「月曜病」「ブルーマンデー」とは一体なに!?克服法は!?

月曜日になると体がだるい・・・学校、仕事が嫌で仕方ない・・・
そんな症状はありませんか?
もしかしたらそれはブルーマンデーかもしれません!

view1148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ブルーマンデー(月曜病)」?


  • 「五月病」に似たものに、「ブルーマンデー(月曜病)」があります。
    週明けの月曜日に体調が悪くなる、前日の日曜日の夜は寝付けなくなる、
    会社や学校に行きたくなくなるなど、月曜日特有の心身の不調を
    指して「ブルーマンデー(月曜病)」と呼ばれています。


    出典 :健康コラム ブルーマンデー(月曜病)
  • 月曜日は、休日のレジャーの疲れを持ち越したり、
    管理社会に戻らなければならないことが負担になるなど、
    精神的な状態が最も悪い曜日とされています。また、
    「だるい」「胃や腸の具合が悪い」「風邪気味だ」など、
    体の不調が最も訴えられるのも月曜日です。

    こうしたストレスによる月曜日の心身の不調は
    「月曜病」(ブルーマンデー症候群)と呼ばれています。
    あなたが月曜病にかかっているかどうか、まずチェックしてみましょう。
    出典 :月曜病(ブルーマンデー症候群)と出社拒否症 チェックリスト - ニュース - nikkei BPnet
  • 次のうち3つ以上に当てはまるようならば、
    あなたは月曜病にかかっている可能性があります。



    1)人がいいといわれる。

    2)他人と争うのは好きじゃない。

    3)週末はゴロゴロしているだけだ。

    4)日曜日の夕食はおいしく食べられない。

    5)日曜日の夜はイライラが高じて寝つけない。
    出典 :月曜病(ブルーマンデー症候群)と出社拒否症 チェックリスト - ニュース - nikkei BPnet
     

    いかがでしたか?何個当てはまりましたか?

  • 「また1週間が始まった。会社に行きたくないな」
    「もう少し寝ていたい。月曜日なんて来なければいいのに」

    月曜の朝は、いつもこんな気持ちになっていませんか?
    ただでさえ朝は調子があがらないのに、「月曜の朝」と
    いうだけで憂鬱度100倍!という人は多いものです。

    働く人は、ブルーマンデーを一度は経験するもの。
    しかし、それが強くなったら、早めに対策を講じなければなりません。
    我慢していると、目覚めが悪くなり、動悸や頭痛、吐き気などの
    不調が現れることもあります。
    すると、ある日ぱったり会社に行けなくなってしまうかもしれません。
    出典 :「ブルーマンデー」を乗り切るポイント4! [ストレス] All About
     

    重症化すると動悸や頭痛まで起こってしまうのですね・・・

  • みなさんは、1週間のなかでどの日にいちばん自殺が多いと思いますか?

    厚生労働省の統計によると、1週間のうち月曜日の自殺者がもっとも
    多いことがわかっています(平成18年)おり、土・日祝日は少ないのです。

    この結果から、みなさんは何を感じますか?
    月曜の朝になると嫌々会社に向かい、日々休日を心の支えにして
    がんばっている「働くニッポン人」の姿が目に浮かんできますよね。
    実際、仕事ではブルーマンデーに拍車をかかることばかり……。
    出典 :「ブルーマンデー」を乗り切るポイント4! [ストレス] All About
     

    自殺者が多いのも月曜日なのですね・・・

  • 月曜病の症状は、(1)日曜の夜になると仕事のことが気になり、
    イライラが高じて寝付けない、(2)特に月曜の朝の寝起きが悪い、
    (3)下痢や腹痛で会社への出勤途上、電車を途中下車することが
    ある――といったものです。

    休日から月曜日に移るときに気持ちの切り替えがうまくいかないと
    月曜病になりますが、この状態が高じると、出社前に頭痛や
    動悸(どうき)などが起こり、「会社に行きたくても行けない」という
    「出社拒否症」に襲われることになります。出社拒否症はうつ病や
    心身症の一つですので、専門医の受診が必要になります。

    出典 :月曜病(ブルーマンデー症候群)と出社拒否症 チェックリスト - ニュース - nikkei BPnet
     

    受診が必要な状態になってしまうのですね・・・

  •  

    実はすごくつらい症状なのですね・・・

    なんとか克服したいものです・・・

  • 「ブルーマンデー(月曜病)」の克服法

  • 休日はゆとりを持ったスケジュールで

    予定をつめ込みすぎると、休息時間がなくなり、疲れるのは当然です。
    またスケジュールを消化できなかった場合には、大きなストレスにも
    なりかねません。 土日のどちらかは自由な時間をつくり、
    気ままにゆっくり過ごす時間も必要です。
    出典 :健康コラム ブルーマンデー(月曜病)

  • 月曜日の朝は少し早めに起きる努力を

    やる気は出そうと思って出せるものではなく、行動によって誘発されます。
    時間ギリギリまで寝ていると、頭もボーとして「眠い」「だるい」と
    思いがち。朝は余裕を持って行動し、頭をすっきりさせた状態で
    出社すれば、状況がいい方に転じるかもしれません。
    また、休みの日の「寝だめ」や「夜更かし」は、睡眠リズムを狂わせ、
    月曜日の朝を辛くさせるだけですので、ご注意を。


    出典 :健康コラム ブルーマンデー(月曜病)
  • 週末でも睡眠のリズムは守る
    のんべんだらりと寝て暮らすだけの週末を送っていませんか?
    休日を「寝だめ」に費やすと、睡眠リズムが狂って、
    月曜の朝がつらくなるだけです。休日も、基本的な睡眠時間は同じにし、
    たとえ1時間でも午前中から外出するようにしましょう。
    出典 :2/2 「ブルーマンデー」を乗り切るポイント4! [ストレス] All About
  • 「まず、今日1日だけ」から

    「また長い1週間が始まるなぁ」などと思ってしまうと
    憂鬱感が倍増してしまいます。あまり先のことは考え過ぎずに、
    「とりあえず、まずは今日1日を頑張ろう」と考えるようにしましょう。
    出典 :健康コラム ブルーマンデー(月曜病)
     

    長いなぁと考えるのがダメなのですね!

  • 週の半ばに「一息」を入れる

    なるべく早めに仕事を切り上げ、本屋やCD屋へ立ち寄る、
    ゆっくりお風呂に浸かる、お茶を楽しむなど、気分転換を図り、
    気力体力を温存することも忘れずに。心身がスランプ状態に
    なる原因の一つは、疲労です。疲れているのに無理を続ければ、
    仕事の能率が落ち、疲れを溜め込み、さらに仕事の能率は落ちる・・・。
    悪循環に陥ってしまいます。心身のバッテリーがあがって
    しまわないうちに、適宜休養を入れることが大切です。
    出典 :健康コラム ブルーマンデー(月曜病)
  • 週半ばに「おたのしみ」を入れる

    自分のための楽しみの時間を、金曜の夜と休日に限定していませんか?
    これでは、「ウィークデイは仕事だけ」という印象が強くなり、
    生活にメリハリが生まれません。週の半ば頃に習い事やサークル活動の
    時間を設け、1週間を充実させましょう。

    出典 :2/2 「ブルーマンデー」を乗り切るポイント4! [ストレス] All About
  • 休日に気の合う人と会う

    休日に誰とも会わず、一人で過ごしていることが多くありませんか?
    自分のストレス状態は、他人に指摘されて初めて気がつくことが
    多いもの。気の合う人と会話するのは、自分のストレスに気づき、
    調整するためにも必要です。
    出典 :2/2 「ブルーマンデー」を乗り切るポイント4! [ストレス] All About
  • 勤勉過ぎる習慣や職場を改善しましょう

    月曜日は1週間の始まり!とシャキっとしなくてはいけない
    という雰囲気が会社では漂いがちです。月曜の朝一番で会議や
    朝礼を行う会社もあるようです。ただ、こういった風習が
    ブルーマンデー症候群を生み出してしまう要因でもあります。
    ここは肩の力を抜いて、月曜日は会社に出るだけでいいんだと
    気楽に構えましょう。また、会社にも状況を変えるように
    働きかけることが必要になってくるでしょう。
    出典 :ブルーマンデー症候群-うつ病の症状と対策
  •  

    それでも克服されない場合は、早めに

    医師に相談し、適切な治療を行って

    下さい!