあります。

  • 想像妊娠は、一種のストレス障害です

     

    想像妊娠は、本当に妊娠をしたいと焦る女性に対して起こる現象です。
    妊娠をしたいのはわかりますが、体調を崩してはいけません。
    悩んでも解決しない問題です。
    このような場合はパートナーの男性がしっかりとサポートをしてあげなければいけません。
    古い考えの女性は、子供を産まなければいけないと思い、それを強要します。
    そのような古い考えを押し付けるような人物が近くにいますと、ますます焦って想像妊娠をしやすくなってしまいます。
    パートナーの男性は、女性を子供を作る道具としか考えていないような古い考えの持ち主からパートナーの女性をしっかりと守ってあげなければいけません。

  • 生理予定日前、さほど深刻に妊娠のことを考えていたのではなく「妊娠しちゃったらちょっと困るなあ・・・」程度で、過度のストレスを自分に与えていたつもりはなかったのに、想像妊娠してしまった自分に驚きました。
    出典 :想像妊娠の症状を教えて下さい#135210 【OKWave】
     

    このように、妊娠したくないなーという自己暗示から想像妊娠をするケースもあるようです。
    皮肉なことですが、このような事例も実際にあるようです。
    妊娠をしたくてもできない人にとっても、妊娠をしたくない人にとっても、このようなストレスは自己暗示となり、自分を苦しめます。

  • 想像妊娠の具体的な症状とは?

  • 生理が遅れたり、止まったりする(生理不順・無月経)
    →ストレス、疲労、ホルモンバランスの崩れなどによる
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    生理がこないからといって妊娠をしていると考えるのは、現在では早計とされています。
    複合的な視野に立ち、妊娠をしているかどうかを冷静に分析しなければいけません。
    生理がとまるのは体調的にはとてもよろしくないことなので、そのようなストレスをためないようにしましょう。

  • つわり(吐き気や嘔吐感がある)、母乳が出る、乳首や乳輪が大きくなるなど
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    つわりや、母乳が出てしまっては妊娠をしていると思っても仕方ありませんが、これもホルモンバランスが崩れたことによる起きる現象です。

  • ストレスを感じていては妊娠は難しいです

     

    ストレスを抱えていますと、生理不順になります。
    生理不順では、妊娠することも難しくなります。
    ストレスをためないのが最善ですが、生活習慣の乱れも生理不順の原因となります。
    本当に妊娠をしたいのならば、生活習慣もきちんと整え、身体と心のバランスを崩さないように心がけるのが重要です。

  • 想像妊娠の対策

  • 想像妊娠を防止するためには、普段から疲労やストレスをためこまないような心掛けが大切です。
    「なるようになる」といったふうに気持ちを切り替えたり、適度な休息、気晴らし、リフレッシュによって心とからだの健康を保つことが妊娠への近道になります。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
  • 想像妊娠は、妊娠していないという事実を診断されますとすぐに治るそうです。
    お腹の中には赤ちゃんがいないという事実を、安心して聞ける人と落胆して聞く人に分かれるのは何とも心苦しい話ですね。
    生理がこなくて妊娠している兆候があるけれど、自分では判断することができな場合はすぐに専門の医師に判断を仰ぎましょう。
    妊娠検査薬を使用しても、信じることができないという方でも、医師の診断を仰げばすぐに解決しますし、精神的なケアもきちんとおこなってくれます。
    このような精神的なケアは極めて重要なですから、自己判断をせず、恥ずかしがらずに医師へ相談しましょう。