妊娠すると痔になりやすい。。治す方法とは?

妊娠すると今までぜんぜん大丈夫だったお尻に異常が!?
どうして痔になってしまうのか。
また治す方法はどんなものがあるのでしょう?

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠と痔

  • 妊娠中は胎児の成長と共に子宮が大きくなるため、直腸周囲の血管を圧迫し、血液の循環が悪くなります。特に妊娠後期になると、赤ちゃんの頭も身体も発達し重くなるため、肛門はうっ血しやすくなり、その結果、痔になりやすいと言われています。
    出典 :妊娠中の痔のケア [妊娠の基礎知識] All About
     

    血液の循環が悪くなるのが原因なのですね

  • 便秘になると腸が詰まった状態が続きます。その間にとった水分が便に吸収され、便が更に硬くなってしまいます。硬くなり、動きにくくなった便を無理やり押し出そうといきんでしまうと、肛門に圧力がかかってしまい痔になってしまいます。
    出典 :妊娠中の痔について-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠中は便秘にもなりやすい。。。
    痔になる可能性が高くなってしまうのは当然です

  • 妊娠中になりやすい痔の種類

  • 妊娠中の痔は大きく分けて2種類に分類されます。
    一番多いのが通称いぼ痔と言われる「痔核」です。
    痔核には肛門側の外に突出する外痔核、直腸の内側に出来る
    内痔核があります。妊娠中に多いのは外痔核が多く、指で硬いしこり
    として触れ、痛みを伴う事も多いです。
    出典 :第98回 妊娠中~産後にかけてのおしり(痔)ケア | マガジン | 生活の木
     

    痛みもあるのでツライですね

  •  

    内痔核と外痔核があります

  • 次に多いのは切れ痔と言われる「裂肛」です。太くて硬くなった便の
    排泄や下痢によって無理に通過した為に、肛門の出口付近が切れて
    起こる事が多く、出血と鋭い痛みで気がつきます。
    出典 :第98回 妊娠中~産後にかけてのおしり(痔)ケア | マガジン | 生活の木
     

    便秘が続くと便が硬くなり切れ痔になってしまいます

  •  


    血が出るのも困ります。。

  • 痔にならないためのポイント

  • 痔にならないために注意すること
    ◾トイレに長居しない。3分程度にとどめる。
    ◾排便時は無理にいきまない。
    ◾トイレに行きたくなったら我慢しない。
    ◾便秘や下痢にならないように気をつける。
    ◾体を冷やさないように、ひざ掛けなどを使うように気をつける。
    ◾同じ姿勢、座りっぱなしにならないようにする。
    ◾長時間同じ体勢のときは肛門をキュッキュッとしめるような運動をする。
    ◾ストレスをためない。
    ◾体に疲れをためない。
    ◾お風呂につかる。シャワーのみで済まさない。
    出典 :痔の予防法
     

    肛門を日々しめるような動作は効果的です。
    ぜひやりましょう

  •  

    肛門をしめる!!

  • 痔を治す方法

  • 便秘は痔の原因にもなり、硬い便になってしまうと肛門を通過するときに無理な力が加わり、痔を悪化させます。

    決まった時間にトイレに行き、朝ヨーグルトやバナナ、プルーンや、具沢山の野菜スープ、根菜類の煮物などで食物繊維を積極的にとりましょう。飲用するミネラルウォーターなども出来れば硬水のほうがお通じが出やすいようです。
    出典 :2/3 妊娠中の痔のケア [妊娠の基礎知識] All About
     

    食物繊維をいつも以上に積極的にとりましょう

  •  


    便秘は妊娠中は特に気をつけたいですね

  • 下半身を温めて血行をよくしましょう
    痔は肛門周りの血流が悪い事も原因の一つです。特に夏場はシャワーだけで過ごしやすいですが、冷房などで身体が冷え切っていますので、半身浴やお風呂に入り、身体の芯から血流をよくしましょう。
    出典 :2/3 妊娠中の痔のケア [妊娠の基礎知識] All About
     

    血行をよくすることは身体にとってとてもいいことです。
    痔の悪化も防ぐためにも身体を温めましょう

  •  

    ゆっくり温めて

  •  


    妊娠中に痔のケアをしておくことが大切です