妊娠に良い【漢方薬】知っておくと良いかも

妊娠に良い漢方薬があるってしっていましたか?
そんな漢方の事をご紹介します

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 漢方の効果では

  • しかし最近は1年たってもなかなか子宝に恵まれない場合、早期から治療をはじめるケースが多いようです。 漢方では、不妊の原因も外からのストレスや体質、飲食の不摂生などさまざま。要因と向き合い、体質を改善することで、妊娠しやすいカラダにしていきます。
    出典 :妊娠しやすいカラダを作る、漢方不妊治療 [漢方・漢方薬] All About
  • 妊娠しやすい方のおなかは、つきたてのお餅のようにふっくらしています。一方、冷えや瘀血で妊娠しにくくなった方のおなかは、硬かったり、突っぱっていたり、冷えていたり…。まずは、このおなかを軟らかく変えていくことが大切です」
    出典 :妊娠しやすいおなかに!漢方的アプローチ | 美的.com
  • 漢方薬自体が妊娠させやすいのではない

  • 漢方は、バランスの崩れた体質を整えることによって、本来、誰もがもっている妊娠する力をとりもどしてくれます。ですから「当帰芍薬散」や「桂枝茯苓丸」自体が、妊娠させる効果があるわけではないのです。
    出典 :妊娠しやすい漢方薬を教えて下さい - 漢方&鍼灸ブログ 不妊・妊娠・出産・育児『ジネコ』
  • ちなみに一般的に調べると不妊症によい漢方薬としては、「当帰芍薬散」や 「桂枝茯苓丸」「温経湯」などが代表的ですが、これらの漢方薬だけでなく不妊症でよく使われる漢方薬は20種類ほどあります。

  • 色々な原因に合わせて使う

  • 腎の機能が弱い

     

    もともと先天的に虚弱体質で、女性的な体つきに発達しなかったり、思春期に無理なダイエットをしたことで生理がストップしたり、不妊症になるケース。

    カラダは生命活動を維持するために、直接は必要のない生殖機能の働きをストップさせます。そのため生理がこなくなったり、不妊症になるのですね。

  • 解決方法としては、生命エネルギーのもとでもあり、ホルモンバランスを調えたり、生殖機能の働きを担う腎の働きを高め、体重を元に戻すことが大事です。過労や寝不足にも注意しましょう。 漢方としては、腎に力をつける八味丸(はちみがん)や六味丸(ろくみがん)が代表的です。
    出典 :妊娠しやすいカラダを作る、漢方不妊治療 [漢方・漢方薬] All About
  • イライラしたり落ち込みやすい、便秘と下痢をくりかえす、ストレスによって色々な症状が悪化しやすい、経血に血のかたまりがでる、生理がはじまっても高温期が持続する……このような症状には加味逍遙散(かみしょうようさん)や抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)が有名です。
    出典 :妊娠しやすいカラダを作る、漢方不妊治療 [漢方・漢方薬] All About
  • 例えば冷えに対してだと

  • 生殖機能の低下を漢方では「腎虚(じんきょ)」という。冷えは腎虚の大きな原因に。当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)や温経湯(うんけいとう)などの漢方薬で、冷えと腎虚を治していく。
    出典 :妊娠しやすいおなかに!漢方的アプローチ | 美的.com
  • 妊娠力があるお腹とないお腹

  • 目指せ!妊娠力の高いおなか

     

    「妊娠しやすい人のおなかは、乗せた手がふわーっと入っていくように柔らかい」と寺師先生。漢方による不妊治療でまず目指すのは、こんなつきたてのお餅のような軟らかいおなか。

  • 瘀血、脂肪、冷えで妊娠しにくいおなかに

     

    血液が滞る瘀血や余分な脂肪があると、硬いおなかに。また、冷えがあると、鼠径部(そけいぶ)が突っぱったり、触れても冷たい「寒腹(かんばら)」に。このようなおなかは妊娠しにくいという。