「え!?そんなにスカスカなの?」骨密度が低いと言われたアナタ注意して!

「骨密度が低いですね」
健康診断で言われた人、多いのでは?
「私まだ若いのに、なんでそんなことに!?」

原因は何なのでしょう?
また、骨密度が低いとどうなるのか・・・
気になりますよね。

view1081

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも骨密度とはなんでしょう

     

    骨密度とは骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分がどのくらいしっかり詰まっているかを表すものです。いわば骨の強さを表す指標で、これが低下すると骨がもろくなって骨折しやすくなります。一般的には、20代でピークを迎えた後は、徐々に低下していく傾向にあり、とくに女性の場合は更年期に入って女性ホルモン(丈夫な骨の維持を助ける役割を持つ)の分泌が急激に減少することで、骨密度も急激に低くなり骨粗鬆症(骨粗しょう症)になりやすいのです。

    引用)http://three-b.net/kenkou/shop/s-1.html

  • 女性は骨密度が低下しやすいのです。

  • 骨密度低下 → 「骨粗しょう症」

  • 骨粗しょう症は、骨強度が低下し、骨折しやすくなる骨の病気です。骨粗しょう症になると、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなってしまいます。その結果、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。骨粗しょう症は、がんや脳卒中、心筋梗塞のようにそれ自体が生命をおびやかす病気ではありませんが、骨粗しょう症による骨折から、要介護状態になる人は少なくありません。その状態になると、QOL(生活の質)は著しく低下してしまいます。生涯を健康で充実した状態で過ごすためには、血圧やコレステロール値を気にするように骨強度にも気をかけ、定期的に検診を受けたいものです。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/どんな病気
     

    スカスカな骨・・・何だか歩くのも怖くなる感じがしますよね。

  • 若い女性が「骨粗しょう症」に!?

  • 骨密度が低下する若い女性の食生活

     

    広田教授による若い女性対象の調査を分析すると、骨密度が低下している若い女性たちは、運動不足や睡眠不足、ストレスを感じているなどの生活習慣の問題、スナック菓子やお菓子、ファストフード、インスタント食品が好き、野菜や海草嫌い、欠食、ほっそりしているなどの傾向がまとめられました。若い女性に多く見られる過度のダイエットや偏食による栄養不足、また不規則な生活やストレスで女性ホルモンのバランスが崩れることが原因と指摘されています。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/322004/

  •  

    骨粗鬆症(骨粗しょう症)は、閉経後の女性がかかることの多い病気ですので、高齢化がすすめば、必然的に患者が増えるのは、当然ですが、最近では、若い女性にも急増しているのです。ダイエットと運動不足が原因で骨がスカスカになったケース、妊娠や授乳で骨がボロボロになったケース、スポーツ選手で、ハードな減量とトレーニングから月経も止まり、骨折しやすくなったケースなど、若い女性の骨粗鬆症(骨粗しょう症)は、めずらしいことではなくなってしましました。

    引用)http://three-b.net/kenkou/shop/s-1.html

  • ■無理なダイエットや偏食

    過剰な食事制限によってカルシウムの摂取量が減ることや、月経不順によるエストロゲンの分泌量低下などが原因。食事から摂取するカルシウム量が不足すると、血液中のカルシウム量を一定に保つために、不足分を骨から取り出すことになるので、そうした状態が続くと骨のカルシウム量(=骨量)は確実に減少していきます。そして若いうちに骨量が減ってしまうと、更年期に入って骨粗鬆症(骨粗しょう症)にかかる危険性が非常に高くなります。また、インスタント食品や加工食品、清涼飲料水などに多く含まれる「リン」には、カルシウムの吸収を阻害する作用があるので注意が必要です。
    出典 :骨密度の低下・骨粗鬆症
     

    若い時に無理なダイエットをすると、後々大変なことに・・・。

  • 骨密度と肌の意外な関係

  • ■カルシウムの役割

    カルシウムは、その99%が骨や歯の中に存在していますが、残りの1%が血液や筋肉、細胞膜に存在して大切な働きをしています。お肌の一番外側にある表皮は、角質層・顆粒層・有棘(ゆうきょく)層・基底層の4つの層に分かれています。基底層で作られた新しい細胞が、徐々に上に押し上げられ角質層にたどり着き、古い細胞と入れ替わります。これが、ターンオーバーです。カルシウムは、顆粒層に多く存在し、顆粒細胞が分化・成熟して角質細胞を作る際に欠かせない成分です。つまり、カルシウムが不足すると細胞が充分に変化できず、潤いのある角質層が作られないということです。
    出典 :骨密度の低下は肌にも影響が!? カルシウムとお肌の意外な関係| Life & Beauty Report(LBR)
     

    カルシウムが潤いのある角質層の生成に関係してるとは・・・ちょっと意外でした!

  •  



     「骨密度」を上げるにはどうしたら?

  • 食事

    骨の材料となるカルシウム、骨代謝を盛んにするビタミンD、骨の形成を促すビタミンKを十分に摂り、また食事全体の栄養バランスやカロリー量にも配慮しましょう。高齢になると、食の好みが変わったり、小食になったりしてタンパク質の摂取量は不足する傾向がありますが、タンパク質も骨の材料となり骨を丈夫にしますので意識して摂取しましょう。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/予防
     

    カルシウムはもとより、骨を作るための栄養素を意識した、偏りの無い食生活を!

  • 運動

    運動不足は骨密度を低下させる原因になります。骨密度低下を防止し増加させる運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどです。体重をかける運動が骨密度増加のために有効です。骨密度低下を防止する運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどです。特別なことをしなくても、エレベータやエスカレーターを使わずに階段の上り下りをする、適度に太陽光を浴びながら散歩を楽しむといったことでも十分に効果があります。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/予防
     

    運動が苦手な人でも、散歩から始めてみましょう♪

  • 痩せてスタイルが良かったって、骨がスカスカじゃ意味がありません。
    後で後悔しないように、早目の対策を!