肩こり予防する筋トレ

人間の頭の重さについて。対策グッズ。筋トレ方法。注意点など。

  • S 更新日:2014/03/17

view321

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人間の頭は重いという事

  • 人間の頭は、体全体の重さの約1割です。
    こう聞くと、非常に重く感じられますよね。
    実際、その通りで重いのです。

  • 肩こり

     

    頭を支えるために、肩には負担がかかっています。

  • お手軽な首の筋トレとしては、後頭部を自分の両手で押しながら、首を反らそうとしたり、逆に額を押した状態で頷こうとしたり。また両の手のひらを合わせた状態で手のひら同士を強く押し付けあうと肩と腕の筋肉を鍛えられます。筋トレには軽い運動として血行を促進し、肩こりをやわらげる効果もあります。
    出典 :肩こりを予防する筋トレ - 筋肉疲労と肩こりのふか~い関係
     

    是非、日々の日課にしてみましょう!

  • おすすめグッズ

  • 電動マッサージ器

     

    手軽に使うことができるハンドマッサージ機械。
    椅子タイプのと違って、場所をとらない大きいメリットがあります。

  • 初任給で買うものに本気で電動マッサージ器を挙げていたけど、もう肩こりひどいし、消費税も上がるし、明日にでも買いに行こうかな…(喫緊)
     

    購入検討中の方は、そろそろ買い時かもしれませんね。

  • 30秒タオルトレーニング

  • 慢性肩こりによく効くとされているタオルストレッチ。
    安全なトレーニング方法です。

  •  

    タオルでやれば、負担が少なくて、自分で負荷を調整できる嬉しい方法です。

  • 1. 棒状に折り畳んだタオルを頭部へ引っ掛けるようにセットします。
    2. 頭部を軽く後方へ倒す意識を持ち、タオルはその反対に前方へ引くように軽く力を入れ、引っ張り合います。
    3. 軽く引っ張り合いながら頭部を下へ向けていきます。
    出典 :慢性肩こりに! 30秒タオルトレーニング [肩こり] All About
     

    前半

  • 4. 軽く引っ張りあったまま、5秒保持します。
    5. 再び、引っ張り合いながら頭部を持ち上げていきます。
    6. ゆっくり最初の位置に戻し、手でタオルを引く力は抜いて終了です。
    出典 :慢性肩こりに! 30秒タオルトレーニング [肩こり] All About
     

    後半

  • ※万が一、首に不快感・痛みが出た場合、すぐに中止して下さい。

  • いきなり筋トレはしない

  • 一般的には「いきなりの筋トレ」は禁物です。
    年齢が若い場合、筋肉自体は持ちこたえられますが、他の部分が故障する可能性があります。

  • 肩こりで鍛えるのは肩では有りません。肩の後ろ側の筋肉です。 効率的に筋肉をつける。まず有酸素運動だけをして、循環をよくして、さらに体内環境を運動向きに変えることが重要です。まず、散歩程度からはじめ、早足からジョグ程度までを1年かけて徐々にやってください。三角筋なら絶対に筋トレはいけません。
    出典 :肩こりと筋トレ - ヘルスケア(健康管理) - 教えて!goo