知っていますか?二重商品の危険性!

お化粧の際に使う、アイプチや二重にする商品の危険性をまとめました。

view3277

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    一重や奥二重がコンプレックスでアイプチやメザイクのような商品を使う人も多いと思います。が、そういった商品には気をつけた方が良いことがあります。

  • まぶたを傷つけてしまう



  • 残念ながらアイプチの欠点は数多くあります。
    まぶたの皮膚はデリケートにできており、その為にアイプチによる弊害を生じさせてしまします。
    まず、どのアイプチもそうですが汗に強いという特徴を持っています。それは同時に落としにくいことであり、メイクを落す時にまぶたを擦ってしまいまぶたを傷つけてしまいます。
    出典 :アイプチ道 そもそもアイプチって?メリット・デメリット
  • まぶた荒れてるけど化粧せんわけにゃいかん(;_;)つけまの接着剤とかアイテープとかアイプチとか荒れる原因となりそうなものいろいろつけてるからなー。゚(゚^ω^゚)゚。でも今週日曜しか休みないからまぶた休ませる期間なすび(:˒ꇤ[▓▓]
  • まぶたの皮膚が荒れる→皮膚が硬くなる→一重になる→アイプチする→荒れる→皮膚が硬くなる→一重になる→アイプチする→荒れる っていう悪循環
  • 瞼がメザイクに耐えられなくなってきてる。すぐ荒れる。そろそろ限界かなあああああ。
  • 「クセ」をつけ「二重に強制的にする」ので肌への負担、とくに「まぶた」への負担はかなり大きいといえます。
    アイプチ利用者なら分かるでしょうが、結構な確率で炎症を起こしたり、まぶたがカサついてしまう人がいます。

    ノリで癖をつけるので、どうしても負担が出てしまうわけですね。
    出典 :アイプチの評判や注意点 : 二重まぶた
  •  

    また、アレルギー症状を起こしてしまうことも。

  • 眼腱下垂になる

  • アイプチを継続的に使用し続けることで皮膚がのびてしまい、眼瞼下垂になってしまうそうです。

  •  

    この女性は軽度の眼瞼下垂とアイプチによる皮膚のかぶれがありますが、ちゃんとした施術をすれば治るそうです。眼瞼下垂になると自力では治せません。

  • 一番の悲劇はまぶたがたるんで眼瞼下垂の施術により眼瞼下垂の症状が改善されたとしても、見た目に左右比対称の目になってしまうことがあることです。



  • 二重まぶた化粧品で可能性のある後遺症には...

    ●まぶたの腫れ・かぶれ
    最もありがちな症状。腫れがひどくなると、厚ぼったく見苦しくなる。

    ●まぶたの乾燥、荒れ
    皮膚が乾燥し、ぼろぼろになってしまう。

    ●色素の沈着
    薬液を塗った部分や、炎症が治まった部分が黒ずんでしまう。

    手軽に二重を経験できる二重まぶた化粧品ですが、
    デリケートなまぶただからこそ、注意して使用しましょう!
    出典 :アイプチのメリット・デメリット : 二重まぶた
  • 最後に

  • このまとめは、アイプチやメザイクなどの商品を使うことの弊害を伝えて整形を進めているわけではありません。
    無理はせず無理な自分に合った二重をつくりましょう。