大腸がんで腹痛の症状が出た場合は、すでに進行しているかもしれません!

大腸がんで腹痛の症状・・もしかしたら、そのがんは進行しているかもしれません。大腸がんというのは、自覚症状のないうちに進行していきます。

view181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんは無症状

  • 多くの大腸がんはほとんど無症状のまま進行し、腹痛などの症状が出てから発見されるとすでに転移していて手遅れとなることが少なくありません。
    出典 :大腸がん・ポリープとは|新日本橋石井クリニック
     

    大腸がんの初期には、自覚症状がないことも多いようです。

  •  

    腹痛を伴う場合は、すでに進行がんの可能性も。

  • 大腸がんで腹痛をともなう場合のメカニズム

  • 腸管全周にガンが広がるため腸管の内腔が狭くなり、その結果、腸閉塞の症状をきたし腹痛を起こすものと思われます。
    出典 :無痛内視鏡で早期ガンを治療
  • がんによる腸閉塞

     

    便が出なくなり、お腹が苦しくなります。

  • 少しでも早期発見が大事!

  • こんな症状には注意!

     

    ・残便感がある
    ・便が細くなった
    ・腹部に痛みや不快感がある
    ・下痢と便秘が交互におこる
    ・便に血液や粘液が混ざる

  • 血縁者に大腸がんの患者がいる場合は要注意

  • 大腸がん、ポリープは非常に遺伝傾向が強い癌として知られています。大腸がんの約半分が遺伝性とも言われています。血縁者(3親等以内)に胃や大腸のがん患者がいる方は要注意です。
    出典 :大腸内視鏡検査 症状|横浜 神奈川 松島クリニック・医療法人恵仁会
     

    がんには、遺伝性の強いものと弱いものがありますが、大腸がんは特に遺伝性の強いがんなのだそうです。

  • 食物繊維を摂りましょう

  • 便秘を解消する食物繊維は水溶性のものも含めて大腸がん予防には貢献してくれるようです。
    出典 :大腸がんの予防
  • 大腸の内視鏡検査を受けましょう

  • 出血や激しい腹痛などの症状が出てからでは手遅れです。大腸癌検診(便潜血反応)は、大きな早期癌と進行癌を発見するのみ。大腸内視鏡検査が、唯一の微小大腸癌の診断法です。一度内視鏡検査を行うと、異常なしなら2~3年は検査の必要はありません。
    出典 :大腸がん・ポリープとは|新日本橋石井クリニック
     

    大腸がんの早期発見は、ほぼ100%完治するようです!