血液のガン:悪性リンパ腫と白血病の特徴について知ってますか?

血液のガン:悪性リンパ腫と白血病はどちらも血液の病気であるので似ているようですが、違う病気です。それぞれの特徴について知っておきましょう。

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 血液のガンってどんなもの?

  • 血液は全身を流れ、さまざまな機能を持っています。血液のがん(悪性腫瘍)には白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などがあります。平均寿命が延びたことで世界的に血液がんの頻度が年々高まっており、欧米では悪性リンパ腫ががん死亡原因のトップ5に入っています。
    出典 :健康通信倶楽部 -
  • リンパ節の腫れ、骨の痛みのような場合を除き、症状が出づらいのが血液がんの特徴です。しかし、血液細胞は血を止める(止血)、感染を防ぐなど生命の維持に直結する重要な役割を担うため、できるだけ早く診断し、治療を始めた方が良いのは他のがんと変わりありません。
    出典 :群馬県 - 血液のがん
  • 悪性リンパ腫と白血病の違い

  • 血液のガン:悪性リンパ腫と白血病、それぞれの症状や特徴を知っておきましょう。

  • 悪性リンパ腫の症状としては、リンパの腫れがもっとも顕著です。特に鼠蹊部(足の付け根)に多くみられますが、風邪などでもリンパは腫れることがあるため、なかなか気づきにくい問題があります。
    出典 :白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫の違い | がん(癌)のき・ほ・ん
  • 悪性リンパ腫はリンパ性白血病と同様リンパ球に由来する悪性腫瘍です。白血病と異なるのは、血液やリンパ液にのって容易に全身に進展、特にリンパ節を中心に浸潤、リンパ節を増大させることです。
    出典 :悪性リンパ腫(血液内科)
  • 悪性リンパ腫の割合

     

    悪性リンパ腫の種類は多いです。中でも日本で多いのは、びまん性大細胞型リンパ腫です。

  • 悪性リンパ腫は種類が多く、約50種類以上もあるそうです。

  • 白血病は、急性と慢性によっても変わりますが、感染症や出血、臓器の肥大や頭痛などが代表的です。
    出典 :白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫の違い | がん(癌)のき・ほ・ん
  • 未成熟な白血球が増えるので、ウィルスなど外敵の攻撃からの抵抗力が弱くなり、高熱を出しやすくなります。
    白血病になると赤血球の生産が減ったり、赤血球に異常が生じるために貧血を起こしやすくなり、血小板の生産も減るので、出血してもなかなか止まらなくなり、内出血が起こりやすくなります。
    出典 :血液がん(白血病・悪性リンパ腫)の症状・説明
  • 白血病

     

    白血病にも種類があります。日本では、急性骨髄性白血病の割合の方が多いです。

  • リンパ性白血病は、リンパ球にがんが発生します。小児の白血病の場合は、急性リンパ性白血病が圧倒的に多いです。

  • リンパ球が、がん化し悪性腫瘍となる
    部分は同じなのですが、がん化した細胞が
    増殖する場所が、リンパ性白血病の場合
    悪性リンパ腫とは違って骨髄や血液なのです。
    出典 :悪性リンパ腫と白血病の違い
  • 血液のガンが疑われる場合は、血液内科を受診しましょう。