肥満外来って、聞いたことあるような無いような、そんな方へ!

肥満外来ってご存知でしょうか?ダイエットを何かしなきゃ・・・と考える人が多いと思います。スポーツジムに入会、食生活改善等のダイエット法は世の中にたくさん登場していますが、もっと確実で楽な痩せ方ってないの?という方に、病院等での診療・処方についてまとめてみました。

view329

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満外来って?

  • 肥満、メタボリック、そんな言葉を気にし出す頃には、アナタももしかするとそんな仲間になってしまうかもしれません・・・これらは生活習慣病の原因になります。「病気」の要因として、しっかり予防しなくてはいけません。でも食生活や日常生活の習慣を自分で変えていくというのは、案外難しいものです。そこで医師に相談してみるという方法も可能なのです。肥満外来とは、専門医等による肥満治療を行う外来受付のある病院に行って治療してもらう事を言います。

  • そもそも肥満は何故起こるの?

  • 「正常な状態に比べて体重が多い状態」という見方が概ね一般的ですが、実はそうではなく、体脂肪が過剰に多い事を示します。
    例えば相撲取りやプロレスラー等のスポーツ選手の中には、肥満気味に受け取りがちなルックスの人がいますけど、彼らの場合あの体の殆どが鍛え上げた筋肉、よってむしろ体脂肪率が低いのです。

  • 逆に見た目は細くて、どう見ても肥満には思えないような人の中に、実際は内臓脂肪を過剰に蓄えてしまっている場合があります。そのようなケースも肥満と見なされるのです。ただし概ね標準体重より20% 以上体重が超過した辺りからを肥満と呼ぶようです。

  • 肥満診断、BMI

  • 成人は体重による肥満診断として、BMI が頻繁に用いられています。

    ■18.5 未満なら低体重
    ■18.5 以上 25.0 未満なら普通体重
    ■25.0 以上 30.0 未満なら肥満 1 度
    ■30.0 以上 35.0 未満なら肥満 2 度
    ■35.0 以上 40.0 未満なら肥満 3 度
    ■40.0 以上なら肥満 4 度

  • こんな悩みがある人は、肥満外来に行ってみましょう。

  • ■はじめてのダイエット外来

    痩せたい気持ちはあっても「ダイエット外来や肥満外来に行くのはちょっと…」と敬遠してきた人もいるはず。でも、本当に健康的でリバウンドの心配がないダイエットを成功させるには、医師のサポートがあると確実です。
    出典 :はじめてのダイエット外来
  • サンデー・ドクター #180 間違ったダイエットは危険!健康的な肥満・メタボ改善法 - YouTube

     

    例えば、ウォーキングを毎日1時間してます!という方をよくお見受けしますが・・・

  • そんな1時間のカロリー消費というのは、たった茶碗1杯分でしかないというのが、残念ながら現実なのです。経験上、確実に数値上や見た目の変化を期待するとしたら、ウォーキングだけに依存するのであれば、一日平均7~8時間近い所要時間が必要なのです。しかしそれは現代人の忙しい日常では、ちょっと非現実的です。

  • 肥満外来って、具体的に何をするのでしょうか?

  • 肥満外来に行くと基礎代謝や内臓脂肪、全身脂肪の測定などを行い、肥満の原因を調べるための精密検査があります。

  • 脂肪吸引 共立美容外科・歯科 第1回 ダイエットについて - YouTube

  • 肥満外来で行われる内容は、主に以下のようなものがあります。

    ■薬の処方
    食欲抑制剤「サノレックス」、脂肪分吸収抑制剤「ゼニカル」等の、ダイエットピルの処方です。

    ■食事の仕方、指導
    栄養バランスやカロリーに関しての指導、薬を服用しながら如何にストレスなくダイエットが進行できるかをレクチャー。

    ■検査
    肥満遺伝子検査等を行い、体のどの部分に脂肪がつきやすいか等の原因を知りで、効率的なダイエットプランを立てます。血液検査でコレステロール値や血糖値なども分かります。

    ■ダイエット点滴・注射
    L‐カルニチン、αリポ酸といった脂肪燃焼に有効な成分を補います。

    ■マシンによる施術
    エステサロンで使われるものを更に上回った医療用マシンがあります。

    ■カウンセリング
    処方やその後の改善方法等、指導してくれます。ここは千差万別です。

  • また最近では、施術的な方法で脂肪をなくす技術や治療が進歩しています。

  • 部分痩せというものですが、これは明らかに個人差が生じるようです。人によってはやって良かったという後日談もありますが、大して効果がなかったという方がいるのも事実。何よりも信頼出来る専門医を如何に見つけられるか?が重要ですから、最初からここに期待はしないほうがよいのかもしれませんね。

  • ダイエットは一朝一夕ではなく、ある程度の期間を要するのは言うまでもありません。特にはじめた頃は物珍しさや達成感もあって順調に体重が減りやすいのですが、落ちにくくなる停滞期に入ってしまう事も予想されます。ですのでそんな時こそ、メンタル面の強さと支えてくれるフォロー体制が問われます。

  • 重要なのは・・・自分は何のためにダイエットしなければならないのか?を再度考えなおし、途中で辞めずに続ける意志と目的意識、これこそが最良の処方箋なのです。”そんな事は今更分かってる”と言われそうですが、でもそれしか言いようがありません。

  • 肥満外来、番外編

  • 肥満の原因は動物性脂肪の不足です。4/21放送その2 - YouTube

     

    この方の話し、「本当かな?」と疑ってしまいがちです。しかしそうでもない気がします。

  • 肥満で悩まれる方の顕著なケース、それは「案外と、好き嫌いが激しい」という方が圧倒的に多いようです。大食漢なイメージがあるようですが、それは自分が好みな食べ物ばかり過食する癖を持つ方が、あまりにも多い気がします。勿論例外もあり得ますが、いわゆるメタボに陥るというのは、偏った栄養が原因です。生活習慣含め「あれは好き、これが嫌い」と知らず知らずにバランスを失ってるようです。「甘いものは太る」と言って、辛いものばかり食べるから太るのです。「肉は良くないらしい、じゃー野菜をたくさん摂ろう!」と言っても、モノには限度があり、むしろたんぱく質が不足してバランスを崩します。

    最も効率よいダイエット、それは・・・

    ■一つでも多く、苦手な食べ物を減らす
    ■限度を知る
    ■摂ったら出す

    この3つこそ、今考える時じゃないでしょうか?