気になるニュース!!低体温症ってどんな病気なの??

最近ニュースで話題になった低体温症ってどんな病気なの??
これから寒い冬が訪れる前にチェック!!

view551

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんなニュースが話題になりました!!

  • 低体温症とは??

  •  直腸温などの中心体温が35度以下になった状態を言います(脇の下ではかる体温ではないことがポイント)。 登山での低体温症は内科疾患や治療目的のものと区別するため『偶発性(Accidental=事故による)低体温症』と言います。
     寒冷にさらされると、末梢細動脈が収縮し皮膚血流を低下させて熱の放散を抑えるとともに、振戦(ふるえ)などの発熱反応が起こりますが、体温が30℃以下になると、ふるえすら起こらなくなり、加速度的に体温は低下し続けます。また体温が低下するにつれて 精神活動、運動能力ともに低下するため、その人本来の能力を発揮できなくなりま す。なかでも判断力は早い時期から低下します(これが一番怖い)。
    出典 :低体温症
     

    死に至ることも多い病!!
    家でなることもある高齢者は気をつけましょう!!
    若年層でも登山などの際には注意が必要なようです!!

  • 低体温の症状

  • 前兆(36.5~35度) 意識は正常。手の細かい複雑な動きができない。
             さむけ、ふるえがはじまる。
    軽症(35~33度)  無関心状態、すぐ眠る。歩行よろめく。口ごもる話しぶり。
             ふるえ最大。
             (協力的にみえて協力的でない。まともそうに見えてまとも
              でない。)
    中等症(33~30度)
       33~32度 会話がのろい。閉じこもる。逆行性健忘。意思不明。運動失調。
       31~30度 錯乱状態。支離滅裂。しだいに応答しなくなる。
            震え停止。歩行や起立は不可能。
    重症(30度以下)
       30~28度 半昏睡状態。瞳孔散大。心拍、脈拍微弱。呼吸数は半分以下。
       28~25度 昏睡状態。心室細動。

       25度以下 腱反射消失。仮死状態。
       20度以下 脳波消失。心停止。

       16度   救命しえた成人の偶発性低体温症の最低体温。
       15.2度  救命しえた新生児の偶発性低体温症の最低体温(66分間水没し
            ていた)。
            ノルウェーでは1974年、40分水没、救出時体温24度で蘇生、
            3日後、全く障害を残さずに回復した5才の少年がいる。
    出典 :低体温症
     

    低体温はその状態によって症状が変わります。
    周囲の人も気をつけてあげましょう!!

  • 参考にしてみましょう!!

  • 夏にも低体温が起きることがあるので要注意です!!

  • 早田台史先生 「ワイドスクランブル」で夏の低体温症を語る。(2013/07/30)

  • 低体温になりやすい人は??

  • 1.お年寄り・小児
    2.栄養不足や疲労
    3.水分不足
    4.糖尿病・脳梗塞など神経の病気がある人
    5.ケガをしている人
    出典 :低体温症の予防と対策|子どもの低体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
     

    自分で注意できない子供やお年寄りなどは周囲が気をつけてあげましょう!!

  • 1番気をつけなくてはいけないこと!!

  • 睡眠薬をお酒で飲まない
    低体温症のいちばんの原因であるお酒や睡眠薬については、きちんと節度を持つということにつきます。泥酔するほどお酒を飲まない、睡眠薬は決められた量と飲み方を守ることが重要です。なかには睡眠薬をお酒で飲む人がいますが、これは危険なので、すぐにやめてください。
    出典 :低体温症の予防と対策|子どもの低体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
     

    自分ではその危険に気付いてない人もいます。
    周囲に居たら注意を促しましょう!!

  • 食生活の改善も有効です!!